• R/O
  • SSH
  • HTTPS

junnethack: Commit


Commit MetaInfo

Revisión408 (tree)
Tiempo2011-03-21 22:30:55
Autorso-miya

Log Message

UnNetHack SVN版rev.771を適用した。
Patch: sortloot (by Jukka Lahtinen)
パッチ:sortloot (Jukka Lahtinenより)

Cambiar Resumen

Diferencia

--- junnethack/trunk/configure (revision 407)
+++ junnethack/trunk/configure (revision 408)
@@ -732,6 +732,7 @@
732732 enable_paranoid
733733 enable_show_born
734734 enable_show_extinct
735+enable_sortloot
735736 enable_dungeon_growth
736737 enable_goldobj
737738 enable_autopickup_exceptions
@@ -1421,6 +1422,8 @@
14211422 game (default=yes)
14221423 --enable-show-extinct Display extinct monsters at the end of game
14231424 (default=yes)
1425+ --enable-sortloot Sort item lists alphabetically by description.
1426+ (default=yes)
14241427 --enable-dungeon-growth Dungeon growth (default=yes)
14251428 --enable-goldobj Gold is kept on object chains (experimental)
14261429 (default=no)
@@ -6527,6 +6530,25 @@
65276530
65286531 fi
65296532
6533+{ $as_echo "$as_me:${as_lineno-$LINENO}: checking whether to enable sortloot" >&5
6534+$as_echo_n "checking whether to enable sortloot... " >&6; }
6535+ # Check whether --enable-sortloot was given.
6536+if test "${enable_sortloot+set}" = set; then :
6537+ enableval=$enable_sortloot;
6538+else
6539+ enable_sortloot="yes"
6540+fi
6541+
6542+ { $as_echo "$as_me:${as_lineno-$LINENO}: result: $enable_sortloot" >&5
6543+$as_echo "$enable_sortloot" >&6; }
6544+ if test "$enable_sortloot" != "no" ; then
6545+
6546+cat >>confdefs.h <<_ACEOF
6547+#define SORTLOOT /**/
6548+_ACEOF
6549+
6550+ fi
6551+
65306552 { $as_echo "$as_me:${as_lineno-$LINENO}: checking whether to enable dungeon-growth" >&5
65316553 $as_echo_n "checking whether to enable dungeon-growth... " >&6; }
65326554 # Check whether --enable-dungeon-growth was given.
--- junnethack/trunk/include/extern.h (revision 407)
+++ junnethack/trunk/include/extern.h (revision 408)
@@ -1464,6 +1464,9 @@
14641464 E boolean FDECL(not_fully_identified, (struct obj *));
14651465 E char *FDECL(corpse_xname, (struct obj *,BOOLEAN_P));
14661466 E char *FDECL(cxname, (struct obj *));
1467+#ifdef SORTLOOT
1468+E char *FDECL(cxname2, (struct obj *));
1469+#endif
14671470 E char *FDECL(killer_xname, (struct obj *));
14681471 E const char *FDECL(singular, (struct obj *,char *(*)(OBJ_P)));
14691472 E char *FDECL(an, (const char *));
--- junnethack/trunk/include/flag.h (revision 407)
+++ junnethack/trunk/include/flag.h (revision 408)
@@ -266,6 +266,9 @@
266266 boolean lan_mail; /* mail is initialized */
267267 boolean lan_mail_fetched; /* mail is awaiting display */
268268 #endif
269+#ifdef SORTLOOT
270+ char sortloot; /* sort items to loot alphabetically */
271+#endif
269272 #ifdef SHOW_BORN
270273 boolean show_born; /* show numbers of created monsters */
271274 #endif
--- junnethack/trunk/src/invent.c (revision 407)
+++ junnethack/trunk/src/invent.c (revision 408)
@@ -2112,6 +2112,10 @@
21122112 boolean want_disp;
21132113 {
21142114 struct obj *otmp;
2115+#ifdef SORTLOOT
2116+ struct obj **oarray;
2117+ int i, j;
2118+#endif
21152119 char ilet, ret = '\0';
21162120 char *invlet = flags.inv_order;
21172121 int n, classcount;
@@ -2205,11 +2209,60 @@
22052209 return ret;
22062210 }
22072211
2212+#ifdef SORTLOOT
2213+ /* count the number of items */
2214+ for (n = 0, otmp = invent; otmp; otmp = otmp->nobj)
2215+ if(!lets || !*lets || index(lets, otmp->invlet)) n++;
2216+
2217+ /* Make a temporary array to store the objects sorted */
2218+ oarray = (struct obj **)alloc(n*sizeof(struct obj*));
2219+
2220+ /* Add objects to the array */
2221+ i = 0;
2222+ for(otmp = invent; otmp; otmp = otmp->nobj)
2223+ if(!lets || !*lets || index(lets, otmp->invlet)) {
2224+ if (iflags.sortloot == 'f') {
2225+ /* Insert object at correct index */
2226+ for (j = i; j; j--) {
2227+ if (strcmpi(cxname2(otmp), cxname2(oarray[j-1]))>0) break;
2228+ oarray[j] = oarray[j-1];
2229+ }
2230+ oarray[j] = otmp;
2231+ i++;
2232+ } else {
2233+ /* Just add it to the array */
2234+ oarray[i++] = otmp;
2235+ }
2236+ }
2237+#endif /* SORTLOOT */
2238+
22082239 if (want_disp)
22092240 start_menu(win);
22102241 nextclass:
22112242 classcount = 0;
22122243 any.a_void = 0; /* set all bits to zero */
2244+#ifdef SORTLOOT
2245+ for(i = 0; i < n; i++) {
2246+ otmp = oarray[i];
2247+ ilet = otmp->invlet;
2248+ if (!flags.sortpack || otmp->oclass == *invlet) {
2249+ if (flags.sortpack && !classcount) {
2250+ any.a_void = 0; /* zero */
2251+ if (want_disp)
2252+ add_menu(win, NO_GLYPH, &any, 0, 0, iflags.menu_headings,
2253+ let_to_name(*invlet, FALSE), MENU_UNSELECTED);
2254+ dump(" ", let_to_name(*invlet, FALSE));
2255+ classcount++;
2256+ }
2257+ any.a_char = ilet;
2258+ if (want_disp)
2259+ add_menu(win, obj_to_glyph(otmp),
2260+ &any, ilet, 0, ATR_NONE, doname(otmp),
2261+ MENU_UNSELECTED);
2262+ dump_object(ilet, doname(otmp));
2263+ }
2264+ }
2265+#else /* SORTLOOT */
22132266 for(otmp = invent; otmp; otmp = otmp->nobj) {
22142267 ilet = otmp->invlet;
22152268 if(!lets || !*lets || index(lets, ilet)) {
@@ -2235,6 +2288,7 @@
22352288 }
22362289 }
22372290 }
2291+#endif /* SORTLOOT */
22382292 if (flags.sortpack) {
22392293 if (*++invlet) goto nextclass;
22402294 #ifdef WIZARD
@@ -2244,6 +2298,9 @@
22442298 }
22452299 #endif
22462300 }
2301+#ifdef SORTLOOT
2302+ free(oarray);
2303+#endif
22472304 if (want_disp) {
22482305 end_menu(win, (char *) 0);
22492306
--- junnethack/trunk/src/end.c (revision 407)
+++ junnethack/trunk/src/end.c (revision 408)
@@ -1139,27 +1139,27 @@
11391139 killer is declared a (const char *)
11401140 */
11411141 if (u.uhave.amulet) {
1142-/*JP
1142+/*JP
11431143 Strcat(kilbuf, " (with the Amulet)");
1144-*/
1145- Strcat(kilbuf, "魔除けを手に");
1146- killer_flags |= 0x1;
1147- }
1144+*/
1145+ Strcat(kilbuf, "魔除けを手に");
1146+ killer_flags |= 0x1;
1147+ }
11481148 else if (how == ESCAPED) {
1149- if (Is_astralevel(&u.uz)) { /* offered Amulet to wrong deity */
1149+ if (Is_astralevel(&u.uz)) { /* offered Amulet to wrong deity */
11501150 /*JP
11511151 Strcat(kilbuf, " (in celestial disgrace)");
11521152 */
11531153 Strcat(kilbuf, "天上で恥辱を受け脱出した");
1154- killer_flags |= 0x2;
1155- } else if (carrying(FAKE_AMULET_OF_YENDOR)) {
1154+ killer_flags |= 0x2;
1155+ } else if (carrying(FAKE_AMULET_OF_YENDOR)) {
11561156 /*JP
11571157 Strcat(kilbuf, " (with a fake Amulet)");
11581158 */
11591159 Strcat(kilbuf, "偽物の魔除けを掴まされ脱出した");
1160- killer_flags |= 0x4;
1160+ killer_flags |= 0x4;
11611161 /* don't bother counting to see whether it should be plural */
1162- }
1162+ }
11631163 }
11641164
11651165 #if 0 /*JP*/
@@ -1412,6 +1412,11 @@
14121412 BOOLEAN_P identified, all_containers, want_disp;
14131413 {
14141414 register struct obj *box, *obj;
1415+#ifdef SORTLOOT
1416+ struct obj **oarray;
1417+ int i,j,n;
1418+ char *invlet;
1419+#endif /* SORTLOOT */
14151420 char buf[BUFSZ];
14161421
14171422 for (box = list; box; box = box->nobj) {
@@ -1422,6 +1427,40 @@
14221427 winid tmpwin = WIN_ERR;
14231428 if (want_disp)
14241429 tmpwin = create_nhwindow(NHW_MENU);
1430+#ifdef SORTLOOT
1431+ /* count the number of items */
1432+ for (n = 0, obj = box->cobj; obj; obj = obj->nobj) n++;
1433+ /* Make a temporary array to store the objects sorted */
