• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

LDP_man-pages: Commit


Commit MetaInfo

Revisión7e9f39bc01bf7f098fbbe405dc353c25d43b59de (tree)
Tiempo2015-01-25 19:06:24
AutorAkihiro MOTOKI <amotoki@gmai...>
CommiterAkihiro MOTOKI

Log Message

Update some in man2 ja.po

Cambiar Resumen

Diferencia incremental

--- a/po4a/man2/po/ja.po
+++ b/po4a/man2/po/ja.po
@@ -7,7 +7,7 @@ msgid ""
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
99 "POT-Creation-Date: 2015-01-23 22:24+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: 2015-01-25 07:19+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2015-01-25 19:05+0900\n"
1111 "Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
1212 "Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
1313 "Language: \n"
@@ -8680,22 +8680,12 @@ msgstr ""
86808680
86818681 #. type: Plain text
86828682 #: build/C/man2/ptrace.2:64
8683-#, fuzzy
8684-#| msgid ""
8685-#| "The B<ptrace>() system call provides a means by which a parent process "
8686-#| "may observe and control the execution of another process, and examine and "
8687-#| "change its core image and registers. It is primarily used to implement "
8688-#| "breakpoint debugging and system call tracing."
86898683 msgid ""
86908684 "The B<ptrace>() system call provides a means by which one process (the "
86918685 "\"tracer\") may observe and control the execution of another process (the "
86928686 "\"tracee\"), and examine and change the tracee's memory and registers. It "
86938687 "is primarily used to implement breakpoint debugging and system call tracing."
8694-msgstr ""
8695-"B<ptrace>() システムコールは、親プロセスが、別のプロセスの実行の監視/制御を "
8696-"行ったり、コアイメージ (core image) やレジスターの調査/変更を 行ったりする手"
8697-"段を提供する。 B<ptrace>() は、主にブレークポイントによるデバッグやシステム"
8698-"コールのトレースを 実装するのに用いられる。"
8688+msgstr "B<ptrace>() システムコールは、 あるプロセス (\"tracer\") が、 別のプロセス (\"tracee\") の実行の監視/制御を行ったり、 tracee のメモリーやレジスターの調査/変更を行ったりする手段を提供する。 B<ptrace>() は、 主にブレークポイントによるデバッグやシステムコールのトレースを実装するのに用いられる。"
86998689
87008690 #. type: Plain text
87018691 #: build/C/man2/ptrace.2:75
@@ -8728,34 +8718,15 @@ msgstr ""
87288718
87298719 #. type: Plain text
87308720 #: build/C/man2/ptrace.2:98
8731-#, fuzzy
8732-#| msgid ""
8733-#| "The parent can initiate a trace by calling B<fork>(2) and having the "
8734-#| "resulting child do a B<PTRACE_TRACEME>, followed (typically) by an "
8735-#| "B<exec>(3). Alternatively, the parent may commence trace of an existing "
8736-#| "process using B<PTRACE_ATTACH>."
87378721 msgid ""
87388722 "A process can initiate a trace by calling B<fork>(2) and having the "
87398723 "resulting child do a B<PTRACE_TRACEME>, followed (typically) by an "
87408724 "B<execve>(2). Alternatively, one process may commence tracing another "
87418725 "process using B<PTRACE_ATTACH> or B<PTRACE_SEIZE>."
8742-msgstr ""
8743-"トレースを開始するには、まず親プロセスで B<fork>(2) を呼び出す。生成された子"
8744-"プロセスで B<PTRACE_TRACEME> を行い、続いて (典型的には) B<exec>(3) を行な"
8745-"う。 別の方法としては、 親プロセスが既存のプロセスに対して B<PTRACE_ATTACH> "
8746-"を使用し、トレースを開始する。"
8726+msgstr "プロセスがトレースを開始するには、 まず親プロセスで B<fork>(2) を呼び出す。 生成された子プロセスで B<PTRACE_TRACEME> を行い、 続いて (典型的には) B<execve>(2) を行なう。 別の方法としては、 プロセスが別のプロセスに対して B<PTRACE_ATTACH> か B<PTRACE_SEIZE> を使用し、 トレースを開始する。"
87478727
87488728 #. type: Plain text
87498729 #: build/C/man2/ptrace.2:115
8750-#, fuzzy
8751-#| msgid ""
8752-#| "While being traced, the child will stop each time a signal is delivered, "
8753-#| "even if the signal is being ignored. (The exception is B<SIGKILL>, which "
8754-#| "has its usual effect.) The parent will be notified at its next "
8755-#| "B<wait>(2) and may inspect and modify the child process while it is "
8756-#| "stopped. The parent then causes the child to continue, optionally "
8757-#| "ignoring the delivered signal (or even delivering a different signal "
8758-#| "instead)."
87598730 msgid ""
87608731 "While being traced, the tracee will stop each time a signal is delivered, "
87618732 "even if the signal is being ignored. (An exception is B<SIGKILL>, which has "
@@ -8766,13 +8737,7 @@ msgid ""
87668737 "various ptrace requests to inspect and modify the tracee. The tracer then "
87678738 "causes the tracee to continue, optionally ignoring the delivered signal (or "
87688739 "even delivering a different signal instead)."
8769-msgstr ""
8770-"トレースの実行中、子プロセスはシグナルが配送されるたびに、 たとえそのシグナル"
8771-"が無視すべきものであっても停止する (B<SIGKILL> は例外で、通常どおりの効果をも"
8772-"たらす)。 親プロセスには次の B<wait>(2) で通知され、停止している間に子プロセ"
8773-"スを調べたり修正したりすることができる。 そして親プロセスは子プロセスの実行を"
8774-"再開させるが、配送された シグナルを無視することもできる (あるいは代わりに別の"
8775-"シグナルを 配送することもできる) 。"
8740+msgstr "トレースの実行中、tracee はシグナルが配送されるたびに、 たとえそのシグナルが無視されている場合であっても停止する (B<SIGKILL> は例外で、通常どおりの効果を持つ)。 tracer には次の B<waitpid>(2) (や関連の \"wait\" システムコール) の呼び出しで通知され、 その呼び出しでは tracee で停止の原因を示す情報が入った I<status> 値が返される。 tracee が停止している間に、 tracer は様々な ptrace の要求を使って tracee を調査したり修正したりすることができる。 それから tracer は tracee の実行を再開させるが、 配送されたシグナルを無視することもできる (あるいは別のシグナルを配送することもできる) 。"
87768741
87778742 #. type: Plain text
87788743 #: build/C/man2/ptrace.2:125
@@ -8785,18 +8750,10 @@ msgstr ""
87858750
87868751 #. type: Plain text
87878752 #: build/C/man2/ptrace.2:129
8788-#, fuzzy
8789-#| msgid ""
8790-#| "When the parent is finished tracing, it can terminate the child with "
8791-#| "B<PTRACE_KILL> or cause it to continue executing in a normal, untraced "
8792-#| "mode via B<PTRACE_DETACH>."
87938753 msgid ""
87948754 "When the tracer is finished tracing, it can cause the tracee to continue "
87958755 "executing in a normal, untraced mode via B<PTRACE_DETACH>."
8796-msgstr ""
8797-"親プロセスがトレースを終了する際には、 B<PTRACE_KILL> を使用して子プロセスを"
8798-"終了させることもできるし、 B<PTRACE_DETACH> を用いて通常のトレースなしのモー"
8799-"ドにして、 実行を継続させることもできる。"
8756+msgstr "tracer がトレースを終了する際には、 B<PTRACE_DETACH> を用いて tracee を通常のトレースなしのモードにして、 実行を継続させることができる。"
88008757
88018758 #. type: Plain text
88028759 #: build/C/man2/ptrace.2:133
@@ -8822,23 +8779,13 @@ msgstr ""
88228779
88238780 #. type: Plain text
88248781 #: build/C/man2/ptrace.2:158
8825-#, fuzzy
8826-#| msgid ""
8827-#| "The above request is used only by the child process; the rest are used "
8828-#| "only by the parent. In the following requests, I<pid> specifies the "
8829-#| "child process to be acted on. For requests other than B<PTRACE_KILL>, "
8830-#| "the child process must be stopped."
88318782 msgid ""
88328783 "The B<PTRACE_TRACEME> request is used only by the tracee; the remaining "
88338784 "requests are used only by the tracer. In the following requests, I<pid> "
88348785 "specifies the thread ID of the tracee to be acted on. For requests other "
88358786 "than B<PTRACE_ATTACH>, B<PTRACE_SEIZE>, B<PTRACE_INTERRUPT>, and "
88368787 "B<PTRACE_KILL>, the tracee must be stopped."
8837-msgstr ""
8838-"上記の要求は子プロセスだけが行なうものである。 残りは親プロセスだけが行なうも"
8839-"のである。 以下の要求では、I<pid> で操作の対象となる 子プロセスを指定する。 "
8840-"B<PTRACE_KILL> を除き、要求を行なうためには 子プロセスは停止していなければな"
8841-"らない。"
8788+msgstr "B<PTRACE_TRACEME> 要求は tracee だけが使用するものである。 残りの要求は tracer だけが使用する。 以下の要求では、I<pid> は操作の対象となる tracee のスレッド ID を指定する。 B<PTRACE_ATTACH>, B<PTRACE_SEIZE>, B<PTRACE_INTERRUPT>, B<PTRACE_KILL> 以外の要求では、 tracee は停止していなければならない。"
88428789
88438790 #. type: TP
88448791 #: build/C/man2/ptrace.2:158
@@ -8848,22 +8795,12 @@ msgstr "B<PTRACE_PEEKTEXT>, B<PTRACE_PEEKDATA>"
88488795
88498796 #. type: Plain text
88508797 #: build/C/man2/ptrace.2:169
8851-#, fuzzy
8852-#| msgid ""
8853-#| "Reads a word at the location I<addr> in the child's memory, returning the "
8854-#| "word as the result of the B<ptrace>() call. Linux does not have "
8855-#| "separate text and data address spaces, so the two requests are currently "
8856-#| "equivalent. (The argument I<data> is ignored.)"
