[Anthy-dev 895] Re: skk.scm preedit

Back to archive index

TOKUNAGA Hiroyuki tkng****@xem*****
2004年 7月 6日 (火) 04:32:38 JST


On Mon, 5 Jul 2004 19:50:11 +0900
Etsushi Kato <ekato****@ees*****> wrote:

> 谷津さんの MacUIM の Wiki で報告されていた問題なのですが、skk.scm では
> skk-commit-raw で skk-context-set-commit-raw! を #f にしてしまって
> いるので、必要ない場合にでも preedit が update されてしまいます。
> 
> 添付したパッチは、skk-commit-raw では skk-context-set-commit-raw!
> を #f に変更して、update したい場合の commit-raw のために
> skk-commit-raw-with-preedit-update という関数(?)を追加し、さらに
> その他必要な場合にのみ preedit を update するように変更するものです。
> 最後の @@ -1047.9, + 1076.9 @@ の部分は関係ないですが、気分的な
> 修正です。uim-0.3.9 の skk.scm に対して diff してあります。
> 
> いちおう手元では、このパッチを当てると、uim で skk を使っている場合に
> 生じる以下の二つの問題が解決できます。
> 
> o MacUIM を使っている場合、Finder (Mac の GUI シェル) においてファイル
> 名を変更するために文字列をクリックすると、文字入力をしていない場合にも
> 文字列が消えてしまう問題
> 
> o gtk2 の im-uim.so immodule の uim-skk を使っている場合、 Gnumeric
> (スプレッドシート) において選択しているセルをカーソルやリターンキーを
> 使って移動しただけでも、セルの内容物が消えてしまう問題
> 
> 
> ここ二ヶ月くらいこの変更を使っていて、とりあえず問題は感じていませんが
> 、冗長であったり変な部分がありましたら修正してコミットして頂ければと思
> います。

 ありがとうございます。コードをパッと見た感じでは問題は無さそうですし、
実際手元でちょっと動かした範囲では問題ありませんでしたので、コミットして
おきました。

 興味のある方はsvn HEADを試してみてください…と書こうと思ったのですが、
今はHEADはコンパイルが通らなくなっちゃってますね。まぁ、ものすごい勢いで
いろいろ修正されてるので、今日の夕方ぐらいまでには動くようになってると思
います。


-- 
徳永拓之
http://kodou.net/



Anthy-dev メーリングリストの案内
Back to archive index