1434+ oarray = (struct obj **) alloc(n*sizeof(struct obj*));
1435+
1436+ /* Add objects to the array */
1437+ i = 0;
1438+ invlet = flags.inv_order;
1439+ nextclass:
1440+ for (obj = box->cobj; obj; obj = obj->nobj) {
1441+ if (!flags.sortpack || obj->oclass == *invlet) {
1442+ if (iflags.sortloot == 'f'
1443+ || iflags.sortloot == 'l') {
1444+ /* Insert object at correct index */
1445+ for (j = i; j; j--) {
1446+ if (strcmpi(cxname2(obj), cxname2(oarray[j-1]))>0
1447+ || (flags.sortpack &&
1448+ oarray[j-1]->oclass != obj->oclass))
1449+ break;
1450+ oarray[j] = oarray[j-1];
1451+ }
1452+ oarray[j] = obj;
1453+ i++;
1454+ } else {
1455+ /* Just add it to the array */
1456+ oarray[i++] = obj;
1457+ }
1458+ }
1459+ } /* for loop */
1460+ if (flags.sortpack) {
1461+ if (*++invlet) goto nextclass;
1462+ }
1463+#endif /* SORTLOOT */
14251464 /*JP
14261465 Sprintf(buf, "Contents of %s:", the(xname(box)));
14271466 */
@@ -1432,7 +1471,12 @@
14321471 }
14331472 dump_subtitle(buf);
14341473 dump_list_start();
1474+#ifdef SORTLOOT
1475+ for (i = 0; i < n; i++) {
1476+ obj = oarray[i];
1477+#else
14351478 for (obj = box->cobj; obj; obj = obj->nobj) {
1479+#endif
14361480 if (identified) {
14371481 makeknown(obj->otyp);
14381482 obj->known = obj->bknown =
--- junnethack/trunk/src/objnam.c (revision 407)
+++ junnethack/trunk/src/objnam.c (revision 408)
@@ -28,11 +28,16 @@
2828 #endif
2929 static char *NDECL(nextobuf);
3030 static void FDECL(add_erosion_words, (struct obj *, char *));
31+#ifdef SORTLOOT
32+char * FDECL(xname2, (struct obj *, boolean));
33+#endif
34+#if 1 /*JP*/
3135 static char *FDECL(substitute, (char *, char *, char *));
3236 static char *FDECL(transpose, (char *buf,char *));
3337 static char *FDECL(delete, (char *, char *str));
3438 static int FDECL(digit_8, (int));
3539 static int FDECL(atoi_8, (const char *));
40+#endif /*JP*/
3641
3742 struct Jitem {
3843 int item;
@@ -353,7 +358,16 @@
353358 char *
354359 xname(obj)
355360 register struct obj *obj;
361+#ifdef SORTLOOT
356362 {
363+ return xname2(obj, FALSE);
364+}
365+char *
366+xname2(obj, ignore_oquan)
367+register struct obj *obj;
368+boolean ignore_oquan;
369+#endif
370+{
357371 register char *buf;
358372 register int typ = obj->otyp;
359373 register struct objclass *ocl = &objects[typ];
@@ -911,6 +925,9 @@
911925 Sprintf(buf,"glorkum %d %d %d", obj->oclass, typ, obj->spe);
912926 }
913927 #if 0 /*JP*/
928+#ifdef SORTLOOT
929+ if (!ignore_oquan)
930+#endif
914931 if (obj->quan != 1L) Strcpy(buf, makeplural(buf));
915932 #endif
916933
@@ -1523,6 +1540,16 @@
15231540 return corpse_xname(obj, FALSE);
15241541 return xname(obj);
15251542 }
1543+#ifdef SORTLOOT
1544+char *
1545+cxname2(obj)
1546+struct obj *obj;
1547+{
1548+ if (obj->otyp == CORPSE)
1549+ return corpse_xname(obj, TRUE);
1550+ return xname2(obj, TRUE);
1551+}
1552+#endif /* SORTLOOT */
15261553
15271554 /* treat an object as fully ID'd when it might be used as reason for death */
15281555 char *
--- junnethack/trunk/src/pickup.c (revision 407)
+++ junnethack/trunk/src/pickup.c (revision 408)
@@ -763,9 +763,15 @@
763763 int how; /* type of query */
764764 boolean FDECL((*allow), (OBJ_P));/* allow function */
765765 {
766+#ifdef SORTLOOT
767+ int i, j;
768+#endif
766769 int n;
767770 winid win;
768771 struct obj *curr, *last;
772+#ifdef SORTLOOT
773+ struct obj **oarray;
774+#endif
769775 char *pack;
770776 anything any;
771777 boolean printed_type_name;
@@ -790,6 +796,33 @@
790796 return 1;
791797 }
792798
799+#ifdef SORTLOOT
800+ /* Make a temporary array to store the objects sorted */
801+ oarray = (struct obj **)alloc(n*sizeof(struct obj*));
802+
803+ /* Add objects to the array */
804+ i = 0;
805+ for (curr = olist; curr; curr = FOLLOW(curr, qflags)) {
806+ if ((*allow)(curr)) {
807+ if (iflags.sortloot == 'f' ||
808+ (iflags.sortloot == 'l' && !(qflags & USE_INVLET)))
809+ {
810+ /* Insert object at correct index */
811+ for (j = i; j; j--)
812+ {
813+ if (strcmpi(cxname2(curr), cxname2(oarray[j-1]))>0) break;
814+ oarray[j] = oarray[j-1];
815+ }
816+ oarray[j] = curr;
817+ i++;
818+ } else {
819+ /* Just add it to the array */
820+ oarray[i++] = curr;
821+ }
822+ }
823+ }
824+#endif /* SORTLOOT */
825+
793826 win = create_nhwindow(NHW_MENU);
794827 start_menu(win);
795828 any.a_obj = (struct obj *) 0;
@@ -803,7 +836,12 @@
803836 pack = flags.inv_order;
804837 do {
805838 printed_type_name = FALSE;
839+#ifdef SORTLOOT
840+ for (i = 0; i < n; i++) {
841+ curr = oarray[i];
842+#else /* SORTLOOT */
806843 for (curr = olist; curr; curr = FOLLOW(curr, qflags)) {
844+#endif /* SORTLOOT */
807845 if ((qflags & FEEL_COCKATRICE) && curr->otyp == CORPSE &&
808846 will_feel_cockatrice(curr, FALSE)) {
809847 destroy_nhwindow(win); /* stop the menu and revert */
@@ -831,6 +869,9 @@
831869 pack++;
832870 } while (qflags & INVORDER_SORT && *pack);
833871
872+#ifdef SORTLOOT
873+ free(oarray);
874+#endif
834875 end_menu(win, qstr);
835876 n = select_menu(win, how, pick_list);
836877 destroy_nhwindow(win);
--- junnethack/trunk/src/options.c (revision 407)
+++ junnethack/trunk/src/options.c (revision 408)
@@ -582,6 +582,9 @@
582582 { "scroll_amount", "amount to scroll map when scroll_margin is reached",
583583 20, DISP_IN_GAME }, /*WC*/
584584 { "scroll_margin", "scroll map when this far from the edge", 20, DISP_IN_GAME }, /*WC*/
585+#ifdef SORTLOOT
586+ { "sortloot", "sort object selection lists by description", 4, SET_IN_GAME },
587+#endif
585588 #ifdef MSDOS
586589 { "soundcard", "type of sound card to use", 20, SET_IN_FILE },
587590 #endif
@@ -594,6 +597,9 @@
594597 { "scroll_amount", "scroll_marginに届いたときのマップスクロール量",
595598 20, DISP_IN_GAME }, /*WC*/
596599 { "scroll_margin", "マップ端からのマップスクロール開始距離", 20, DISP_IN_GAME }, /*WC*/
600+#ifdef SORTLOOT
601+ { "sortloot", "アイテム選択一覧の順序を指定", 4, SET_IN_GAME },
602+#endif
597603 #ifdef MSDOS
598604 { "soundcard", "使用しているサウンドカードの種類", 20, SET_IN_FILE },
599605 #endif
@@ -880,6 +886,10 @@
880886 flags.pickup_types[0] = '\0';
881887 flags.pickup_burden = SLT_ENCUMBER;
882888
889+#ifdef SORTLOOT
890+ iflags.sortloot = 'n';
891+#endif
892+
883893 for (i = 0; i < NUM_DISCLOSURE_OPTIONS; i++)
884894 flags.end_disclose[i] = DISCLOSE_PROMPT_DEFAULT_NO;
885895 switch_graphics(ASCII_GRAPHICS); /* set default characters */
@@ -2844,7 +2854,25 @@
28442854 #endif
28452855 return;
28462856 }
2847-
2857+
2858+#ifdef SORTLOOT
2859+ fullname = "sortloot";
2860+ if (match_optname(opts, fullname, 4, TRUE)) {
2861+ op = string_for_env_opt(fullname, opts, FALSE);
2862+ if (op) {
2863+ switch (tolower(*op)) {
2864+ case 'n':
2865+ case 'l':
2866+ case 'f': iflags.sortloot = tolower(*op);
2867+ break;
2868+ default: badoption(opts);
2869+ return;
2870+ }
2871+ }
2872+ return;
2873+ }
2874+#endif /* SORTLOOT */
2875+
28482876 fullname = "suppress_alert";
28492877 if (match_optname(opts, fullname, 4, TRUE)) {
28502878 op = string_for_opt(opts, negated);
@@ -3361,6 +3389,12 @@
33613389 #endif
33623390 };
33633391
3392+#ifdef SORTLOOT
3393+static NEARDATA const char *sortltype[] = {
3394+ "none", "loot", "full"
3395+};
3396+#endif
3397+
33643398 /*
33653399 * Convert the given string of object classes to a string of default object
33663400 * symbols.