88578798 msgid ""
88588799 "Read a word at the address I<addr> in the tracee's memory, returning the "
88598800 "word as the result of the B<ptrace>() call. Linux does not have separate "
88608801 "text and data address spaces, so these two requests are currently "
88618802 "equivalent. (I<data> is ignored; but see NOTES.)"
8862-msgstr ""
8863-"子プロセスのメモリーの I<addr> の位置から 1 ワードを読み出す。読み出したワー"
8864-"ドは B<ptrace>() の返り値として返される。 Linux ではテキスト (text) とデー"
8865-"タ (data) で 同じアドレス空間を使用するため、この 2 つの要求は現在のところ 同"
8866-"じものである。 (引き数 I<data> は無視される。)"
8803+msgstr "tracee のメモリーの I<addr> のアドレスから 1 ワードを読み出す。 読み出したワードは B<ptrace>() の返り値として返される。 Linux ではテキスト (text) とデータ (data) で 同じアドレス空間を使用するため、これらの 2 つの要求は現在のところ 同じものである。 (I<data> は無視される。 ただし「注意」を参照。)"
88678804
88688805 #. type: TP
88698806 #: build/C/man2/ptrace.2:169
@@ -8875,26 +8812,13 @@ msgstr "B<PTRACE_PEEKUSER>"
88758812 #. and that is the name that seems common on other systems.
88768813 #. type: Plain text
88778814 #: build/C/man2/ptrace.2:187
8878-#, fuzzy
8879-#| msgid ""
8880-#| "Reads a word at offset I<addr> in the child's USER area, which holds the "
8881-#| "registers and other information about the process (see I<E<lt>sys/user."
8882-#| "hE<gt>>). The word is returned as the result of the B<ptrace>() call. "
8883-#| "Typically the offset must be word-aligned, though this might vary by "
8884-#| "architecture. See NOTES. (I<data> is ignored.)"
88858815 msgid ""
88868816 "Read a word at offset I<addr> in the tracee's USER area, which holds the "
88878817 "registers and other information about the process (see I<E<lt>sys/user."
88888818 "hE<gt>>). The word is returned as the result of the B<ptrace>() call. "
88898819 "Typically, the offset must be word-aligned, though this might vary by "
88908820 "architecture. See NOTES. (I<data> is ignored; but see NOTES.)"
8891-msgstr ""
8892-"子プロセスの USER 領域のオフセット I<addr> の位置から 1 ワードを読み込む。"
8893-"USER 領域にはそのプロセスの レジスター (registers) などの情報が保持されてい"
8894-"る (I<E<lt>sys/user.hE<gt>> を参照)。読み込んだワードは B<ptrace>() コールの"
8895-"結果として返される。 たいていはオフセットはワード境界になければならないが、 "
8896-"アーキテクチャーによってはその必要はない。 「注意」の節を参照。 (I<data> は無"
8897-"視される。 )"
8821+msgstr "tracee の USER 領域のオフセット I<addr> の位置から 1 ワードを読み込む。USER 領域にはそのプロセスの レジスター (registers) などの情報が保持されている (I<E<lt>sys/user.hE<gt>> を参照)。読み込んだワードは B<ptrace>() コールの結果として返される。 たいていはオフセットはワード境界になければならないが、 アーキテクチャーによってはその必要はない。 「注意」の節を参照。 (I<data> は無視される。 ただし「注意」を参照。)"
88988822
88998823 #. type: TP
89008824 #: build/C/man2/ptrace.2:187
@@ -8904,17 +8828,11 @@ msgstr "B<PTRACE_POKETEXT>, B<PTRACE_POKEDATA>"
89048828
89058829 #. type: Plain text
89068830 #: build/C/man2/ptrace.2:199
8907-#, fuzzy
8908-#| msgid ""
8909-#| "Copies the word I<data> to location I<addr> in the child's memory. As "
8910-#| "above, the two requests are currently equivalent."
89118831 msgid ""
89128832 "Copy the word I<data> to the address I<addr> in the tracee's memory. As for "
89138833 "B<PTRACE_PEEKTEXT> and B<PTRACE_PEEKDATA>, these two requests are currently "
89148834 "equivalent."
8915-msgstr ""
8916-"ワード I<data> を子プロセスのメモリーの I<addr> の位置へコピーする。上と同様"
8917-"に、現在のところ二つの 要求は同じものである。"
8835+msgstr "ワード I<data> を tracee のメモリーの I<addr> のアドレスへコピーする。 B<PTRACE_PEEKTEXT> や B<PTRACE_PEEKDATA> と同様に、 現在のところ二つの要求は同じものである。"
89188836
89198837 #. type: TP
89208838 #: build/C/man2/ptrace.2:199
@@ -8928,22 +8846,12 @@ msgstr "B<PTRACE_POKEUSER>"
89288846 #. and when they are disallowed, how does user space discover that fact?
89298847 #. type: Plain text
89308848 #: build/C/man2/ptrace.2:215
8931-#, fuzzy
8932-#| msgid ""
8933-#| "Copies the word I<data> to offset I<addr> in the child's USER area. As "
8934-#| "above, the offset must typically be word-aligned. In order to maintain "
8935-#| "the integrity of the kernel, some modifications to the USER area are "
8936-#| "disallowed."
89378849 msgid ""
89388850 "Copy the word I<data> to offset I<addr> in the tracee's USER area. As for "
89398851 "B<PTRACE_PEEKUSER>, the offset must typically be word-aligned. In order to "
89408852 "maintain the integrity of the kernel, some modifications to the USER area "
89418853 "are disallowed."
8942-msgstr ""
8943-"ワード I<data> を子プロセスの USER 領域のオフセット I<addr> の位置にコピーす"
8944-"る。 上と同様に、通常、オフセットはワード境界になければならない。 カーネルの"
8945-"完全性 (integrity) を維持するため、 変更内容によっては USER 領域の変更は禁止"
8946-"されている。"
8854+msgstr "ワード I<data> を tracee の USER 領域のオフセット I<addr> のアドレスにコピーする。 B<PTRACE_PEEKUSER> と同様に、通常、オフセットはワード境界になければならない。 カーネルの完全性 (integrity) を維持するため、 変更内容によっては USER 領域の変更は禁止されている。"
89478855
89488856 #. type: TP
89498857 #: build/C/man2/ptrace.2:215
@@ -8953,11 +8861,6 @@ msgstr "B<PTRACE_GETREGS>, B<PTRACE_GETFPREGS>"
89538861
89548862 #. type: Plain text
89558863 #: build/C/man2/ptrace.2:238
8956-#, fuzzy
8957-#| msgid ""
8958-#| "Copies the child's general purpose or floating-point registers, "
8959-#| "respectively, to location I<data> in the parent. See I<E<lt>sys/user."
8960-#| "hE<gt>> for information on the format of this data. (I<addr> is ignored.)"
89618864 msgid ""
89628865 "Copy the tracee's general-purpose or floating-point registers, respectively, "
89638866 "to the address I<data> in the tracer. See I<E<lt>sys/user.hE<gt>> for "
@@ -8966,10 +8869,7 @@ msgid ""
89668869 "I<data> is ignored and the registers are copied to the address I<addr>. "
89678870 "B<PTRACE_GETREGS> and B<PTRACE_GETFPREGS> are not present on all "
89688871 "architectures."
8969-msgstr ""
8970-"それぞれ、子プロセスの汎用レジスター、浮動小数点レジスターを親プロセスの "
8971-"I<data> の位置にコピーする。この data の書式に関しては I<E<lt>sys/user."
8972-"hE<gt>> を参照すること。(I<addr> は無視される。)"
8872+msgstr "それぞれ、 tracee の汎用レジスター、 浮動小数点レジスターを tracer の I<data> のアドレスにコピーする。この data の書式に関しては I<E<lt>sys/user.hE<gt>> を参照すること。(I<addr> は無視される。) SPARC システムでは I<data> と I<addr> の意味が逆になっている点に注意。 つまり、 I<data> は無視され、 レジスターはアドレス I<addr> にコピーされる。 B<PTRACE_GETREGS> と B<PTRACE_GETFPREGS> はすべてのアーキテクチャーで存在するわけではない。"
89738873
89748874 #. type: TP
89758875 #: build/C/man2/ptrace.2:238
@@ -9000,12 +8900,6 @@ msgstr "B<PTRACE_SETREGS>, B<PTRACE_SETFPREGS>"
90008900 #. and when they are disallowed, how does user space discover that fact?
90018901 #. type: Plain text
90028902 #: build/C/man2/ptrace.2:284
9003-#, fuzzy
9004-#| msgid ""
9005-#| "Copies the child's general purpose or floating-point registers, "
9006-#| "respectively, from location I<data> in the parent. As for "
9007-#| "B<PTRACE_POKEUSER>, some general purpose register modifications may be "
9008-#| "disallowed. (I<addr> is ignored.)"
90098903 msgid ""
90108904 "Modify the tracee's general-purpose or floating-point registers, "
90118905 "respectively, from the address I<data> in the tracer. As for "
@@ -9015,9 +8909,12 @@ msgid ""
90158909 "registers are copied from the address I<addr>. B<PTRACE_SETREGS> and "
90168910 "B<PTRACE_SETFPREGS> are not present on all architectures."
90178911 msgstr ""
9018-"それぞれ、子プロセスの汎用レジスター、浮動小数点レジスターに 親プロセスの "
9019-"I<date> の位置からコピーする。 B<PTRACE_POKEUSER> と同様に、汎用レジスターに"
9020-"よっては 変更が禁止されている場合がある。 (I<addr> は無視される。)"
8912+"それぞれ、 tracee の汎用レジスター、浮動小数点レジスターに tracer の I<date> のアドレスからコピーする。 B<PTRACE_POKEUSER> と同様に、汎用レジスターによっては 変更が禁止されている場合がある。 (I<addr> は無視される。)\n"
8913+"\n"
8914+"Note that SPARC systems have the meaning of I<data> and I<addr>\n"
8915+"reversed; that is, I<data> is ignored and the registers are copied\n"
8916+"from the address I<addr>. B<PTRACE_SETREGS> and B<PTRACE_SETFPREGS>\n"
8917+"are not present on all architectures."
