• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

LDP_man-pages: Commit


Commit MetaInfo

Revisión43290dec20d231da9593568a8cc5b0e9a10b9bda (tree)
Tiempo2016-02-13 20:11:19
AutorAkihiro Motoki <amotoki@gmai...>
CommiterAkihiro Motoki

Log Message

Fix [JM:1177] [JM:1200]

Cambiar Resumen

Diferencia incremental

--- a/draft/man2/getrusage.2
+++ b/draft/man2/getrusage.2
@@ -171,7 +171,7 @@ I/O 動作を必要とするページフォルトの回数。
171171 自分のタイムスライスが完了する前にプロセスが自発的にプロセッサを解放して行われたコンテキストスイッチの回数
172172 (通常はリソースが利用可能になるのを待つために行われる)。
173173 .TP
174-\fImemory_migrate\fP (Linux 2.6.16 以降)
174+\fIru_nivcsw\fP (Linux 2.6 以降)
175175 優先度が自分より高いプロセッサが実行可能になったか、現在のプロセスが自分のタイムスライスを超過したことにより行われたコンテキストスイッチの回数。
176176 .PP
177177 .SH 返り値
--- a/draft/man2/sigaction.2
+++ b/draft/man2/sigaction.2
@@ -512,7 +512,7 @@ POSIX.1\-1990 の仕様では \fBSA_NOCLDSTOP\fP のみが定義されている
512512 .PP
513513 シグナル集合の操作に関する詳細は \fBsigsetops\fP(3) を参照のこと。
514514 .PP
515-シグナルハンドラー内から安全に呼び出すことができる、 async\-signal\-safe functions (非同期シングルで安全な関数) の
515+シグナルハンドラー内から安全に呼び出すことができる、 async\-signal\-safe functions (非同期シグナルで安全な関数) の
516516 リストについては \fBsignal\fP(7) を参照。
517517 .SS 非公式
518518 \fBSA_SIGINFO\fP が導入される前は、 \fIstruct sigcontext\fP 型の二番目の引き数と一緒に \fIsa_handler\fP
--- a/po4a/process/po/ja.po
+++ b/po4a/process/po/ja.po
@@ -7,7 +7,7 @@ msgid ""
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
99 "POT-Creation-Date: 2015-02-04 23:30+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: 2015-02-05 00:08+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2016-02-13 20:04+0900\n"
1111 "Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
1212 "Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
1313 "Language: \n"
@@ -8176,7 +8176,7 @@ msgstr ""
81768176 #: build/C/man2/getrusage.2:182
81778177 #, no-wrap
81788178 msgid "I<ru_nivcsw> (since Linux 2.6)"
8179-msgstr "I<memory_migrate> (Linux 2.6.16 以降)"
8179+msgstr "I<ru_nivcsw> (Linux 2.6 以降)"
81808180
81818181 #. type: Plain text
81828182 #: build/C/man2/getrusage.2:187
--- a/po4a/signal/po/ja.po
+++ b/po4a/signal/po/ja.po
@@ -7,7 +7,7 @@ msgid ""
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
99 "POT-Creation-Date: 2015-02-04 23:31+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: 2015-02-05 00:07+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2016-02-13 20:08+0900\n"
1111 "Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
1212 "Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
1313 "Language: \n"
@@ -6348,10 +6348,7 @@ msgstr "シグナル集合の操作に関する詳細は B<sigsetops>(3) を参
63486348 msgid ""
63496349 "See B<signal>(7) for a list of the async-signal-safe functions that can be "
63506350 "safely called inside from inside a signal handler."
6351-msgstr ""
6352-"シグナルハンドラー内から安全に呼び出すことができる、 async-signal-safe "
6353-"functions (非同期シングルで安全な関数) の リストについては B<signal>(7) を参"
6354-"照。"
6351+msgstr "シグナルハンドラー内から安全に呼び出すことができる、 async-signal-safe functions (非同期シグナルで安全な関数) の リストについては B<signal>(7) を参照。"
63556352
63566353 #. type: SS
63576354 #: build/C/man2/sigaction.2:839
--- a/release/man2/getrusage.2
+++ b/release/man2/getrusage.2
@@ -171,7 +171,7 @@ I/O 動作を必要とするページフォルトの回数。
171171 自分のタイムスライスが完了する前にプロセスが自発的にプロセッサを解放して行われたコンテキストスイッチの回数
172172 (通常はリソースが利用可能になるのを待つために行われる)。
173173 .TP
174-\fImemory_migrate\fP (Linux 2.6.16 以降)
174+\fIru_nivcsw\fP (Linux 2.6 以降)
175175 優先度が自分より高いプロセッサが実行可能になったか、現在のプロセスが自分のタイムスライスを超過したことにより行われたコンテキストスイッチの回数。
176176 .PP
177177 .SH 返り値
--- a/release/man2/sigaction.2
+++ b/release/man2/sigaction.2
@@ -512,7 +512,7 @@ POSIX.1\-1990 の仕様では \fBSA_NOCLDSTOP\fP のみが定義されている
512512 .PP
513513 シグナル集合の操作に関する詳細は \fBsigsetops\fP(3) を参照のこと。
514514 .PP
515-シグナルハンドラー内から安全に呼び出すことができる、 async\-signal\-safe functions (非同期シングルで安全な関数) の
515+シグナルハンドラー内から安全に呼び出すことができる、 async\-signal\-safe functions (非同期シグナルで安全な関数) の
516516 リストについては \fBsignal\fP(7) を参照。
517517 .SS 非公式
518518 \fBSA_SIGINFO\fP が導入される前は、 \fIstruct sigcontext\fP 型の二番目の引き数と一緒に \fIsa_handler\fP
Show on old repository browser