@@ -3667,7 +3701,7 @@
36673701 boolean retval = FALSE;
36683702
36693703 /* Special handling of menustyle, pickup_burden, pickup_types,
3670- * disclose, runmode, msg_window, menu_headings, and number_pad options.
3704+ * disclose, runmode, msg_window, menu_headings, number_pad and sortloot
36713705 #ifdef AUTOPICKUP_EXCEPTIONS
36723706 * Also takes care of interactive autopickup_exception_handling changes.
36733707 #endif
@@ -3943,6 +3977,29 @@
39433977 }
39443978 destroy_nhwindow(tmpwin);
39453979 retval = TRUE;
3980+#ifdef SORTLOOT
3981+ } else if (!strcmp("sortloot", optname)) {
3982+ const char *sortl_name;
3983+ menu_item *sortl_pick = (menu_item *)0;
3984+ tmpwin = create_nhwindow(NHW_MENU);
3985+ start_menu(tmpwin);
3986+ for (i = 0; i < SIZE(sortltype); i++) {
3987+ sortl_name = sortltype[i];
3988+ any.a_char = *sortl_name;
3989+ add_menu(tmpwin, NO_GLYPH, &any, *sortl_name, 0,
3990+ ATR_NONE, sortl_name, MENU_UNSELECTED);
3991+ }
3992+/*JP
3993+ end_menu(tmpwin, "Select loot sorting type:");
3994+*/
3995+ end_menu(tmpwin, "アイテムのソート順を選択してください:");
3996+ if (select_menu(tmpwin, PICK_ONE, &sortl_pick) > 0) {
3997+ iflags.sortloot = sortl_pick->item.a_char;
3998+ free((genericptr_t)sortl_pick);
3999+ }
4000+ destroy_nhwindow(tmpwin);
4001+ retval = TRUE;
4002+#endif
39464003 }
39474004 #endif
39484005 else if (!strcmp("align_message", optname) ||
@@ -4509,6 +4566,17 @@
45094566 if (iflags.wc_scroll_margin) Sprintf(buf, "%d",iflags.wc_scroll_margin);
45104567 else Strcpy(buf, defopt);
45114568 }
4569+#ifdef SORTLOOT
4570+ else if (!strcmp(optname, "sortloot")) {
4571+ char *sortname = (char *)NULL;
4572+ for (i=0; i < SIZE(sortltype) && sortname==(char *)NULL; i++) {
4573+ if (iflags.sortloot == sortltype[i][0])
4574+ sortname = (char *)sortltype[i];
4575+ }
4576+ if (sortname != (char *)NULL)
4577+ Sprintf(buf, "%s", sortname);
4578+ }
4579+#endif
45124580 else if (!strcmp(optname, "player_selection"))
45134581 #if 0 /*JP*/
45144582 Sprintf(buf, "%s", iflags.wc_player_selection ? "prompts" : "dialog");
--- junnethack/trunk/ChangeLog (revision 407)
+++ junnethack/trunk/ChangeLog (revision 408)
@@ -4,6 +4,9 @@
44 * Fixed crashes when attacking long worms on flipped levels
55 * HTML dump: output IBMgraphics and DECgraphics characters
66
7+ * patches:
8+ - Sortloot (by Jukka Lahtinen)
9+
710 * user interface improvements:
811 - Autoexplore (from AceHack)
912 - New category menu option: "Unidentified items"
--- junnethack/trunk/doc/jGuidebook.txt (revision 407)
+++ junnethack/trunk/doc/jGuidebook.txt (revision 408)
@@ -2156,7 +2156,7 @@
21562156 シ ンボルは以下の順序である:堅い岩、壁(縦)、壁(横)、左上の角、
21572157 右上の角、左下の角、右下の角, 壁の交差、T 字状の壁、逆 T 字状の
21582158 壁、左向きの T字状の壁, 右向きの T 字状の壁、扉のない出入口、開
2159- いた扉(縦)、開いた扉(横), 閉じた扉(縦)、閉じた扉(横)、鉄の 棒、
2159+ いた扉(縦)、開いた扉(横), 閉じた扉(縦)、閉じた扉(横)、鉄格 子、
21602160 木、 部屋の床、暗い通路、明るい通路, 上への階段、下への階段、上
21612161 へのはしご、下へのはしご、祭壇、墓, 玉座、流し台、泉、水たま り
21622162 ま た は 堀、 氷、溶岩、降りている跳ね橋(縦)、降りている跳ね橋(
@@ -2620,20 +2620,20 @@
26202620 silent
26212621 端末のビープ音を鳴らさない(標準設定はオン)。
26222622
2623+ sortloot
2624+ 所持品、#lootコマンドおよびその他の選択一覧の順序 に つ い て、
2625+ sortlootパッチの振る舞いを制御する。それぞれの値の意味:
2626+
2627+ full - 一覧を常にソートする。
2628+ loot - #lootや拾うコマンドのように、所持品の文字を使用せずに
2629+ 一覧をソートする。
2630+ none - 伝統的なソートされていない一覧を表示する。
2631+
26232632 sortpack
2624- 持物の目録を表示するとき種類毎に荷物の内容を並べ替える (標準 設
2633+ 持 物の目録を表示するとき種類毎に荷物の内容を並べ替える (標準設
26252634 定はオン)。
26262635
2627- sound
2628- あなたのキャラクタが聞いたものに関するメッセージを表示する(標準
2629- 設定はオン)。これはコンピュータの音声出力機能とは何の関係もない
2630- こ とに注意すること。このオプションは部分的にだけプレイヤーの制
2631- 御下にある。例えば、眠っている間はこのオプションは自動的にオ フ
2632- にされ、目覚めるとオンになる。
26332636
2634-
2635-
2636-
26372637 NetHack 3.4 December 2, 2003
26382638
26392639
@@ -2644,8 +2644,15 @@
26442644
26452645
26462646
2647+ sound
2648+ あなたのキャラクタが聞いたものに関するメッセージを表示する(標準
2649+ 設定はオン)。これはコンピュータの音声出力機能とは何の関係もない
2650+ ことに注意すること。このオプションは部分的にだけプレイヤーの 制
2651+ 御 下にある。例えば、眠っている間はこのオプションは自動的にオフ
2652+ にされ、目覚めるとオンになる。
2653+
26472654 sparkle
2648- 怪 物(やあなた)が攻撃を受け、それに抵抗した場合に画面効果を表示
2655+ 怪物(やあなた)が攻撃を受け、それに抵抗した場合に画面効果を表 示
26492656 する (標準設定はオン)。
26502657
26512658 standout
@@ -2652,20 +2659,20 @@
26522659 怪物と``--More--''を太字で表示する(標準設定はオン)。
26532660
26542661 suppress_alert
2655- 前のバージョンから変更された機能に対して注意を促すメッセージ を
2656- 表 示 し な い ようにする NetHack のバージョンを設定する。 (例:
2662+ 前 のバージョンから変更された機能に対して注意を促すメッセージを
2663+ 表示しないようにする NetHack のバージョンを設 定 す る。 ( 例:
26572664 ``suppress_alert:3.3.1'') 例のように指定すると 3.3.1 以前に変更
26582665 された機能に対する注意メッセージは表示されない。
26592666
26602667 time
2661- 最 下 行にゲームで経過した時間をターン数で表示する(標準設定はオ
2668+ 最下行にゲームで経過した時間をターン数で表示する(標準設定 は オ
26622669 フ)。
26632670
26642671 timed_delay
2665- 爆発や物体の移動など、効果を表示するためにちょっと時間待ちす る
2666- と き、特殊なキャラクタを画面に送るかわりにタイマーを使用する。
2667- (tty インタフェースにのみ適用される。 X11 インタフェースは常 に
2668- タ イマーを使用する。標準設定はタイマーによる時間待ちが組み込ま
2672+ 爆 発や物体の移動など、効果を表示するためにちょっと時間待ちする
2673+ とき、特殊なキャラクタを画面に送るかわりにタイマーを使用す る。
2674+ (tty インタフェースにのみ適用される。 X11 インタフェースは常に
2675+ タイマーを使用する。標準設定はタイマーによる時間待ちが組み込 ま
26692676 れているならばオン)
26702677
26712678 tombstone
@@ -2675,31 +2682,24 @@
26752682 ゲーム終了時の表示を標準出力のかわりにNetHackのウィンドウに表示
26762683 する (標準設定はオフ)。このオプションを設定するとウィンドウを使
26772684 うバージョンの NetHack では起動した親ウィンドウとは別のウィンド
2678- ウ にスコアリストが表示される。しかし、スコアリストはゲームが終
2685+ ウにスコアリストが表示される。しかし、スコアリストはゲームが 終
26792686 了したあとターミナルやウィンドウには残らない。
26802687
26812688 traps
26822689 罠の種類を表示するのに使用するキャラクタを指定する。(標準設定は
2683- ``^^^^^^^^^^^^^^^^^"^^^^''). traps オプションは標準設定の文字
2690+ ``^^^^^^^^^^^^^^^^^"^^^^''). traps オプションは標準設定の文 字
26842691 の代わりに罠を描くのに使用する 1 から 22 文字の文字列を書く。こ
2685- の 文 字 列 は dungeon オプションと同じ処理をする。この文字列は
2692+ の文字列は dungeon オプションと同じ処理をする。この 文 字 列 は
26862693 dungeon オプションと同様に処理される。
26872694
2688- シンボルの順序は、 arrow trap(矢の罠), dart trap(投げ矢 の 罠),