90218918
90228919 #. type: TP
90238920 #: build/C/man2/ptrace.2:284
@@ -9040,19 +8937,11 @@ msgstr "B<PTRACE_GETSIGINFO> (Linux 2.3.99-pre6 以降)"
90408937
90418938 #. type: Plain text
90428939 #: build/C/man2/ptrace.2:305
9043-#, fuzzy
9044-#| msgid ""
9045-#| "Retrieve information about the signal that caused the stop. Copies a "
9046-#| "I<siginfo_t> structure (see B<sigaction>(2)) from the child to location "
9047-#| "I<data> in the parent. (I<addr> is ignored.)"
90488940 msgid ""
90498941 "Retrieve information about the signal that caused the stop. Copy a "
90508942 "I<siginfo_t> structure (see B<sigaction>(2)) from the tracee to the address "
90518943 "I<data> in the tracer. (I<addr> is ignored.)"
9052-msgstr ""
9053-"停止の原因となったシグナルに関する情報を取得する。 I<siginfo_t> 構造体 "
9054-"(B<sigaction>(2) 参照) を子プロセスから親プロセスの I<data> の位置にコピーす"
9055-"る。 (I<addr> は無視される。)"
8944+msgstr "停止の原因となったシグナルに関する情報を取得する。 I<siginfo_t> 構造体 (B<sigaction>(2) 参照) を tracee から tracer の I<data> のアドレスにコピーする。 (I<addr> は無視される。)"
90568945
90578946 #. type: TP
90588947 #: build/C/man2/ptrace.2:305
@@ -9062,25 +8951,13 @@ msgstr "B<PTRACE_SETSIGINFO> (Linux 2.3.99-pre6 以降)"
90628951
90638952 #. type: Plain text
90648953 #: build/C/man2/ptrace.2:321
9065-#, fuzzy
9066-#| msgid ""
9067-#| "Set signal information. Copies a I<siginfo_t> structure from location "
9068-#| "I<data> in the parent to the child. This will only affect signals that "
9069-#| "would normally be delivered to the child and were caught by the tracer. "
9070-#| "It may be difficult to tell these normal signals from synthetic signals "
9071-#| "generated by B<ptrace>() itself. (I<addr> is ignored.)"
90728954 msgid ""
90738955 "Set signal information: copy a I<siginfo_t> structure from the address "
90748956 "I<data> in the tracer to the tracee. This will affect only signals that "
90758957 "would normally be delivered to the tracee and were caught by the tracer. It "
90768958 "may be difficult to tell these normal signals from synthetic signals "
90778959 "generated by B<ptrace>() itself. (I<addr> is ignored.)"
9078-msgstr ""
9079-"シグナル情報を設定する。 I<siginfo_t> 構造体を親プロセスのデータ I<data> の位"
9080-"置から 子プロセスにコピーする。 この処理を行うことができるのは、子プロセスに"
9081-"通常は配送されるはずで トレーサに捕捉されたシグナルについてだけである。 これ"
9082-"らの通常のシグナルと B<ptrace>() 自身が発生するシグナルを見分けるのは難しい"
9083-"かもしれない。 (I<addr> は無視される。)"
8960+msgstr "シグナル情報を設定する。 I<siginfo_t> 構造体を tracer のデータ I<data> のアドレスから tracee にコピーする。 この処理を行うことができるのは、 tracee に通常は配送されるはずで トレーサに捕捉されたシグナルについてだけである。 これらの通常のシグナルと B<ptrace>() 自身が発生するシグナルを見分けるのは難しいかもしれない。 (I<addr> は無視される。)"
90848961
90858962 #. type: TP
90868963 #: build/C/man2/ptrace.2:321
@@ -9194,22 +9071,12 @@ msgstr "B<PTRACE_O_TRACECLONE> (Linux 2.5.46 以降)"
91949071
91959072 #. type: Plain text
91969073 #: build/C/man2/ptrace.2:429
9197-#, fuzzy
9198-#| msgid ""
9199-#| "Stop the child at the next B<fork>(2) call with I<SIGTRAP | "
9200-#| "PTRACE_EVENT_FORK\\ E<lt>E<lt>\\ 8> and automatically start tracing the "
9201-#| "newly forked process, which will start with a B<SIGSTOP>. The PID for "
9202-#| "the new process can be retrieved with B<PTRACE_GETEVENTMSG>."
92039074 msgid ""
92049075 "Stop the tracee at the next B<clone>(2) and automatically start tracing the "
92059076 "newly cloned process, which will start with a B<SIGSTOP>, or "
92069077 "B<PTRACE_EVENT_STOP> if B<PTRACE_SEIZE> was used. A B<waitpid>(2) by the "
92079078 "tracer will return a I<status> value such that"
9208-msgstr ""
9209-"次の B<fork>(2) 呼び出し時に I<SIGTRAP | PTRACE_EVENT_FORK\\ E<lt>E<lt>\\ "
9210-"8> で 子プロセスの動作を停止させ、 新たに fork されたプロセスのトレースを自動"
9211-"的に開始し、 B<SIGSTOP> でそのプロセスの実行を開始する。 新しいプロセスの "
9212-"PID は B<PTRACE_GETEVENTMSG> で取得できる。"
9079+msgstr "次の B<clone>(2) 呼び出し時に tracee を停止し、 新しくクローンされたプロセスのトレースを自動的に開始し、 B<SIGSTOP> でプロセスの実行を開始する。 B<PTRACE_SEIZE> が使用された場合は B<PTRACE_EVENT_STOP> で開始する。 tracer による B<waitpid>(2) の呼び出しでは以下のような I<status> 値が返る。"
92139080
92149081 #. type: Plain text
92159082 #: build/C/man2/ptrace.2:432
@@ -9225,33 +9092,13 @@ msgstr "新規のプロセスの PID は B<PTRACE_GETEVENTMSG> で取得でき
92259092
92269093 #. type: Plain text
92279094 #: build/C/man2/ptrace.2:457
9228-#, fuzzy
9229-#| msgid ""
9230-#| "Stop the child at the next B<clone>(2) call with I<SIGTRAP | "
9231-#| "PTRACE_EVENT_CLONE\\ E<lt>E<lt>\\ 8> and automatically start tracing the "
9232-#| "newly cloned process, which will start with a B<SIGSTOP>. The PID for "
9233-#| "the new process can be retrieved with B<PTRACE_GETEVENTMSG>. This option "
9234-#| "may not catch B<clone>(2) calls in all cases. If the child calls "
9235-#| "B<clone>(2) with the B<CLONE_VFORK> flag, B<PTRACE_EVENT_VFORK> will be "
9236-#| "delivered instead if B<PTRACE_O_TRACEVFORK> is set; otherwise if the "
9237-#| "child calls B<clone>(2) with the exit signal set to B<SIGCHLD>, "
9238-#| "B<PTRACE_EVENT_FORK> will be delivered if B<PTRACE_O_TRACEFORK> is set."
92399095 msgid ""
92409096 "This option may not catch B<clone>(2) calls in all cases. If the tracee "
92419097 "calls B<clone>(2) with the B<CLONE_VFORK> flag, B<PTRACE_EVENT_VFORK> will "
92429098 "be delivered instead if B<PTRACE_O_TRACEVFORK> is set; otherwise if the "
92439099 "tracee calls B<clone>(2) with the exit signal set to B<SIGCHLD>, "
92449100 "B<PTRACE_EVENT_FORK> will be delivered if B<PTRACE_O_TRACEFORK> is set."
9245-msgstr ""
9246-"次の B<clone>(2) 呼び出し時に I<SIGTRAP | PTRACE_EVENT_CLONE\\ E<lt>E<lt> "
9247-"\\8> で 子プロセスの動作を停止させ、 新たに clone で作成されたプロセスのト"
9248-"レースを自動的に開始し、 B<SIGSTOP> でプロセスの実行を開始する。 新しいプロセ"
9249-"スの PID は B<PTRACE_GETEVENTMSG> で取得できる。 このオプションで全ての "
9250-"B<clone>(2) コールを捕まえられるわけではない。 子プロセスが B<CLONE_VFORK> "
9251-"フラグ付きで B<clone>(2) を呼び出した場合、 B<PTRACE_O_TRACEVFORK> が設定さ"
9252-"れていれば代わりに B<PTRACE_EVENT_VFORK> が配送される。 また、子プロセスが終"
9253-"了シグナルを B<SIGCHLD> に設定して B<clone>(2) を呼び出した場合は、 "
9254-"B<PTRACE_O_TRACEFORK> が設定されていれば B<PTRACE_EVENT_FORK> が配送される。"
9101+msgstr "このオプションで全ての B<clone>(2) コールを捕まえられるわけではない。 tracee が B<CLONE_VFORK> フラグ付きで B<clone>(2) を呼び出した場合、 B<PTRACE_O_TRACEVFORK> が設定されていれば代わりに B<PTRACE_EVENT_VFORK> が配送される。 また、 tracee が終了シグナルを B<SIGCHLD> に設定して B<clone>(2) を呼び出した場合は、 B<PTRACE_O_TRACEFORK> が設定されていれば B<PTRACE_EVENT_FORK> が配送される。"
92559102
92569103 #. type: TP
92579104 #: build/C/man2/ptrace.2:457
@@ -9291,7 +9138,7 @@ msgstr "B<PTRACE_O_TRACEEXIT> (Linux 2.5.60 以降)"
92919138 msgid ""
92929139 "Stop the tracee at exit. A B<waitpid>(2) by the tracer will return a "
92939140 "I<status> value such that"
9294-msgstr ""
9141+msgstr "exit 時に tracee を停止する。 tracer による B<waiting>(2) では以下のような I<status> 値が返る。"
92959142
92969143 #. type: Plain text
92979144 #: build/C/man2/ptrace.2:486
@@ -9302,33 +9149,17 @@ msgstr " statusE<gt>E<gt>8 == (SIGTRAP | (PTRACE_EVENT_EXITE<lt>E<lt>8))\n"
93029149 #. type: Plain text
93039150 #: build/C/man2/ptrace.2:490
93049151 msgid "The tracee's exit status can be retrieved with B<PTRACE_GETEVENTMSG>."