2689- falling rock trap( 落 石 の罠), squeaky board(きしむ板), bear
2690- trap(熊の罠), land mine(地雷), rolling boulder trap(巨岩の 罠),
2691- sleeping gas trap( 睡 眠 ガスの罠), rust trap(腐食の罠), fire
2692- trap(火の罠), pit(落し穴), spiked pit(トゲだら け の 落 し 穴),
2693- hole( 穴), trap door(落し扉), teleportation trap(瞬間移動の罠),
2694- level teleporter(別の階への瞬間移動の罠), magic portal(魔法の入
2695- 口), web( く もの巣), statue trap(彫像の罠), magic trap(魔法の
2696- 罠), anti-magic field(反魔法空間の罠), polymorph trap( 変 化 の
2697- 罠)。
2695+ シ ン ボルの順序は、 arrow trap(矢の罠), dart trap(投げ矢の罠),
2696+ falling rock trap(落石の罠), squeaky board( き し む 板), bear
2697+ trap( 熊の罠), land mine(地雷), rolling boulder trap(巨岩の罠),
2698+ sleeping gas trap(睡眠ガスの罠), rust trap( 腐 食 の 罠), fire
2699+ trap( 火 の 罠), pit( 落し穴), spiked pit(トゲだらけの落し穴),
2700+ hole(穴), trap door(落し扉), teleportation trap(瞬間移動の 罠),
26982701
2699- `O' コマンドで設定することはできない。
27002702
2701-
2702-
27032703 NetHack 3.4 December 2, 2003
27042704
27052705
@@ -2710,9 +2710,16 @@
27102710
27112711
27122712
2713+ level teleporter(別の階への瞬間移動の罠), magic portal(魔法の入
2714+ 口), web(くもの巣), statue trap(彫像の罠), magic trap( 魔 法 の
2715+ 罠), anti-magic field( 反魔法空間の罠), polymorph trap(変化の
2716+ 罠)。
2717+
2718+ `O' コマンドで設定することはできない。
2719+
27132720 travel
2714- ト ラベルコマンドを有効にする(標準設定はオン)。このオプションを
2715- オフにすることによって、うっかり地図ウィンドウをクリックする こ
2721+ トラベルコマンドを有効にする(標準設定はオン)。このオプション を
2722+ オ フにすることによって、うっかり地図ウィンドウをクリックするこ
27162723 とによって、望まない移動をしようとすることを防ぐことができる。
27172724
27182725 verbose
@@ -2719,7 +2726,7 @@
27192726 ゲーム中のコメントを詳細に表示する(標準設定はオン)。
27202727
27212728 windowtype
2722- ウ インドウシステムを使用するかどうかを「tty」または「X11」で選
2729+ ウインドウシステムを使用するかどうかを「tty」または「X11」で 選
27232730 択する(標準設定はバージョンによる)。 `O' コマンドで設定するこ
27242731 とはできない。
27252732
@@ -2730,12 +2737,12 @@
27302737 9.5. ウインドウシステム版専用カスタマイズオプション
27312738
27322739 以下はあなたが選択したウィンドゥタイプの特性をカスタマイズし
2733- て 変更するために用いる様々なオプションの説明である。長すぎる文字
2734- 列は適当に切り詰められる。全てのウィンドゥタイプに対してこれら 全
2735- て のオプションが有効というわけではない。これらのオプションが設定
2736- されたとき、もしウィンドゥタイプがその設定を受け付けるなら、そ う
2737- さ れ る。 もし受け付けられないなら、単に無視される。現在のウィン
2738- ドゥタイプで対応しているオプションは、オプション一覧表示 (`O') で
2740+ て変更するために用いる様々なオプションの説明である。長すぎる文 字
2741+ 列 は適当に切り詰められる。全てのウィンドゥタイプに対してこれら全
2742+ てのオプションが有効というわけではない。これらのオプションが設 定
2743+ さ れたとき、もしウィンドゥタイプがその設定を受け付けるなら、そう
2744+ される。もし受け付けられないなら、単に無視される。現在 の ウィ ン
2745+ ドゥ タイプで対応しているオプションは、オプション一覧表示 (`O')で
27392746 表示される。一部のオプションは`O'コマンドで動的に変更できる。
27402747
27412748 align_message
@@ -2751,31 +2758,30 @@
27512758 怪物、物体、洞窟の構成要素をカラーで表示する
27522759
27532760 eight_bit_tty
2754- 8 ビットキャラクタ(例えば traps オプションで指定したもの)をその
2761+ 8ビットキャラクタ(例えば traps オプションで指定したもの)をそ の
27552762 ままターミナルに表示する(標準設定はオフ)。
27562763
27572764 font_map
27582765 マップウィンドウを表示するフォント名
27592766
2760- font_menu
2761- メニューを表示するフォント名
27622767
2763- font_message
2764- メッセージを表示するフォント名
27652768
2769+ NetHack 3.4 December 2, 2003
27662770
27672771
27682772
2769- NetHack 3.4 December 2, 2003
27702773
27712774
2775+ NetHack Guidebook 43
27722776
27732777
27742778
2775- NetHack Guidebook 43
2779+ font_menu
2780+ メニューを表示するフォント名
27762781
2782+ font_message
2783+ メッセージを表示するフォント名
27772784
2778-
27792785 font_status
27802786 ステータスを表示するフォント名
27812787
@@ -2801,9 +2807,9 @@
28012807 ウィンドウでなく画面全体で表示しようと試みる
28022808
28032809 hilite_pet
2804- ペットを目立つように表示する(標準設定はオフ)。このオプション の
2805- 振 る舞いは使っているウィンドウシステムに依存する。テキストウィ
2806- ンドウの場合、高輝度か反転が主に用いられる。タイルの場合、一 般
2810+ ペッ トを目立つように表示する(標準設定はオフ)。このオプションの
2811+ 振る舞いは使っているウィンドウシステムに依存する。テキスト ウィ
2812+ ン ドウの場合、高輝度か反転が主に用いられる。タイルの場合、一般
28072813 的にはペットの近くにハートマークが表示される。
28082814
28092815 large_font
@@ -2822,16 +2828,10 @@
28222828 入力時にポップアップダイアログボックスを用いる
28232829
28242830 preload_tiles
2825- タ イ ル を メ モリに予め読み込んでおく。例えば、プロテクトモー
2826- ドMSDOS版の場合、ゲーム開始時にタイルを RAM に予め読み込むか ど
2827- う かを制御する。予め読み込むとタイルグラフィックの性能は向上す
2828- るが、より多くのメモリを消費する (標準設定はオン)。 `O' コマ ン
2829- ドで設定することはできない。
2831+ タイルをメモリに予め読み込んでおく。例えば、プ ロ テ ク ト モー
2832+ ドMSDOS 版の場合、ゲーム開始時にタイルを RAM に予め読み込むかど
28302833
2831- scroll_amount
2832- scroll_margin オプションで指定された位置に来たときに、どれだけ
28332834
2834-
28352835 NetHack 3.4 December 2, 2003
28362836
28372837
@@ -2842,10 +2842,16 @@
28422842
28432843
28442844
2845+ うかを制御する。予め読み込むとタイルグラフィックの性能は向上 す
2846+ る が、より多くのメモリを消費する (標準設定はオン)。 `O' コマン
2847+ ドで設定することはできない。
2848+
2849+ scroll_amount
2850+ scroll_margin オプションで指定された位置に来たときに、どれだ け
28452851 の数スクロールさせるかを指定する。
28462852
28472853 scroll_margin
2848- ウィンドウの端からここで指定されたマス数にあなたまたはカーソ ル
2854+ ウィ ンドウの端からここで指定されたマス数にあなたまたはカーソル
28492855 が移動したときに、画面をスクロールさせる。
28502856
28512857 softkeyboard
@@ -2882,22 +2888,16 @@
28822888 するために用いられるオプションの説明である。
28832889
28842890 altkeyhandler
2885- キー入力を扱う DLL を選択する(Win32 tty NetHack のみ)。 DLL の
2886- 名 前は、.dll の拡張子やパス抜きで指定する。 `O' コマンドで設定
2891+ キー 入力を扱う DLL を選択する(Win32 tty NetHack のみ)。 DLL の
2892+ 名前は、.dll の拡張子やパス抜きで指定する。 `O' コマンドで設 定
28872893 することはできない。
28882894
28892895 altmeta
28902896 (標準設定はオン。 AMIGA NetHack のみ)。
28912897
2892- BIOS
2893- 高速に画面を書き換え、移動にカーソルキーを使えるようにキー ボー
2894- ド を読むために、 IBM-PC 互換の BIOS ROM を使用しているマシンで
2895- BIOS コールを使用する。 (標準設定はオフ。OS/2 , PC, およ び ST
2896- NetHack のみ)
28972898
28982899
28992900
2900-
29012901 NetHack 3.4 December 2, 2003
29022902
29032903
@@ -2908,6 +2908,12 @@
29082908
29092909
29102910
2911+ BIOS
2912+ 高 速に画面を書き換え、移動にカーソルキーを使えるようにキーボー
2913+ ドを読むために、 IBM-PC 互換の BIOS ROM を使用しているマシン で
2914+ BIOS コールを使用する。 (標準設定はオフ。OS/2 , PC, および ST
2915+ NetHack のみ)
2916+
29112917 flush
29122918 (標準設定はオフ。 AMIGA NetHack のみ)。
29132919
@@ -2919,8 +2925,8 @@
29192925
29202926 rawio
29212927 raw(cbreak でない) モードを使用して、より高速な出力と問題の起こ
2922- らない入力を実現する (MS-DOS ではプリンタがないにも 関 わ ら ず
2923- `^P' をプリンタ出力のトグルとみなしてしまうことがある) (標準設
2928+ ら な い 入 力を実現する (MS-DOS ではプリンタがないにも関わらず
2929+ `^P' をプリンタ出力のトグルとみなしてしまうことがある) (標準 設
29242930 定はオフ)。注意: DEC Rainbow ではこれがオンのときはハングアップ
29252931 してしまう。 `O' コマンドで設定することはできない。
29262932
@@ -2929,7 +2935,7 @@
29292935 はできない。
29302936
29312937 subkeyvalue
2932- (Win32 tty NetHack のみ)。国際キーボードの問題を補正するのを 助
2938+ (Win32 tty NetHack のみ)。国際キーボードの問題を補正するのを助
29332939 けるために、 OS が NetHack に返すキー入力の値を変更するために使
29342940 用する。 OPTIONS=subkeyvalue:171/92 とすると、もともと 171 が返
29352941 されようとしていた場合、 NetHack に 92 を返す。必要なら、複数の
@@ -2937,8 +2943,8 @@
29372943 することはできない。
29382944
29392945 video
2940- 使 用するビデオモードを設定する(PC NetHack のみ)。値は `autode-
2941- tect', `default', `vga' のいずれかである。 `vga' (ま た は VGA
2946+ 使用するビデオモードを設定する(PC NetHack のみ)。値は `autode-
2947+ tect', `default', `vga' のいずれかである。 `vga' (または VGA
29422948 ハードウェアがあるときに`autodetect')に設定すると、表示にタイル
29432949 を用いる。 `O' コマンドで設定することはできない。
29442950
@@ -2945,25 +2951,19 @@
29452951 videocolors
29462952 NO_TERMを使用しているPCシステムのカラーパレットをセットする (標
29472953 準設定は「4-2-6-1-5-3-15-12-10-14-9-13-11」)(PC NetHack のみ)。
2948- シンボルの順番は、赤・緑・茶色・青・マゼンタ・シアン・輝く 白・
2949- 輝 く 赤・ 輝 く 緑・ 黄 色・輝く青・輝くマゼンタ・輝くシアン。
2954+ シ ンボルの順番は、赤・緑・茶色・青・マゼンタ・シアン・輝く白・
2955+ 輝く赤・輝く緑・黄色・輝く青・輝くマゼ ン タ・ 輝 く シ ア ン。
29502956 TTY_GRAPHICSとVIDEOSHADESを有効にした状態でコンパイルした他のシ
2951- ス テ ムではもう3色を定義可能。シンボルの順番は、赤・緑・茶色・
2952- 青・マゼンタ・シアン・灰色・黒・輝く赤・輝く緑・黄色・輝く 青・
2957+ ステムではもう3色を定義可能。シンボルの順番は、赤・緑・ 茶 色・
2958+ 青・ マゼンタ・シアン・灰色・黒・輝く赤・輝く緑・黄色・輝く青・
29532959 輝くマゼンタ・輝くシアンそして白。 `O' コマンドで設定することは
29542960 できない。
29552961
29562962 videoshades
2957- 3 段階の利用可能なグレイスケールを設定する (標準設定 は ``dark
2958- normal light'' PC Nethackのみ)。もしゲーム画面が見にくい場合
2959- は、3つのスケールを調整してみること。もしこれでうまく い か な
2960- かったら、!colorを試してみること。 `O' コマンドで設定することは
2961- できない。
2963+ 3 段階の利用可能なグレイスケールを設定する (標準設定は ``dark
2964+ normal light'' PC Nethackのみ)。もしゲーム画面が見にく い 場 合
29622965
29632966
2964-
2965-
2966-
29672967 NetHack 3.4 December 2, 2003
29682968
29692969
@@ -2974,19 +2974,23 @@
29742974
29752975
29762976
2977+ は、 3 つ のスケールを調整してみること。もしこれでうまくいかな
2978+ かったら、!colorを試してみること。 `O' コマンドで設定することは
2979+ できない。
2980+
29772981 9.7. 自動拾い例外の設定
29782982
2979- 実験的コンパイル時オプションとして AUTOPICKUP_EXCEPTIONS が
2980- あ る。 こ のオプションを定義してコンパイルされたバイナリの場合、
2983+ 実 験的コンパイル時オプションとして AUTOPICKUP_EXCEPTIONS が
2984+ ある。このオプションを定義してコンパイルされたバイナリ の 場 合、
29812985 autopickup オプションの振る舞いを pickup_types オプションを使って
29822986 より洗練させることができる。
29832987
2984- autopickup_exception 行を設定ファイルに書くことで、何かを拾
2988+ autopickup_exception 行を設定ファイルに書くことで、何かを 拾
29852989 おうとするときにチェックするべきパターンを定義できる。
29862990
29872991 autopickup_exception
2988- pickup_types オプションの例外を設定する。 autopickup_exception
2989- オ プ ショ ンはあなたの位置にある物体の説明の単数形に一致するパ
2992+ pickup_types オプションの例外を設定する。 autopickup_exception
2993+ オプションはあなたの位置にある物体の説明の単数形に一致 す る パ
29902994 ターンを指定する。これは 1-80 文字の文字列であるべきである。
29912995
29922996 パターンでは以下の特殊文字が使える。
@@ -3006,15 +3010,15 @@
30063010 以下は autopickup_exceptions の例である。
30073011
30083012
3009- 上記の例の最初のものは、全ての矢を自動的に拾う。二番目の例は、 死
3010- 体 は自動拾いの例外とする。最後の例は、呪われているとわかっている
3011- ものは自動拾いの例外とする。 `決して拾わない'ルールは`常に 拾 う'
3013+ 上 記の例の最初のものは、全ての矢を自動的に拾う。二番目の例は、死
3014+ 体は自動拾いの例外とする。最後の例は、呪われているとわかってい る
3015+ も の は自動拾いの例外とする。 `決して拾わない'ルールは`常に拾う'
30123016 ルールに優先する。
30133017
30143018 9.8. 音声の設定
30153019
3016- メッ セー ジウィンドウに表示されたメッセージがユーザ定義のパ
3017- ターンと一致したときに特定の音声ファイルを鳴らすことがで き る プ
3020+ メッセージウィンドウに表示されたメッセージがユーザ定義 の パ
3021+ ター ン と 一致したときに特定の音声ファイルを鳴らすことができるプ
30183022 ラットフォームもある。現在のところ、Qt, win32tty, win32gui がユー
30193023 ザ音声に対応している。
30203024
@@ -3024,12 +3028,8 @@
30243028 SOUNDDIR
30253029 音声ファイルのあるディレクトリ
30263030
3027- SOUND
3028- 音 声ファイルとユーザが指定するメッセージパターンを関連付ける項
3029- 目。各 SOUND 項目は以下の項目に分解される。
30303031
30313032
3032-
30333033 NetHack 3.4 December 2, 2003
30343034
30353035
@@ -3040,6 +3040,10 @@
30403040
30413041
30423042
3043+ SOUND
3044+ 音声ファイルとユーザが指定するメッセージパターンを関連付ける 項
3045+ 目。各 SOUND 項目は以下の項目に分解される。
3046+
30433047 MESG - メッセージウィンドウ指定 (3.4 ではただ一つだけに対応している)
30443048 pattern - マッチするパターン
30453049 sound file - 鳴らす音声ファイル
@@ -3046,11 +3050,11 @@
30463050 volume - 音声ファイルを鳴らすときの音量
30473051
30483052 パターンの正確な書式はプラットフォームが ``正規表現'' を用い
3049- る か NetHack の内蔵パターンマッチング機能を用いるかによって変わ
3053+ るか NetHack の内蔵パターンマッチング機能を用いるかによって 変 わ
30503054 る。 ``正規表現'' マッチングは NetHack 内蔵パターンマッチングより
3051- 洗 練されているが、サードパーティライブラリが必要なプラットフォー
3052- ムもある。 ``正規表現'' に関する説明はどこか他のところを参照の こ
3053- と。 どちらのパターンマッチングが用いられているかは #version コマ
3055+ 洗練されているが、サードパーティライブラリが必要なプラット フォー
3056+ ム もある。 ``正規表現'' に関する説明はどこか他のところを参照のこ
3057+ と。どちらのパターンマッチングが用いられているかは #version コ マ
30543058 ンドで確認できる。
30553059
30563060 NetHack の内蔵パターンマッチングルーチンは以下の特殊文字を用
@@ -3063,39 +3067,35 @@
30633067
30643068 SOUND=MESG "*chime of a cash register*" "gong.wav" 50
30653069
3066- こ こ で は "chime of a cash register" を含むメッセージに反応して
3067- "gong.wav" を鳴らす。設定ファイルには複数の SOUND 設定を書くこ と
3070+ ここでは "chime of a cash register" を含むメッセージに反 応 し て
3071+ "gong.wav" を鳴らす。設定ファイルには複数の SOUND 設定を書くこと
30683072 ができる。
30693073
30703074 9.9. 視覚障害者がNetHackをプレイするための設定
30713075
3072- NetHack は洞窟の地図を作るのに標準の ASCII キャラクタだけを
3073- 使うように設定することもできる。これにより、 MS-DOS 版の NetHack
3074- は 音声合成または点字技術を用いれば目の不自由な人でも完全にプレイ
3075- 可能である。プレイヤーはこれらの画面読み取りシステムに関する十 分
3076- な 知識が必要で、上下左右に一文字ずつ移動する方法を知らなければな
3077- らないだろう。画面読み取りシステムの検索能力を知ることもかなり 価
3078- 値 がある。プレイする前にこのガイドブックを十分に読めば、画面のレ
3079- イアウトがどんな感じかがわかるだろう。また、 PC カーソルの位置 を
3080- 突 き止めることができる必要がある。これは自分のキャラクタの位置を
3081- 示している。 `@'は他のヒューマノイドを表わすのにも用いら れ る の
3082- で、 自 分の位置を探すのに`@'を検索するだけでは不十分である。さら
3083- に、あなたが見ている位置と PC カーソルの位置の物理的な行と桁を 知
3084- ら せる機能が必要だろう。この機能はスクリーン全体にどのようなアイ
3076+ NetHack は洞窟の地図を作るのに標準の ASCII キャラクタだけ を
3077+ 使 うように設定することもできる。これにより、 MS-DOS 版の NetHack
3078+ は音声合成または点字技術を用いれば目の不自由な人でも完全にプレ イ
3079+ 可 能である。プレイヤーはこれらの画面読み取りシステムに関する十分
3080+ な知識が必要で、上下左右に一文字ずつ移動する方法を知らなければ な
3081+ ら ないだろう。画面読み取りシステムの検索能力を知ることもかなり価
3082+ 値がある。プレイする前にこのガイドブックを十分に読めば、画面の レ