9305-msgstr ""
9152+msgstr "tracee の終了ステータスは B<PTRACE_GETEVENTMSG> で取得できる。"
93069153
93079154 #. type: Plain text
93089155 #: build/C/man2/ptrace.2:498
9309-#, fuzzy
9310-#| msgid ""
9311-#| "Stop the child at exit with I<SIGTRAP | PTRACE_EVENT_EXIT\\ E<lt>E<lt>\\ "
9312-#| "8>. The child's exit status can be retrieved with "
9313-#| "B<PTRACE_GETEVENTMSG>. This stop will be done early during process exit "
9314-#| "when registers are still available, allowing the tracer to see where the "
9315-#| "exit occurred, whereas the normal exit notification is done after the "
9316-#| "process is finished exiting. Even though context is available, the "
9317-#| "tracer cannot prevent the exit from happening at this point."
93189156 msgid ""
93199157 "The tracee is stopped early during process exit, when registers are still "
93209158 "available, allowing the tracer to see where the exit occurred, whereas the "
93219159 "normal exit notification is done after the process is finished exiting. "
93229160 "Even though context is available, the tracer cannot prevent the exit from "
93239161 "happening at this point."
9324-msgstr ""
9325-"終了 (exit) 時に I<SIGTRAP | PTRACE_EVENT_EXIT\\ E<lt>E<lt>\\ 8> で子プロセス"
9326-"の動作を停止させる。子プロセスの終了ステータスは B<PTRACE_GETEVENTMSG> で取得"
9327-"できる。 この停止はレジスターがまだ参照可能であるプロセス終了処理の初期に行わ"
9328-"れ、 トレーサはどこで終了が発生したかを知ることができる。 通常の終了通知 "
9329-"(exit notification) はプロセスの終了処理が完了した後に 行われる。コンテキスト"
9330-"を参照することはできるにも関わらず、 トレーサはこの時点から終了を止めることは"
9331-"できない。"
9162+msgstr "tracee の停止はレジスターがまだ参照可能であるプロセス終了処理の初期に行われ、 トレーサはどこで終了が発生したかを知ることができる。 通常の終了通知 (exit notification) はプロセスの終了処理が完了した後に 行われる。コンテキストを参照することはできるにも関わらず、 トレーサはこの時点から終了を止めることはできない。"
93329163
93339164 #. type: TP
93349165 #: build/C/man2/ptrace.2:498
@@ -9338,22 +9169,12 @@ msgstr "B<PTRACE_O_TRACEFORK> (Linux 2.5.46 以降)"
93389169
93399170 #. type: Plain text
93409171 #: build/C/man2/ptrace.2:515
9341-#, fuzzy
9342-#| msgid ""
9343-#| "Stop the child at the next B<fork>(2) call with I<SIGTRAP | "
9344-#| "PTRACE_EVENT_FORK\\ E<lt>E<lt>\\ 8> and automatically start tracing the "
9345-#| "newly forked process, which will start with a B<SIGSTOP>. The PID for "
9346-#| "the new process can be retrieved with B<PTRACE_GETEVENTMSG>."
93479172 msgid ""
93489173 "Stop the tracee at the next B<fork>(2) and automatically start tracing the "
93499174 "newly forked process, which will start with a B<SIGSTOP>, or "
93509175 "B<PTRACE_EVENT_STOP> if B<PTRACE_SEIZE> was used. A B<waitpid>(2) by the "
93519176 "tracer will return a I<status> value such that"
9352-msgstr ""
9353-"次の B<fork>(2) 呼び出し時に I<SIGTRAP | PTRACE_EVENT_FORK\\ E<lt>E<lt>\\ "
9354-"8> で 子プロセスの動作を停止させ、 新たに fork されたプロセスのトレースを自動"
9355-"的に開始し、 B<SIGSTOP> でそのプロセスの実行を開始する。 新しいプロセスの "
9356-"PID は B<PTRACE_GETEVENTMSG> で取得できる。"
9177+msgstr "次の B<fork>(2) 呼び出し時に tracee を停止し、 新しく fork されたプロセスのトレースを自動的に開始し、 B<SIGSTOP> でそのプロセスの実行を開始する。 B<PTRACE_SEIZE> が使用された場合は B<PTRACE_EVENT_STOP> で実行を開始する。 tracer による B<waitpid>(2) の呼び出しでは以下のような I<status> 値が返る。"
93579178
93589179 #. type: Plain text
93599180 #: build/C/man2/ptrace.2:518
@@ -9369,22 +9190,12 @@ msgstr "B<PTRACE_O_TRACESYSGOOD> (Linux 2.4.6 以降)"
93699190
93709191 #. type: Plain text
93719192 #: build/C/man2/ptrace.2:531
9372-#, fuzzy
9373-#| msgid ""
9374-#| "When delivering syscall traps, set bit 7 in the signal number (i.e., "
9375-#| "deliver I<SIGTRAP | 0x80>). This makes it easy for the tracer to tell "
9376-#| "the difference between normal traps and those caused by a syscall. "
9377-#| "(B<PTRACE_O_TRACESYSGOOD> may not work on all architectures.)"
93789193 msgid ""
93799194 "When delivering system call traps, set bit 7 in the signal number (i.e., "
93809195 "deliver I<SIGTRAP|0x80>). This makes it easy for the tracer to distinguish "
93819196 "normal traps from those caused by a system call. (B<PTRACE_O_TRACESYSGOOD> "
93829197 "may not work on all architectures.)"
9383-msgstr ""
9384-"システムコールのトラップが配送されたときに、シグナル番号のビット 7 を設定す"
9385-"る (すなわち、I<SIGTRAP | 0x80> を配送する)。 これにより、トレーサが通常のト"
9386-"ラップとシステムコールによるトラップを 区別しやすくなる。 "
9387-"(B<PTRACE_O_TRACESYSGOOD> はどのアーキテクチャーでも動作しない可能性がある。)"
9198+msgstr "システムコールのトラップが配送されたときに、シグナル番号のビット 7 を設定する (すなわち、I<SIGTRAP | 0x80> を配送する)。 これにより、トレーサが通常のトラップとシステムコールによるトラップを区別しやすくなる。 (B<PTRACE_O_TRACESYSGOOD> はどのアーキテクチャーでも動作しない可能性がある。)"
93889199
93899200 #. type: TP
93909201 #: build/C/man2/ptrace.2:531
@@ -9394,22 +9205,12 @@ msgstr "B<PTRACE_O_TRACEVFORK> (Linux 2.5.46 以降)"
93949205
93959206 #. type: Plain text
93969207 #: build/C/man2/ptrace.2:548
9397-#, fuzzy
9398-#| msgid ""
9399-#| "Stop the child at the next B<vfork>(2) call with I<SIGTRAP | "
9400-#| "PTRACE_EVENT_VFORK\\ E<lt>E<lt>\\ 8> and automatically start tracing the "
9401-#| "newly vforked process, which will start with a B<SIGSTOP>. The PID for "
9402-#| "the new process can be retrieved with B<PTRACE_GETEVENTMSG>."
94039208 msgid ""
94049209 "Stop the tracee at the next B<vfork>(2) and automatically start tracing the "
94059210 "newly vforked process, which will start with a B<SIGSTOP>, or "
94069211 "B<PTRACE_EVENT_STOP> if B<PTRACE_SEIZE> was used. A B<waitpid>(2) by the "
94079212 "tracer will return a I<status> value such that"
9408-msgstr ""
9409-"次の B<vfork>(2) 呼び出し時に I<SIGTRAP | PTRACE_EVENT_VFORK\\ E<lt>E<lt>\\ "
9410-"8> で 子プロセスの動作を停止させ、 新たに vfork されたプロセスのトレースを自"
9411-"動的に開始し、 B<SIGSTOP> でそのプロセスの実行を開始する。 新しいプロセスの "
9412-"PID は B<PTRACE_GETEVENTMSG> で取得できる。"
9213+msgstr "次の B<vfork>(2) 呼び出し時に tracee を停止し、 新しく vfork されたプロセスのトレースを自動的に開始し、 B<SIGSTOP> でそのプロセスの実行を開始する。 B<PTRACE_SEIZE> が使用された場合は B<PTRACE_EVENT_STOP> で実行を開始する。 tracer による B<waitpid>(2) の呼び出しでは以下のような I<status> 値が返る。"
94139214
94149215 #. type: Plain text
94159216 #: build/C/man2/ptrace.2:551
@@ -9451,21 +9252,11 @@ msgstr "B<PTRACE_O_TRACESECCOMP> (Linux 3.5 以降)"
94519252
94529253 #. type: Plain text
94539254 #: build/C/man2/ptrace.2:582
9454-#, fuzzy
9455-#| msgid ""
9456-#| "Stop the child at the next B<fork>(2) call with I<SIGTRAP | "
9457-#| "PTRACE_EVENT_FORK\\ E<lt>E<lt>\\ 8> and automatically start tracing the "
9458-#| "newly forked process, which will start with a B<SIGSTOP>. The PID for "
9459-#| "the new process can be retrieved with B<PTRACE_GETEVENTMSG>."
94609255 msgid ""
94619256 "Stop the tracee when a B<seccomp>(2) B<SECCOMP_RET_TRACE> rule is "
94629257 "triggered. A B<waitpid>(2) by the tracer will return a I<status> value "
94639258 "such that"
9464-msgstr ""
9465-"次の B<fork>(2) 呼び出し時に I<SIGTRAP | PTRACE_EVENT_FORK\\ E<lt>E<lt>\\ "
9466-"8> で 子プロセスの動作を停止させ、 新たに fork されたプロセスのトレースを自動"
9467-"的に開始し、 B<SIGSTOP> でそのプロセスの実行を開始する。 新しいプロセスの "
9468-"PID は B<PTRACE_GETEVENTMSG> で取得できる。"
9259+msgstr "B<seccomp>(2) B<SECCOMP_RET_TRACE> ルールが起動された場合に tracee を停止する。 tracer による B<waitpid>(2) の呼び出しでは以下のような I<status> 値が返る。"
94699260
94709261 #. type: Plain text
94719262 #: build/C/man2/ptrace.2:585
@@ -9491,15 +9282,6 @@ msgstr "B<PTRACE_GETEVENTMSG> (Linux 2.5.46 以降)"
94919282
94929283 #. type: Plain text
94939284 #: build/C/man2/ptrace.2:623
9494-#, fuzzy
9495-#| msgid ""
9496-#| "Retrieve a message (as an I<unsigned long>) about the ptrace event that "
9497-#| "just happened, placing it in the location I<data> in the parent. For "
9498-#| "B<PTRACE_EVENT_EXIT> this is the child's exit status. For "
9499-#| "B<PTRACE_EVENT_FORK>, B<PTRACE_EVENT_VFORK> and B<PTRACE_EVENT_CLONE> "
9500-#| "this is the PID of the new process. Since Linux 2.6.18, the PID of the "
9501-#| "new process is also available for B<PTRACE_EVENT_VFORK_DONE>. (I<addr> "
9502-#| "is ignored.)"
95039285 msgid ""
95049286 "Retrieve a message (as an I<unsigned long>) about the ptrace event that "
95059287 "just happened, placing it at the address I<data> in the tracer. For "
@@ -9509,13 +9291,7 @@ msgid ""
95099291 "B<PTRACE_EVENT_SECCOMP>, this is the B<seccomp>(2) filter's "
95109292 "B<SECCOMP_RET_DATA> associated with the triggered rule. (I<addr> is "
95119293 "ignored.)"
9512-msgstr ""
9513-"発生したばかりの ptrace イベントに関するメッセージを (I<unsigned long> 型で) "
9514-"取得する。 取得したメッセージは親プロセスの I<data> の位置に格納される。 得ら"
9515-"れる内容は、 B<PTRACE_EVENT_EXIT> の場合は子プロセスの終了ステータスであり、 "
9516-"B<PTRACE_EVENT_FORK>, B<PTRACE_EVENT_VFORK>, B<PTRACE_EVENT_CLONE> の場合は新"
9517-"しいプロセスの PID である。 Linux 2.6.18 以降では、新しいプロセスの PID は "
9518-"B<PTRACE_EVENT_VFORK_DONE> で入手できる。 (I<addr> は無視される。)"
9294+msgstr "発生したばかりの ptrace イベントに関するメッセージを (I<unsigned long> 型で) 取得する。 取得したメッセージは tracer の I<data> のアドレスに格納される。 格納される内容は、 B<PTRACE_EVENT_EXIT> の場合は tracee の終了ステータスである。 B<PTRACE_EVENT_FORK>, B<PTRACE_EVENT_VFORK>, B<PTRACE_EVENT_VFORK_DONE>, B<PTRACE_EVENT_CLONE> の場合は新しいプロセスの PID が格納される。 B<PTRACE_EVENT_SECCOMP> の場合は、起動されたルールに関連付けられた B<seccomp>(2) フィルターの B<SECCOMP_RET_DATA> が格納される。 (I<addr> は無視される。)"
95199295
95209296 #. type: TP
95219297 #: build/C/man2/ptrace.2:623
@@ -9525,25 +9301,13 @@ msgstr "B<PTRACE_CONT>"
95259301
95269302 #. type: Plain text
95279303 #: build/C/man2/ptrace.2:635
9528-#, fuzzy
9529-#| msgid ""
9530-#| "Restarts the stopped child process. If I<data> is nonzero and not "
9531-#| "B<SIGSTOP>, it is interpreted as a signal to be delivered to the child; "
9532-#| "otherwise, no signal is delivered. Thus, for example, the parent can "
9533-#| "control whether a signal sent to the child is delivered or not. (I<addr> "
9534-#| "is ignored.)"
95359304 msgid ""
95369305 "Restart the stopped tracee process. If I<data> is nonzero, it is "
95379306 "interpreted as the number of a signal to be delivered to the tracee; "
95389307 "otherwise, no signal is delivered. Thus, for example, the tracer can "
95399308 "control whether a signal sent to the tracee is delivered or not. (I<addr> "
95409309 "is ignored.)"
9541-msgstr ""
9542-"停止した子プロセスの実行を再開させる。 I<data> がゼロでなく、 B<SIGSTOP> でも"
9543-"なければ、 子プロセスに配送されるシグナルと解釈される。 ゼロや B<SIGSTOP> の"
9544-"場合はシグナルは配送されない。 これを使うと、例えば、親プロセスは 子プロセス"
9545-"に送られたシグナルを実際に配送するかどうかを 制御することができる。(I<addr> "
9546-"は無視される。)"
9310+msgstr "停止した tracee の実行を再開させる。 I<data> がゼロでない場合、 tracee に配送されるシグナル数と解釈される。 ゼロの場合はシグナルは配送されない。 これを使うと、例えば、 tracer は tracee に送られたシグナルを実際に配送するかどうかを 制御することができる。(I<addr> は無視される。)"
95479311
95489312 #. type: TP
95499313 #: build/C/man2/ptrace.2:635
@@ -9553,18 +9317,6 @@ msgstr "B<PTRACE_SYSCALL>, B<PTRACE_SINGLESTEP>"
95539317
95549318 #. type: Plain text
95559319 #: build/C/man2/ptrace.2:659
9556-#, fuzzy
9557-#| msgid ""
9558-#| "Restarts the stopped child as for B<PTRACE_CONT>, but arranges for the "
9559-#| "child to be stopped at the next entry to or exit from a system call, or "
9560-#| "after execution of a single instruction, respectively. (The child will "
9561-#| "also, as usual, be stopped upon receipt of a signal.) From the parent's "
9562-#| "perspective, the child will appear to have been stopped by receipt of a "
9563-#| "B<SIGTRAP>. So, for B<PTRACE_SYSCALL>, for example, the idea is to "
9564-#| "inspect the arguments to the system call at the first stop, then do "
9565-#| "another B<PTRACE_SYSCALL> and inspect the return value of the system call "
9566-#| "at the second stop. The I<data> argument is treated as for "
9567-#| "B<PTRACE_CONT>. (I<addr> is ignored.)"
95689320 msgid ""
95699321 "Restart the stopped tracee as for B<PTRACE_CONT>, but arrange for the tracee "
95709322 "to be stopped at the next entry to or exit from a system call, or after "
@@ -9575,16 +9327,7 @@ msgid ""
95759327 "the system call at the first stop, then do another B<PTRACE_SYSCALL> and "
95769328 "inspect the return value of the system call at the second stop. The I<data> "
95779329 "argument is treated as for B<PTRACE_CONT>. (I<addr> is ignored.)"
9578-msgstr ""
9579-"B<PTRACE_CONT> と同様に停止した子プロセスを再開する。ただし、 "
9580-"B<PTRACE_SYSCALL> の場合は子プロセスが 次にシステムコールに入るかシステムコー"
9581-"ルから抜けるかする時に、 B<PTRACE_SINGLESTEP> の場合は 1 命令 (instruction) "
9582-"実行した後に停止させる (通常どおり、子プロセスはシグナルを受け取った場合にも"
9583-"停止する)。 親プロセスから見ると、子プロセスは B<SIGTRAP> を受信して停止した"
9584-"ように見える。そのため、例えば B<PTRACE_SYSCALL> を使うと、1回目の停止で引き"
9585-"数を調べて B<PTRACE_SYSCALL> を実行し、 2回目の停止でシステムコールの返り値を"
9586-"調べる、 というようなことができる。 引き数 I<data> は B<PTRACE_CONT> の場合と"
9587-"同じ様に解釈される。 (I<addr> は無視される。)"
9330+msgstr "B<PTRACE_CONT> と同様に停止した tracee を再開する。ただし、 B<PTRACE_SYSCALL> の場合は tracee が 次にシステムコールに入るかシステムコールから抜けるかする時に、 B<PTRACE_SINGLESTEP> の場合は 1 命令 (instruction) 実行した後に停止させる (通常どおり、 tracee はシグナルを受け取った場合にも停止する)。 tracer から見ると、 tracee は B<SIGTRAP> を受信して停止したように見える。そのため、例えば B<PTRACE_SYSCALL> を使うと、1回目の停止で引き数を調べて B<PTRACE_SYSCALL> を実行し、 2回目の停止でシステムコールの返り値を調べる、 というようなことができる。 引き数 I<data> は B<PTRACE_CONT> の場合と同じ様に解釈される。 (I<addr> は無視される。)"
95889331
95899332 #. type: TP
95909333 #: build/C/man2/ptrace.2:659
@@ -9595,14 +9338,6 @@ msgstr "B<PTRACE_SYSEMU>, B<PTRACE_SYSEMU_SINGLESTEP> (Linux 2.6.14 以降)"
95959338 #. As at 3.7
95969339 #. type: Plain text
95979340 #: build/C/man2/ptrace.2:680
9598-#, fuzzy
9599-#| msgid ""
9600-#| "For B<PTRACE_SYSEMU>, continue and stop on entry to the next syscall, "
9601-#| "which will not be executed. For B<PTRACE_SYSEMU_SINGLESTEP>, do the same "
9602-#| "but also singlestep if not a syscall. This call is used by programs like "
9603-#| "User Mode Linux that want to emulate all the child's system calls. The "
9604-#| "I<data> argument is treated as for B<PTRACE_CONT>. (I<addr> is ignored; "
9605-#| "not supported on all architectures.)"
96069341 msgid ""
96079342 "For B<PTRACE_SYSEMU>, continue and stop on entry to the next system call, "
96089343 "which will not be executed. For B<PTRACE_SYSEMU_SINGLESTEP>, do the same "
@@ -9610,14 +9345,7 @@ msgid ""
96109345 "like User Mode Linux that want to emulate all the tracee's system calls. "
96119346 "The I<data> argument is treated as for B<PTRACE_CONT>. The I<addr> argument "
96129347 "is ignored. These requests are currently supported only on x86."