3083+ イ アウトがどんな感じかがわかるだろう。また、 PC カーソルの位置を
3084+ 突き止めることができる必要がある。これは自分のキャラクタの位置 を
3085+ 示 し て いる。 `@'は他のヒューマノイドを表わすのにも用いられるの
3086+ で、自分の位置を探すのに`@'を検索するだけでは不十分である。 さ ら
3087+ に、 あなたが見ている位置と PC カーソルの位置の物理的な行と桁を知
3088+ らせる機能が必要だろう。この機能はスクリーン全体にどのようなア イ
30853089 テムがあるかを判別するのに便利である。
30863090
30873091 慣れたユーザなら defaults.nhを修正することは難しくないだろう
30883092 が、初心者は少しひるんでしまう仕事かもしれない。 NetHack の全ての
30893093 公式配布には NHAccess.nhというファイルが含まれている。 default.nh
3090- ファ イルをこのファイルと入れ替えることにより、目の不自由な人がプ
3091- レイできるような設定になる。ファイルを修正することやゲームその も
3092- の に慣れたなら、より好みに合うように設定を変更したいと思うことだ
3093- ろう。そのための説明は NHAccess.nh そのものに含まれている。ゲーム
3094- のアクセシビリティに最も影響を与える設定は以下のものである:
3094+ ファイルをこのファイルと入れ替えることにより、目の不自由な人が プ
3095+ レ イできるような設定になる。ファイルを修正することやゲームそのも
3096+ のに慣れたなら、より好みに合うように設定を変更したいと思うこと だ
30953097
30963098
3097-
3098-
30993099 NetHack 3.4 December 2, 2003
31003100
31013101
@@ -3106,6 +3106,9 @@
31063106
31073107
31083108
3109+ ろう。そのための説明は NHAccess.nh そのものに含まれている。ゲーム
3110+ のアクセシビリティに最も影響を与える設定は以下のものである:
3111+
31093112 IBMgraphics
31103113 このオプションをコメントアウトすることによって IBM グラフィック
31113114 を無効にする。
@@ -3114,35 +3117,35 @@
31143117 これは音声合成システムを利用する助けになる。
31153118
31163119 number_pad
3117- 多くの発声プログラムは number-pad を画面の確認に用いる。この 場
3120+ 多 くの発声プログラムは number-pad を画面の確認に用いる。この場
31183121 合、 number_pad オプションをオフにして、伝統的な Rogue 風コマン
31193122 ドを使うこと。
31203123
31213124 Character graphics
3122- defaults.nh ファイルの下の方にある全てのキャラクタグラフィッ ク
3125+ defaults.nh ファイルの下の方にある全てのキャラクタグラフィック
31233126 設定をコメントアウトする。これらのほとんどは NetHack の標準であ
31243127 る、標準 ASCII キャラクタを用いた洞窟の表現を拡張キャラクタセッ
3125- ト のより凝ったキャラクタで置き換える。これらのキャラクタは画面
3128+ トのより凝ったキャラクタで置き換える。これらのキャラクタは画 面
31263129 読み取りシステムを煩わせるだろう。
31273130
31283131 10. 得点
31293132
31303133 NetHack は設定によって、あなたの機械における高得点の一覧また
3131- は 高得点者の一覧を作成する。後者の設定になっている場合、ゲームを
3132- 最後まで終えた場合を除きそのマシンの 1 つのアカウントにつき 1 つ
3133- だ けしかこの一覧には載らない。あなたがこの一覧に載っている他の誰
3134- かより高い得点を取ったとき、もしくはあなたの前の得点より高い得 点
3135- を 取っ た ときにのみ、その一覧のしかるべき位置にあなたの名前が載
3134+ は高得点者の一覧を作成する。後者の設定になっている場合、ゲーム を
3135+ 最 後まで終えた場合を除きそのマシンの 1 つのアカウントにつき 1 つ
3136+ だけしかこの一覧には載らない。あなたがこの一覧に載っている他の 誰
3137+ か より高い得点を取ったとき、もしくはあなたの前の得点より高い得点
3138+ を取ったときにのみ、その一覧のしかるべき位置にあなたの名 前 が 載
31363139 る。得点が何個まで載るかもコンパイル時に設定できる。
31373140
31383141 得点は主に経験値、戦利品、到達した階とゲームの終わり方に基づ
3139- い ている。ゲームを放棄した場合には持っている金を全額手にして脱出
3140- できる。しかし恐怖の迷宮の中で殺された場合には、亡骸が発見され る
3141- と 持っている金の 90% だけがギルドに伝えられる(冒険者は亡骸を発見
3142+ いている。ゲームを放棄した場合には持っている金を全額手にして脱 出
3143+ で きる。しかし恐怖の迷宮の中で殺された場合には、亡骸が発見される
3144+ と持っている金の 90% だけがギルドに伝えられる(冒険者は亡骸を発 見
31423145 した場合には手数料を取ることが知られている)。従って怪物にさらに一
3143- 撃 を加えて運あらば生き残らんとするか、放棄してその時点で持ってい
3144- る物で終了するかはあなたが決めることである。放棄した場合はすべ て
3145- の 金を手にすることができる。しかし戦って生き残ればさらに多くを得
3146+ 撃を加えて運あらば生き残らんとするか、放棄してその時点で持って い
3147+ る 物で終了するかはあなたが決めることである。放棄した場合はすべて
3148+ の金を手にすることができる。しかし戦って生き残ればさらに多くを 得
31463149 ることができるかも知れない。
31473150
31483151 単に現時点での高得点者・高得点の一覧を見たい場合にはほとんど
@@ -3152,16 +3155,13 @@
31523155 11. 探検モード
31533156
31543157 NetHack は複雑で難しいゲームである。初心者は生き残るすべを知
3155- らないことに気づき、恐怖におじけづいてしまうかもしれない。しか し
3156- 恐 れることはない。冒険する洞窟に「探検」もしくは「発見」モードが
3157- ある場合には、高得点の一覧に載らないというとるに足らないデメ リッ
3158- ト と引き替えに前のセーブファイルを残しておけたり不死身となれたり
3158+ ら ないことに気づき、恐怖におじけづいてしまうかもしれない。しかし
3159+ 恐れることはない。冒険する洞窟に「探検」もしくは「発見」モード が
3160+ あ る場合には、高得点の一覧に載らないというとるに足らないデメリッ
3161+ トと引き替えに前のセーブファイルを残しておけたり不死身となれた り
31593162 するのである。
31603163
3161- 探検モードに入るには 2 通りの方法がある。1 つはゲームの開 始
3162- 時に -X スイッチを付けることである。もう 1 つはゲームのプレイ中に
31633164
3164-
31653165 NetHack 3.4 December 2, 2003
31663166
31673167
@@ -3172,7 +3172,9 @@
31723172
31733173
31743174
3175- `X' コマンドを入力することである。探検モードで得られる他の利点 は
3175+ 探 検モードに入るには 2 通りの方法がある。1 つはゲームの開始
3176+ 時に -X スイッチを付けることである。もう 1 つはゲームのプレイ中に
3177+ `X' コマンドを入力することである。探検モードで得られる他の利点は
31763178 大胆な読者諸君自ら確かめて欲しい。
31773179
31783180
@@ -3179,10 +3181,10 @@
31793181 12. クレジット
31803182
31813183 最初の hack というゲームは、バークレイ版 UNIX のゲーム rogue
3182- をモデルとしている。このドキュメントの大部分は Michael C. Toy と
3183- Kenneth C. R. C. Arnold の手になる A Guide to the Dungeons of
3184+ を モデルとしている。このドキュメントの大部分は Michael C. Toy と
3185+ Kenneth C. R. C. Arnold の手になる A Guide to the Dungeons of
31843186 Doom(運命の洞窟への招待) を図々しくも盗用したものである。また一部
3185- は Ken Arromdee による Further Exploration of the Dungeons of
3187+ は Ken Arromdee による Further Exploration of the Dungeons of
31863188 Doom(運命の洞窟の深部への探検) から採っている。
31873189
31883190 NetHack は文字どおり何十人もの人々の手によって完成された。以
@@ -3193,41 +3195,39 @@
31933195 けを得て、最初の Hack を書いた。
31943196
31953197 Andries Brouwer はプログラムを大幅に書き換えて Hack を元とは
3196- か な り異なったゲームに仕立て上げ、 UNIX マシン用の(少なくとも)3
3198+ かなり異なったゲームに仕立て上げ、 UNIX マシン用の(少なく と も)3
31973199 バージョン(1.0.1、1.0.2、1.0.3)を Usenet で発表した。
31983200
3199- Don G. Kneller は Hack 1.0.3 を Microsoft C を使用し て MS-
3200- DOS へ移植し PC HACK 1.01e を作成した。バージョン 1.03g では DEC
3201- Rainbow のグラフィックをサポートし、続いて少なくともあと 4 つ の
3201+ Don G. Kneller は Hack 1.0.3 を Microsoft C を使用して MS-
3202+ DOS へ移植し PC HACK 1.01e を作成した。バージョン 1.03g では DEC
3203+ Rainbow のグラフィックをサポートし、続いて少なくともあと 4 つの
32023204 バージョン(3.0、3.2、 3.51、3.6)を作成した。
32033205
3204- R. Black は PC HACK 3.51 を Lattice C を使用して Atari
3206+ R. Black は PC HACK 3.51 を Lattice C を 使 用 し て Atari
32053207 520/1040ST へ移植し ST Hack 1.03 を作成した。
32063208
3207- Mike Stephenson はこれらのいろいろなバージョンを再び 1 つ に
3208- 統 合し、多くの追加要素と合わせて NetHack バージョン 1.4 を作成し
3209+ Mike Stephenson はこれらのいろいろなバージョンを再び 1 つに
3210+ 統合し、多くの追加要素と合わせて NetHack バージョン 1.4 を作成 し
32093211 た。さらに彼は何千人もの人々に作業を分担して NetHack 1.4 の拡張と
32103212 デバッグを行い、 NetHack バージョン 2.2 と 2.3 を発表した。
32113213
3212- さ らにその後、Mike は Ken Arromdee, Jean-Christophe Collet,
3213- Steve Creps, Eric Hendrickson、Izchak Miller、John Rupley、 Mike
3214+ さらにその後、Mike は Ken Arromdee, Jean-Christophe Collet,
3215+ Steve Creps, Eric Hendrickson、Izchak Miller、John Rupley、 Mike