9613-msgstr ""
9614-"B<PTRACE_SYSEMU> は、実行を再開し、次のシステムコールに入る時に停止させる。 "
9615-"システムコールは実行されない。 B<PTRACE_SYSEMU_SINGLESTEP> も同様だが、システ"
9616-"ムコールでない場合には 1 命令 (singlestep) だけ実行した時点でも停止させる。 "
9617-"このコールは User Mode Linux のように子プロセスのシステムコールを全て エミュ"
9618-"レートしようとするプログラムで使用される。 引き数 I<data> は B<PTRACE_CONT> "
9619-"の場合と同じ様に解釈される。 (I<addr> は無視される。 全てのアーキテクチャーで"
9620-"サポートされているわけではない。)"
9348+msgstr "B<PTRACE_SYSEMU> は、実行を再開し、次のシステムコールに入る時に停止させる。 システムコールは実行されない。 B<PTRACE_SYSEMU_SINGLESTEP> も同様だが、システムコールでない場合には 1 命令 (singlestep) だけ実行した時点でも停止させる。 このコールは User Mode Linux のように tracee のシステムコールを全て エミュレートしようとするプログラムで使用される。 引き数 I<data> は B<PTRACE_CONT> の場合と同じ様に解釈される。 I<addr> 引き数は無視される。 現在のところこれらの要求は x86 でのみサポートされている。"
96219349
96229350 #. type: TP
96239351 #: build/C/man2/ptrace.2:680
@@ -9643,15 +9371,10 @@ msgstr "B<PTRACE_KILL>"
96439371
96449372 #. type: Plain text
96459373 #: build/C/man2/ptrace.2:700
9646-#, fuzzy
9647-#| msgid ""
9648-#| "Sends the child a B<SIGKILL> to terminate it. (I<addr> and I<data> are "
9649-#| "ignored.)"
96509374 msgid ""
96519375 "Send the tracee a B<SIGKILL> to terminate it. (I<addr> and I<data> are "
96529376 "ignored.)"
9653-msgstr ""
9654-"子プロセスに B<SIGKILL> を送り終了させる。(I<addr> と I<data> は無視される。)"
9377+msgstr "tracee に B<SIGKILL> を送り終了させる。(I<addr> と I<data> は無視される。)"
96559378
96569379 #. [Note from Denys Vlasenko:
96579380 #. deprecation suggested by Oleg Nesterov. He prefers to deprecate it
@@ -9740,23 +9463,11 @@ msgstr "B<PTRACE_DETACH>"
97409463
97419464 #. type: Plain text
97429465 #: build/C/man2/ptrace.2:804
9743-#, fuzzy
9744-#| msgid ""
9745-#| "Restarts the stopped child as for B<PTRACE_CONT>, but first detaches from "
9746-#| "the process, undoing the reparenting effect of B<PTRACE_ATTACH>, and the "
9747-#| "effects of B<PTRACE_TRACEME>. Although perhaps not intended, under Linux "
9748-#| "a traced child can be detached in this way regardless of which method was "
9749-#| "used to initiate tracing. (I<addr> is ignored.)"
97509466 msgid ""
97519467 "Restart the stopped tracee as for B<PTRACE_CONT>, but first detach from it. "
97529468 "Under Linux, a tracee can be detached in this way regardless of which method "
97539469 "was used to initiate tracing. (I<addr> is ignored.)"
9754-msgstr ""
9755-"B<PTRACE_CONT> と同様に停止した子プロセスを再開する。ただし まずそのプロセス"
9756-"からの分離 (detach) を行い、 B<PTRACE_ATTACH> での親の切り換えによる効果と "
9757-"B<PTRACE_TRACEME> の効果を取り消す。意図したものではないだろうが、 Linux で"
9758-"は、トレースされている子プロセスはどのような方法でトレースを 開始されたとして"
9759-"も、この方法で分離 (detach) することができる。 (I<addr> は無視される。)"
9470+msgstr "B<PTRACE_CONT> と同様に停止した tracee を再開するが、 まずそのプロセスからの分離 (detach) を行う。 Linux では、トレースされている tracee はどのような方法でトレースを開始されたとしても、この方法で分離 (detach) することができる。 (I<addr> は無視される。)"
97609471
97619472 #. type: SS
97629473 #: build/C/man2/ptrace.2:804
@@ -10942,28 +10653,16 @@ msgstr ""
1094210653 msgid ""
1094310654 "On success, the B<PTRACE_PEEK*> requests return the requested data (but see "
1094410655 "NOTES), while other requests return zero."
10945-msgstr ""
10656+msgstr "成功すると B<PTRACE_PEEK*> の場合は要求したデータを返し (「注意」を参照)、 それ以外の場合は 0 を返す。"
1094610657
1094710658 #. type: Plain text
1094810659 #: build/C/man2/ptrace.2:1911
10949-#, fuzzy
10950-#| msgid ""
10951-#| "On success, B<PTRACE_PEEK*> requests return the requested data, while "
10952-#| "other requests return zero. On error, all requests return -1, and "
10953-#| "I<errno> is set appropriately. Since the value returned by a successful "
10954-#| "B<PTRACE_PEEK*> request may be -1, the caller must check I<errno> after "
10955-#| "such requests to determine whether or not an error occurred."
1095610660 msgid ""
1095710661 "On error, all requests return -1, and I<errno> is set appropriately. Since "
1095810662 "the value returned by a successful B<PTRACE_PEEK*> request may be -1, the "
1095910663 "caller must clear I<errno> before the call, and then check it afterward to "
1096010664 "determine whether or not an error occurred."
10961-msgstr ""
10962-"成功すると、 B<PTRACE_PEEK*> の場合は要求したデータを返し、 それ以外の場合は "
10963-"0 を返す。 エラーの場合は -1 を返し、 I<errno> が適切に設定される。 "
10964-"B<PTRACE_PEEK*> が成功して返す値も -1 になることがあるため、 そのような要求"
10965-"の場合には、呼び出し元は I<errno> を調べ、エラーか発生したのかどうかを判断し"
10966-"なければならない。"
10665+msgstr "エラーの場合は -1 を返し、 I<errno> が適切に設定される。 B<PTRACE_PEEK*> が成功して返す値も-1 になることがあるため、 呼び出し元は呼び出しを行う前に I<errno> をクリアして、 あとで I<errno> を調べ、エラーか発生したのかどうかを判断しなければならない。"
1096710666
1096810667 #. type: Plain text
1096910668 #: build/C/man2/ptrace.2:1915
@@ -10973,22 +10672,12 @@ msgstr "(i386 のみ) デバッグレジスターの確保または解放でエ
1097310672
1097410673 #. type: Plain text
1097510674 #: build/C/man2/ptrace.2:1926
10976-#, fuzzy
10977-#| msgid ""
10978-#| "There was an attempt to read from or write to an invalid area in the "
10979-#| "parent's or child's memory, probably because the area wasn't mapped or "
10980-#| "accessible. Unfortunately, under Linux, different variations of this "
10981-#| "fault will return B<EIO> or B<EFAULT> more or less arbitrarily."
1098210675 msgid ""
1098310676 "There was an attempt to read from or write to an invalid area in the "
1098410677 "tracer's or the tracee's memory, probably because the area wasn't mapped or "
1098510678 "accessible. Unfortunately, under Linux, different variations of this fault "
1098610679 "will return B<EIO> or B<EFAULT> more or less arbitrarily."
10987-msgstr ""
10988-"親プロセスまたは子プロセスのメモリーの不正な領域に読み書きしようとした。 おそ"
10989-"らくその領域がマッピングされていないか、 その領域へのアクセスが許されていない"
10990-"かである。 不運なことに、Linux ではこのようなエラーの場合、多かれ少なかれ 恣"
10991-"意的に B<EIO> を返したり B<EFAULT> を返したりすることがある。"
10680+msgstr "tracer または tracee のメモリーの不正な領域に読み書きしようとした。 おそらくその領域がマッピングされていないか、 その領域へのアクセスが許されていないかである。 不運なことに、Linux ではこのようなエラーの場合、多かれ少なかれ 恣意的に B<EIO> を返したり B<EFAULT> を返したりすることがある。"
1099210681
1099310682 #. type: Plain text
1099410683 #: build/C/man2/ptrace.2:1929
@@ -10997,32 +10686,15 @@ msgstr "不正なオプションを設定しようとした。"
1099710686
1099810687 #. type: Plain text
1099910688 #: build/C/man2/ptrace.2:1936
11000-#, fuzzy
11001-#| msgid ""
11002-#| "I<request> is invalid, or an attempt was made to read from or write to an "
11003-#| "invalid area in the parent's or child's memory, or there was a word-"
11004-#| "alignment violation, or an invalid signal was specified during a restart "
11005-#| "request."
1100610689 msgid ""
1100710690 "I<request> is invalid, or an attempt was made to read from or write to an "
1100810691 "invalid area in the tracer's or the tracee's memory, or there was a word-"
1100910692 "alignment violation, or an invalid signal was specified during a restart "
1101010693 "request."
11011-msgstr ""
11012-"I<request> が不正である。 または、親プロセスまたは子プロセスのメモリーの 不正"
11013-"な領域に読み書きしようとした。 または、ワード境界違反があった。 または、実行"
11014-"再開の要求で不正なシグナルを指定した。"
10694+msgstr "I<request> が不正である。 または、tracer または tracee のメモリーの 不正な領域に読み書きしようとした。 または、ワード境界違反があった。 または、実行再開の要求で不正なシグナルを指定した。"
1101510695
1101610696 #. type: Plain text
1101710697 #: build/C/man2/ptrace.2:1949
11018-#, fuzzy
11019-#| msgid ""
11020-#| "The specified process cannot be traced. This could be because the parent "
11021-#| "has insufficient privileges (the required capability is "
11022-#| "B<CAP_SYS_PTRACE>); unprivileged processes cannot trace processes that "
11023-#| "they cannot send signals to or those running set-user-ID/set-group-ID "
11024-#| "programs, for obvious reasons. Alternatively, the process may already be "
11025-#| "being traced, or be B<init>(8) (PID 1)."
1102610698 msgid ""
1102710699 "The specified process cannot be traced. This could be because the tracer "
1102810700 "has insufficient privileges (the required capability is B<CAP_SYS_PTRACE>); "
@@ -11030,27 +10702,14 @@ msgid ""
1103010702 "to or those running set-user-ID/set-group-ID programs, for obvious reasons. "
1103110703 "Alternatively, the process may already be being traced, or (on kernels "
1103210704 "before 2.6.26) be B<init>(1) (PID 1)."
11033-msgstr ""
11034-"指定したプロセスをトレースすることができない。これは親プロセスが 必要な権限 "
11035-"(必要なケーパビリティは B<CAP_SYS_PTRACE>) を持っていないことが原因の場合が"
11036-"ある。 分かりやすい理由を挙げるなら、 非特権プロセスはシグナルを送ることがで"
11037-"きないプロセスをトレースできないし、 set-user-ID/set-group-ID プログラムを実"
11038-"行しているプロセスはトレースできない。 または、プロセスはすでにトレース中であ"
11039-"る、 または B<init>(8) プロセス (PID が 1) である。"
10705+msgstr "指定したプロセスをトレースすることができない。これは tracer が 必要な権限 (必要なケーパビリティは B<CAP_SYS_PTRACE>) を持っていないことが原因の場合がある。 分かりやすい理由を挙げるなら、 非特権プロセスはシグナルを送ることができないプロセスをトレースできないし、 set-user-ID/set-group-ID プログラムを実行しているプロセスはトレースできない。 または、プロセスはすでにトレース中である、 または (カーネル 2.6.26 より前では) B<init>(1) プロセス (PID が 1) である。"
1104010706
1104110707 #. type: Plain text
1104210708 #: build/C/man2/ptrace.2:1954
11043-#, fuzzy
11044-#| msgid ""
11045-#| "The specified process does not exist, or is not currently being traced by "
11046-#| "the caller, or is not stopped (for requests that require that)."
1104710709 msgid ""
1104810710 "The specified process does not exist, or is not currently being traced by "
1104910711 "the caller, or is not stopped (for requests that require a stopped tracee)."
11050-msgstr ""
11051-"指定したプロセスが存在しない。 または、指定したプロセスは呼び出したプロセス"
11052-"が 現在トレース中の子プロセスではない。 または、指定したプロセスが停止してい"
11053-"ない (停止していることが必要な要求の場合)。"
10712+msgstr "指定したプロセスが存在しない。 または、指定したプロセスは呼び出したプロセスがトレース中のプロセスではない。 または、指定したプロセスが停止していない (tracee が停止していることが必要な要求の場合)。"
1105410713
1105510714 #. type: Plain text
1105610715 #: build/C/man2/ptrace.2:1956
@@ -11059,25 +10718,13 @@ msgstr "SVr4, 4.3BSD."
1105910718
1106010719 #. type: Plain text
1106110720 #: build/C/man2/ptrace.2:1971
11062-#, fuzzy
11063-#| msgid ""
11064-#| "Although arguments to B<ptrace>() are interpreted according to the "
11065-#| "prototype given, glibc currently declares B<ptrace>() as a variadic "
11066-#| "function with only the I<request> argument fixed. This means that "
11067-#| "unneeded trailing arguments may be omitted, though doing so makes use of "
11068-#| "undocumented B<gcc>(1) behavior."
1106910721 msgid ""
1107010722 "Although arguments to B<ptrace>() are interpreted according to the "
1107110723 "prototype given, glibc currently declares B<ptrace>() as a variadic "
1107210724 "function with only the I<request> argument fixed. It is recommended to "
1107310725 "always supply four arguments, even if the requested operation does not use "
1107410726 "them, setting unused/ignored arguments to I<0L> or I<(void\\ *)\\ 0>."
11075-msgstr ""
11076-"B<ptrace>() の引き数は上のようなプロトタイプに基づいて解釈されるが、 glibc "
11077-"では、現在のところ B<ptrace>() は I<request> 引き数だけが固定の可変長引き数"
11078-"関数として 宣言されている。 これは必要なければ残りの引き数は省略可能であるこ"
11079-"とを意味するが、 それは B<gcc>(1) の明文化されていない動作を利用していること"
11080-"になる。"
10727+msgstr "B<ptrace>() の引き数は上のようなプロトタイプに基づいて解釈されるが、 glibc では、現在のところ B<ptrace>() は I<request> 引き数だけが固定の可変長引き数関数として宣言されている。 要求する操作が引き数を使用しない場合であっても、 未使用や無視される引き数には I<0L> や I<(void\\ *)\\ 0> を設定して、 4 つの引き数を常に省略せずに指定することを推奨する。"
1108110728
1108210729 #. See commit 00cd5c37afd5f431ac186dd131705048c0a11fdb
1108310730 #. type: Plain text
@@ -11303,14 +10950,6 @@ msgstr "B<int quotactl(int >I<cmd>B<, const char *>I<special>B<, int >I<id>B<, c
1130310950
1130410951 #. type: Plain text
1130510952 #: build/C/man2/quotactl.2:49
11306-#, fuzzy
11307-#| msgid ""
11308-#| "The quota system defines for each user and/or group a soft limit and a "
11309-#| "hard limit bounding the amount of disk space that can be used on a given "
11310-#| "file system. The hard limit cannot be crossed. The soft limit can be "
11311-#| "crossed, but warnings will ensue. Moreover, the user cannot be above the "
11312-#| "soft limit for more than one week (by default) at a time: after this "
11313-#| "week the soft limit counts as hard limit."
1131410953 msgid ""
1131510954 "The quota system can be used to set per-user and per-group limits on the "
1131610955 "amount of disk space used on a filesystem. For each user and/or group, a "
@@ -11320,21 +10959,9 @@ msgid ""
1132010959 "week (by default) at a time; after this time, the soft limit counts as a "
1132110960 "hard limit."
1132210961 msgstr ""
11323-"quota システムは、各々のユーザー及び/またはグループに対して、 ソフトリミット"
11324-"及びハードリミットを定める。これはあるファイルシステムで 使用する事が出来る"
11325-"ディスク容量を制限する。 ハードリミットは超過することは出来ない。 ソフトリ"
11326-"ミットは超過する事が出来るが、警告が発せられる。 更に、(デフォルトでは) 一週"
11327-"間以上ソフトリミットを超過したままに しておく事はできない: 一週間経過した後は"
11328-"ハードリミットを超過したと みなされる。"
1132910962
1133010963 #. type: Plain text
1133110964 #: build/C/man2/quotactl.2:74
11332-#, fuzzy
11333-#| msgid ""
11334-#| "The B<quotactl>() system call manipulates these quota. Its first "
11335-#| "argument is of the form B<QCMD(>I<subcmd>B<,>I<type>B<)> where I<type> is "
11336-#| "either B<USRQUOTA> or B<GRPQUOTA> (for user quota and group quota, "
11337-#| "respectively), and I<subcmd> is described below."
1133810965 msgid ""
1133910966 "The B<quotactl>() call manipulates disk quotas. The I<cmd> argument "
1134010967 "indicates a command to be applied to the user or group ID specified in "
@@ -11342,10 +10969,6 @@ msgid ""
1134210969 "macro. The I<type> value is either B<USRQUOTA>, for user quotas, or "
1134310970 "B<GRPQUOTA>, for group quotas. The I<subcmd> value is described below."
1134410971 msgstr ""
11345-"B<quotactl>() システムコールはこれらの quota に対する操作を行なう。 最初の引"
11346-"き数は B<QCMD(>I<subcmd>B<,>I<type>B<)> という形式である。 I<type> には、ユー"
11347-"ザー quota については B<USRQUOTA> を、グループ quota については B<GRPQUOTA> "
11348-"を指定する。 I<subcmd> は以下で説明する。"
1134910972
1135010973 #. type: Plain text
1135110974 #: build/C/man2/quotactl.2:79
@@ -11449,17 +11072,11 @@ msgstr "B<Q_GETQUOTA>"
1144911072
1145011073 #. type: Plain text
1145111074 #: build/C/man2/quotactl.2:142
11452-#, fuzzy
11453-#| msgid ""
11454-#| "Get limits and current usage of disk space. The I<addr> argument is a "
11455-#| "pointer to a dqblk structure (defined in I<E<lt>sys/quota.hE<gt>>)."
1145611075 msgid ""
1145711076 "Get disk quota limits and current usage for user or group I<id>. The "
1145811077 "I<addr> argument is a pointer to a I<dqblk> structure defined in I<E<lt>sys/"
1145911078 "quota.hE<gt>> as follows:"
1146011079 msgstr ""
11461-"ディスク使用量の制限値と現在の使用量を得る。 I<addr> 引き数は (I<E<lt>sys/"
11462-"quota.hE<gt>> で定義された) dqblk 構造体を指すポインターである。"
1146311080
1146411081 #. type: Plain text
1146511082 #: build/C/man2/quotactl.2:147 build/C/man2/quotactl.2:234
@@ -11553,17 +11170,11 @@ msgstr "B<Q_GETINFO>"
1155311170
1155411171 #. type: Plain text
1155511172 #: build/C/man2/quotactl.2:229
11556-#, fuzzy
11557-#| msgid ""
11558-#| "Get limits and current usage of disk space. The I<addr> argument is a "
11559-#| "pointer to a dqblk structure (defined in I<E<lt>sys/quota.hE<gt>>)."