32143216 Threepoint、Janet Walz を含むチームを率いてゲームの大幅な書き直し
32153217 を行ない、 NetHack 3.0c を作成した。
32163218
3217- NetHack 3.0 は Eric R. Smith によって Atari へ、 Timo Haku-
3218- linen に よって OS/2 へ、 David Gentzel によって VMS へ移植され
3219- た。この 3 人と Kevin Darcy はその後主力開発チームに加わり、 3.0
3219+ NetHack 3.0 は Eric R. Smith によって Atari へ、 Timo Haku-
3220+ linen によって OS/2 へ、 David Gentzel によって VMS へ移 植 さ れ
3221+ た。 この 3 人と Kevin Darcy はその後主力開発チームに加わり、 3.0
32203222 のその後のいくつかの改訂版を作成した。
32213223
3222- Olaf Seibert は NetHack 2.3 と 3.0 を Amiga へ移植した。
3224+ Olaf Seibert は NetHack 2.3 と 3.0 を Amiga へ 移 植 し た。
32233225 Norm Meluch、Stephen Spackman、Pierre Martineau は PC NetHack 3.0
3224- の た め のオーバーレイルーチンを設計した。 Johnny Lee は NetHack
3226+ のためのオーバーレイルーチンを設計した。 Johnny Lee は NetHack
32253227 3.0 を Macintosh へ移植した。彼らは他のさまざまな洞窟マニアたちと
32263228 ともに PC、Macintosh、Amiga の移植版の拡張を続け、 3.0 のその後の
3227- いくつかの改訂版を作成した。
32283229
32293230
3230-
32313231 NetHack 3.4 December 2, 2003
32323232
32333233
@@ -3238,60 +3238,60 @@
32383238
32393239
32403240
3241+ いくつかの改訂版を作成した。
3242+
32413243 Mike Stephensonをリーダーとし、Izchak MillerとJanet Walzの助
3242- け に よっ て Ken Arromdee, David Cohrs, Jean-Christophe Collet,
3244+ けによって Ken Arromdee, David Cohrs, Jean-Christophe Collet,
32433245 Kevin Darcy, Matt Day, Timo Hakulinen, Steve Linhart, Dean Luick,
32443246 Pat Rankin, Eric Raymond, Eric Smith を含む制作チームが 3.0の徹底
3245- 的な見直しを行なった。彼らはゲームデザインを再構築し、コードの 大
3246- 部 分を書き直した。複合ダンジョン、新しいディスプレイ、それぞれの
3247- キャラクタ毎の特別のクエスト、新しいエンドゲームとその他の多く の
3247+ 的 な見直しを行なった。彼らはゲームデザインを再構築し、コードの大
3248+ 部分を書き直した。複合ダンジョン、新しいディスプレイ、それぞれ の
3249+ キャ ラクタ毎の特別のクエスト、新しいエンドゲームとその他の多くの
32483250 新しい要素を追加し、 NetHack 3.1を制作した。
32493251
3250- Ken Lorber, Gregg Wonderly, Greg Olson は Richard Addison,
3252+ Ken Lorber, Gregg Wonderly, Greg Olson は Richard Addison,
32513253 Mike Passaretti, Olaf Seibert の助けを借りて Amiga 用 NetHack 3.1
32523254 を作成した。
32533255
3254- Norm Meluch と Kevin Smolkowski は Carl Schelin, Stephen
3255- Spackman, Steve VanDevender, Paul Winner の助けを借り て NetHack
3256+ Norm Meluch と Kevin Smolkowski は Carl Schelin, Stephen
3257+ Spackman, Steve VanDevender, Paul Winner の助けを借りて NetHack
32563258 3.1 を PC に移植した。
32573259
32583260 Jon Watte と Hao-yang Wang は Ross Brown, Mike Engber, David
32593261 Hairston, Michael Hamel, Jonathan Handler, Johnny Lee, Tim
32603262 Lennan, Rob Menke, Andy Swanson の助けを借りて MPW 用の Macintosh
3261- 用 NetHack 3.1 を作成した。その作成中に、Barton House は Think C
3263+ 用 NetHack 3.1 を作成した。その作成中に、Barton House は Think C
32623264 用を加えた。
32633265
3264- Timo Hakulinen は NetHack 3.1 を OS/2 に移植した。 Eric
3265- Smith は NetHack 3.1 を Atari に移植した。 Pat Rankin は Joshua
3266- Delahunty の助けを借りて VMS 版 NetHack 3.1 を作成した。 Michael
3266+ Timo Hakulinen は NetHack 3.1 を OS/2 に 移 植 し た。 Eric
3267+ Smith は NetHack 3.1 を Atari に移植した。 Pat Rankin は Joshua
3268+ Delahunty の助けを借りて VMS 版 NetHack 3.1 を作成した。 Michael
32673269 Allison は NetHack 3.1 を Windows NT に移植した。
32683270
3269- Dean Luick は David Cohrs の助けを借りて X11 用 NetHack3.1
3270- を 作 成した。 Warwick Allison は Atari 用に NetHack のタイルバー
3271- ジョンを作成した。彼は後にタイルを開発チームに寄贈し、タ イ ル サ
3271+ Dean Luick は David Cohrs の助けを借りて X11 用 NetHack3.1
3272+ を作成した。 Warwick Allison は Atari 用に NetHack のタイ ル バー
3273+ ジョ ン を 作成した。彼は後にタイルを開発チームに寄贈し、タイルサ
32723274 ポートは他のプラットフォームにも追加された。
32733275
3274- Michael Allison, Ken Arromdee, David Cohrs, Jessie Collet,
3275- Steve Creps, Kevin Darcy, Timo Hakulinen, Steve Linhart, Dean
3276- Luick, Pat Rankin, Eric Smith, Mike Stephenson, Janet Walz, and
3277- Paul Winner からなる 3.2の開発チームは バージョン 3.2 を 1996 年
3276+ Michael Allison, Ken Arromdee, David Cohrs, Jessie Collet,
3277+ Steve Creps, Kevin Darcy, Timo Hakulinen, Steve Linhart, Dean
3278+ Luick, Pat Rankin, Eric Smith, Mike Stephenson, Janet Walz, and
3279+ Paul Winner からなる 3.2の開発チームは バージョン 3.2 を 1996 年
32783280 4 月にリリースした。
32793281
3280- バー ジョン 3.2 は開発チームが結成されてから 10 周年のもので
3282+ バージョン 3.2 は開発チームが結成されてから 10 周年のもの で
32813283 あった。彼らのゲームへの貢献について記すと、13 人の初期の開発チー
3282- ム 全員はこのリリースの開始時の最初の時点までチームに残っていた。
3284+ ム全員はこのリリースの開始時の最初の時点までチームに残ってい た。
32833285 が、 3.1.3 から 3.2 の間に、開発チームの創始者の一人である Izchak
3284- Miller 博士が癌と診断され、亡くなった。このリリースは開発チームお
3286+ Miller博士が癌と診断され、亡くなった。このリリースは開発チーム お
32853287 よび移植チームから彼に捧げられた。
32863288
3287- NetHack 3.1 と 3.2 の時代に、ゲームに熱狂した何人かがゲー ム
3289+ NetHack 3.1 と 3.2 の時代に、ゲームに熱狂した何人かがゲーム
32883290 に自分自身の変更を加えた「亜種」を公に発表した。
32893291
3290- Tom Proudfoot と Yuval Oren は NetHack++ を作成し、これはす
3291- ぐに NetHack-- に改名された。これとは独立 に、Stephen White は
3292- NetHack Plus を作成した。 Tom Proudfoot は後に NetHack Plus と
3293- NetHack-- を統合し、 SLASH を作成した。 Larry Stewart-Zerba と
3294- Warwick Allison は呪文詠唱システムを改良した Wizard Patch を作成
3292+ Tom Proudfoot と Yuval Oren は NetHack++ を作成し、これは す
3293+ ぐ に NetHack-- に改名された。これとは独立に、Stephen White は
3294+ NetHack Plus を作成した。 Tom Proudfoot は後に NetHack Plus と
32953295
32963296
32973297 NetHack 3.4 December 2, 2003
@@ -3304,35 +3304,37 @@
33043304
33053305
33063306
3307- した。 Warwick Allison は NetHack を Qt インターフェースを使う よ
3307+ NetHack-- を 統合し、 SLASH を作成した。 Larry Stewart-Zerba と
3308+ Warwick Allison は呪文詠唱システムを改良した Wizard Patch を作 成
3309+ し た。 Warwick Allison は NetHack を Qt インターフェースを使うよ
33083310 うに変更した。
33093311
3310- Warren Cheung は SLASH と Wizard Patch を統合して Slash'em
3311- を作成し、 Kevin Hugo の力を借りて、多くの要素を追加した。 Kevin
3312+ Warren Cheung は SLASH と Wizard Patch を統合し て Slash'em
3313+ を 作成し、 Kevin Hugo の力を借りて、多くの要素を追加した。 Kevin
33123314 は後に開発チームに加わり、これらのアイデアを NetHack 3.3 に統合し
33133315 た。
33143316
3315- 3.2 の最終バージョンはバグ修正版である 3.2.3 である。これ は
3316- 2000 年 問題対策のために 3.3.0 と同時に 1999 年 12 月に発表され
3317+ 3.2 の最終バージョンはバグ修正版である 3.2.3 である。これは
3318+ 2000 年問題対策のために 3.3.0 と同時に 1999 年 12 月に発 表 さ れ
33173319 た。
33183320
3319- Michael Allison, Ken Arromdee, David Cohrs, Jessie Collet,
3320- Steve Creps, Kevin Darcy, Timo Hakulinen, Kevin Hugo, Steve Lin-
3321- hart, Ken Lorber, Dean Luick, Pat Rankin, Eric Smith, Mike
3322- Stephenson, Janet Walz, Paul Winner からなる 3.3 の開発チームは
3321+ Michael Allison, Ken Arromdee, David Cohrs, Jessie Collet,
3322+ Steve Creps, Kevin Darcy, Timo Hakulinen, Kevin Hugo, Steve Lin-
3323+ hart, Ken Lorber, Dean Luick, Pat Rankin, Eric Smith, Mike
3324+ Stephenson, Janet Walz, Paul Winner からなる 3.3 の開発チー ム は
33233325 1999 年 12 月に 3.3.0を、 2000 年 8 月に 3.3.1 をリリースした。
33243326
3325- バージョン 3.3 は多くの新要素を提供した。まず、種族と職業 を
3326- 分 離した最初のバージョンである。職業としてのエルフは削除され、種
3327- 族の一つとなった。また、ドワーフ、ノーム、オークが種族として追 加
3328- さ れた。武闘家とレンジャーの二つが職業として追加された。さらに、
3329- 動物に乗ることが出来る最初のバージョンでもあり、発見された全て の
3330- バ グをウェブサイトで公表した最初のバージョンでもある。バグリスト
3331- が順調に伸びていったにも関わらず、 3.3 は 1 年半続いたことで十 分
3327+ バー ジョン 3.3 は多くの新要素を提供した。まず、種族と職業を
3328+ 分離した最初のバージョンである。職業としてのエルフは削除され、 種
3329+ 族 の一つとなった。また、ドワーフ、ノーム、オークが種族として追加
3330+ された。武闘家とレンジャーの二つが職業として追加された。さら に、
3331+ 動 物に乗ることが出来る最初のバージョンでもあり、発見された全ての
3332+ バグをウェブサイトで公表した最初のバージョンでもある。バグリス ト
3333+ が 順調に伸びていったにも関わらず、 3.3 は 1 年半続いたことで十分
33323334 安定していたことを証明した。
33333335
33343336 3.4 開発チームは Michael Allison, Ken Arromdee, David Cohrs,
3335- Jessie Collet, Kevin Hugo, Ken Lorber, Dean Luick, Pat Rankin,
3337+ Jessie Collet, Kevin Hugo, Ken Lorber, Dean Luick, Pat Rankin,
33363338 Mike Stephenson, Janet Walz, and Paul Winner で開始され、 NetHack
33373339 3.4.0 リリース直前の 2002 年 3 月に Warwick Allison が加わった。
33383340
@@ -3341,22 +3343,20 @@
33413343
33423344 Pat Rankin は 3.4 の VMS への移植を担当した。
33433345
3344- Michael Allison は MS-DOS 版の NetHack 3.4 を管理してい る。
3346+ Michael Allison は MS-DOS 版の NetHack 3.4 を管理している。
33453347 Paul Winner と Yitzhak Sapir が手伝っている。
33463348
3347- Dean Luick, Mark Modrall, Kevin Hugo は 3.4 の Macintosh へ
3349+ Dean Luick, Mark Modrall, Kevin Hugo は 3.4 の Macintosh へ
33483350 の移植と拡張を担当した。
33493351
3350- Michael Allison, David Cohrs, Alex Kompel, Dion Nicolaas,
3351- Yitzhak Sapir は 3.4 の Microsoft Windows プラットフォームへの移
3352- 植と拡張を担当した。 Alex Kompel は Windows 版への 新 し い グ ラ
3352+ Michael Allison, David Cohrs, Alex Kompel, Dion Nicolaas,
3353+ Yitzhak Sapir は 3.4 の Microsoft Windows プラットフォームへの 移
3354+ 植 と 拡 張 を 担当した。 Alex Kompel は Windows 版への新しいグラ
33533355 フィックインターフェースを提供した。 Alex Kompel はまた、3.4.1 の
33543356 Windows CE 版を提供した。
33553357
33563358 Ron Van Iwaarden は 3.4 の OS/2 版を管理している。
33573359
3358- 3.3.1 で復活した Amiga への移植と拡張は Janne Salmijarvi と
3359- Teemu Suikki が行っている。
33603360
33613361
33623362
@@ -3370,17 +3370,20 @@
33703370
33713371
33723372
3373+ 3.3.1 で復活した Amiga への移植と拡張は Janne Salmijarvi と
3374+ Teemu Suikki が行っている。
3375+
33733376 3.3.1 で復活した Atari 版は Christian ``Marvin'' Bressler が
33743377 管理している。
33753378
3376- Ken Lorber によって管理されている NetHack のウェブサイ ト が
3379+ Ken Lorber によって管理されている NetHack のウェブサイトが
33773380 http://www.nethack.org/ にある。
33783381
33793382 - - - - - - - - - -
33803383
33813384 時々ネットワークの世界のどうしようもない連中が、ゲームの改良
3382- の手助けをしようとしてとりわけ興味をそそるような修正を送ってよ こ
3383- す。 洞窟の神々は、ときにはこういった悪党のうちでも最も邪悪な連中
3385+ の 手助けをしようとしてとりわけ興味をそそるような修正を送ってよこ
3386+ す。洞窟の神々は、ときにはこういった悪党のうちでも最も邪悪な連 中
33843387 の名前を洞窟マニアたちの一覧としてここに記すのだ。
33853388
33863389 Adam Aronow Izchak Miller Mike Stephenson
@@ -3421,11 +3424,74 @@
34213424 Helge Hafting Mike Gallop
34223425 Irina Rempt-Drijfhout Mike Passaretti
34233426
3427+
3428+
3429+ NetHack 3.4 December 2, 2003
3430+
3431+
3432+
3433+
3434+
3435+ NetHack Guidebook 53
3436+
3437+
3438+
34243439 ブランドと製品名は各社の商標または登録商標である。
34253440
34263441
34273442
34283443
3444+
3445+
3446+
3447+
3448+
3449+
3450+
3451+
3452+
3453+
3454+
3455+
3456+
3457+
3458+
3459+
3460+
3461+
3462+
3463+
3464+
3465+
3466+
3467+
3468+
3469+
3470+
3471+
3472+
3473+
3474+
3475+
3476+
3477+
3478+
3479+
3480+
3481+
3482+
3483+
3484+
3485+
3486+
3487+
3488+
3489+
3490+
3491+
3492+
3493+
3494+
34293495 NetHack 3.4 December 2, 2003
34303496
34313497
--- junnethack/trunk/doc/Guidebook.tex (revision 407)
+++ junnethack/trunk/doc/Guidebook.tex (revision 408)
@@ -2626,6 +2626,21 @@
26262626 \item[\ib{silent}]
26272627 Suppress terminal beeps (default on).
26282628 %.lp
2629+\item[\ib{sortloot}]
2630+Controls the behavior of the sortloot patch that sorts pickup lists for
2631+inventory and \#loot commands and some others.
2632+
2633+The possible values are:
2634+%.sd
2635+%.si
2636+{\tt full} --- always sort the lists;\\
2637+{\tt loot} --- only sort the lists that don't use inventory
2638+ letters, like with the \#loot and pickup commands;\\
2639+{\tt none} --- show lists the traditional way without sorting.
2640+%.ei
2641+%.ed
2642+%.lp
2643+The default is 'none', the way an unpatched game works.
26292644 \item[\ib{sortpack}]
26302645 Sort the pack contents by type when displaying inventory (default on).
26312646 %.lp
--- junnethack/trunk/sys/autoconf/configure.ac (revision 407)
+++ junnethack/trunk/sys/autoconf/configure.ac (revision 408)
@@ -432,6 +432,7 @@
432432 NETHACK_ARG(paranoid,[Require some questions to be answered with 'yes' instead of 'y'],PARANOID,yes)
433433 NETHACK_ARG(show-born,[Display number of created monsters at the end of game],SHOW_BORN,yes)
434434 NETHACK_ARG(show-extinct,[Display extinct monsters at the end of game],SHOW_EXTINCT,yes)
435+NETHACK_ARG(sortloot,[Sort item lists alphabetically by description.],SORTLOOT,yes)
435436 NETHACK_ARG(dungeon-growth,[Dungeon growth],DUNGEON_GROWTH,yes)
436437 #NETHACK_ARG(shout,[Shouting and pet commands (not implemented)],SHOUT,no)
437438 # NETHACK_ARG(display-layers,[Support transparent tilesets],DISPLAY_LAYERS,yes)
Show on old repository browser