1156011173 msgid ""
1156111174 "Get information (like grace times) about quotafile. The I<addr> argument "
1156211175 "should be a pointer to a I<dqinfo> structure. This structure is defined in "
1156311176 "I<E<lt>sys/quota.hE<gt>> as follows:"
1156411177 msgstr ""
11565-"ディスク使用量の制限値と現在の使用量を得る。 I<addr> 引き数は (I<E<lt>sys/"
11566-"quota.hE<gt>> で定義された) dqblk 構造体を指すポインターである。"
1156711178
1156811179 #. type: Plain text
1156911180 #: build/C/man2/quotactl.2:238
@@ -13240,233 +12851,3 @@ msgstr ""
1324012851 #: build/C/man2/vmsplice.2:167
1324112852 msgid "B<splice>(2), B<tee>(2)"
1324212853 msgstr "B<splice>(2), B<tee>(2)"
13243-
13244-#~ msgid "2014-05-10"
13245-#~ msgstr "2014-05-10"
13246-
13247-#~ msgid "B<PERF_RECORD_MISC_MMAP_DATA>"
13248-#~ msgstr "B<PERF_RECORD_MISC_MMAP_DATA>"
13249-
13250-#~ msgid ""
13251-#~ "These system calls were added in Linux 2.6.17. No library support is "
13252-#~ "provided; use B<syscall>(2)."
13253-#~ msgstr ""
13254-#~ "これらのシステムコールは Linux 2.6.17 で追加された。ライブラリによる\n"
13255-#~ "サポートは提供されていない。 B<syscall>(2) を使うこと。"
13256-
13257-#~ msgid "B<PERF_FLAG_FD_OUTPUT>"
13258-#~ msgstr "B<PERF_FLAG_FD_OUTPUT>"
13259-
13260-#~ msgid "2014-04-17"
13261-#~ msgstr "2014-04-17"
13262-
13263-#~ msgid "2014-05-05"
13264-#~ msgstr "2014-05-05"
13265-
13266-#~ msgid "2014-02-20"
13267-#~ msgstr "2014-02-20"
13268-
13269-#~ msgid "2012-07-19"
13270-#~ msgstr "2012-07-19"
13271-
13272-#~ msgid "2012-05-04"
13273-#~ msgstr "2012-05-04"
13274-
13275-#~ msgid "2013-12-12"
13276-#~ msgstr "2013-12-12"
13277-
13278-#~ msgid "2012-04-25"
13279-#~ msgstr "2012-04-25"
13280-
13281-#~ msgid ""
13282-#~ "This function will return the current B<personality>() when I<persona> "
13283-#~ "equals 0xffffffff. Otherwise, it will make the execution domain "
13284-#~ "referenced by I<persona> the new execution domain of the calling process."
13285-#~ msgstr ""
13286-#~ "B<personality ()> 関数は、 I<persona> が 0xffffffff の場合は現在の B<パー"
13287-#~ "ソナリティ> を返す。 それ以外の場合、 I<persona> により参照される実行ドメ"
13288-#~ "インを、 呼び出し元のプロセスの新しい実行ドメインとする。"
13289-
13290-#~ msgid ""
13291-#~ "Depending on which operation was executed, the returned value for a "
13292-#~ "successful call can have differing meanings."
13293-#~ msgstr "どの操作が実行されたかによって、 成功時の返り値の意味が変わる。"
13294-
13295-#~ msgid ""
13296-#~ "Returns 0 if the process was woken by a B<FUTEX_WAKE> call. In case of "
13297-#~ "timeout, the operation fails with the error B<ETIMEDOUT>. If the futex "
13298-#~ "was not equal to the expected value, the operation fails with the error "
13299-#~ "B<EWOULDBLOCK>. Signals (see B<signal>(7)) or other spurious wakeups "
13300-#~ "cause B<FUTEX_WAIT> to fail with the error B<EINTR>."
13301-#~ msgstr ""
13302-#~ "プロセスが B<FUTEX_WAKE> の呼び出しで wake すると 0 を返す。 タイムアウト"
13303-#~ "の場合、操作はエラー B<ETIMEOUT> で失敗する。 futex が指定された値と等しく"
13304-#~ "ない場合、 エラー B<EWOULDBLOCK> で失敗する。 シグナルを受信するか "
13305-#~ "(B<signal>(7) 参照) 他の偽の wake があった場合には、エラー B<EINTR> で失"
13306-#~ "敗する。"
13307-
13308-#~ msgid "An operation was not defined or error in page alignment."
13309-#~ msgstr ""
13310-#~ "操作が定義されていない。またはページアラインメントでエラーが発生した。"
13311-
13312-#~ msgid ""
13313-#~ "Stop the child at the next B<execve>(2) call with I<SIGTRAP | "
13314-#~ "PTRACE_EVENT_EXEC\\ E<lt>E<lt>\\ 8>."
13315-#~ msgstr ""
13316-#~ "次の B<execve>(2) 呼び出し時に I<SIGTRAP | PTRACE_EVENT_EXEC\\ E<lt>E<lt>"
13317-#~ "\\ 8> で子プロセスの動作を停止させる。"
13318-
13319-#~ msgid ""
13320-#~ "Stop the child at the completion of the next B<vfork>(2) call with "
13321-#~ "I<SIGTRAP | PTRACE_EVENT_VFORK_DONE\\ E<lt>E<lt>\\ 8>."
13322-#~ msgstr ""
13323-#~ "次の B<vfork>(2) 呼び出し時に I<SIGTRAP | PTRACE_EVENT_VFORK_DONE\\ "
13324-#~ "E<lt>E<lt>\\ 8> で子プロセスの動作を停止させる。"
13325-
13326-#~ msgid ""
13327-#~ "Attaches to the process specified in I<pid>, making it a traced \"child\" "
13328-#~ "of the calling process; the behavior of the child is as if it had done a "
13329-#~ "B<PTRACE_TRACEME>. The calling process actually becomes the parent of "
13330-#~ "the child process for most purposes (e.g., it will receive notification "
13331-#~ "of child events and appears in B<ps>(1) output as the child's parent), "
13332-#~ "but a B<getppid>(2) by the child will still return the PID of the "
13333-#~ "original parent. The child is sent a B<SIGSTOP>, but will not "
13334-#~ "necessarily have stopped by the completion of this call; use B<wait>(2) "
13335-#~ "to wait for the child to stop. (I<addr> and I<data> are ignored.)"
13336-#~ msgstr ""
13337-#~ "I<pid> で指定されたプロセスに接続 (attach) し、それを呼び出し元のプロセス"
13338-#~ "の 子プロセスとしてトレースできるようにする。子プロセスは "
13339-#~ "B<PTRACE_TRACEME> したかのように振舞う。呼び出し元のプロセスはそのほとんど"
13340-#~ "の目的において、 その子プロセスの実際の親になる (例えば、子プロセスのイベ"
13341-#~ "ントの 通知を受けとったり、 B<ps>(1) で親として表示されたりする)。しか"
13342-#~ "し、子プロセスで B<getppid>(2) を実行した場合には元の親プロセスの PID が"
13343-#~ "返される。 子プロセスには B<SIGSTOP> が送られるが、この呼び出しが完了する"
13344-#~ "までに 必ずしも停止するとは限らない。子プロセスの停止を待つには "
13345-#~ "B<wait>(2) を使用すること。(I<addr> と I<data> は無視される。)"
13346-
13347-#~ msgid ""
13348-#~ "Tracing causes a few subtle differences in the semantics of traced "
13349-#~ "processes. For example, if a process is attached to with "
13350-#~ "B<PTRACE_ATTACH>, its original parent can no longer receive notification "
13351-#~ "via B<wait>(2) when it stops, and there is no way for the new parent to "
13352-#~ "effectively simulate this notification."
13353-#~ msgstr ""
13354-#~ "トレースすることによってトレースされるプロセスの動作に些細な違いが 起こる"
13355-#~ "ことがある。例えば、プロセスが B<PTRACE_ATTACH> によって接続された場合に"
13356-#~ "は、そのプロセスが停止した時でも本来の親は B<wait>(2) を使って通知を受け"
13357-#~ "ることができず、新しい親が効率よく この通知を真似る方法もない。"
13358-
13359-#~ msgid ""
13360-#~ "When the parent receives an event with B<PTRACE_EVENT_*> set, the child "
13361-#~ "is not in the normal signal delivery path. This means the parent cannot "
13362-#~ "do B<ptrace>(PTRACE_CONT) with a signal or B<ptrace>(PTRACE_KILL). "
13363-#~ "B<kill>(2) with a B<SIGKILL> signal can be used instead to kill the "
13364-#~ "child process after receiving one of these messages."
13365-#~ msgstr ""
13366-#~ "親プロセスが B<PTRACE_EVENT_*> がセットされたイベントを受信した場合、 子プ"
13367-#~ "ロセスは通常通りのシグナル配送が行われる状態にない。 つまり、親プロセス"
13368-#~ "が、 シグナルにより B<ptrace>(PTRACE_CONT) を行ったり、 "
13369-#~ "B<ptrace>(PTRACE_KILL) を行ったりできないということである。 こららのメッ"
13370-#~ "セージの受信後は、子プロセスを終了 (kill) するのに、 シグナル B<SIGKILL> "
13371-#~ "を指定して B<kill>(2) を行う方法を代わりに使用できる。"
13372-
13373-#~ msgid ""
13374-#~ "The SunOS man page describes B<ptrace>() as \"unique and arcane\", which "
13375-#~ "it is. The proc-based debugging interface present in Solaris 2 "
13376-#~ "implements a superset of B<ptrace>() functionality in a more powerful "
13377-#~ "and uniform way."
13378-#~ msgstr ""
13379-#~ "SunOS のマニュアルページには B<ptrace>() は「独特で不可解」と記述されてお"
13380-#~ "り、まさしくそうである。 Solaris 2 では proc ベースの デバッグのインター"
13381-#~ "フェースとして B<ptrace>() の上位互換関数が実装され、より強力で一貫性のあ"
13382-#~ "るものとなっている。"
13383-
13384-#~ msgid ""
13385-#~ "The second argument I<special> is the block special device these quota "
13386-#~ "apply to. It must be mounted."
13387-#~ msgstr ""
13388-#~ "二番目の引き数 I<special> は quota を適用するデバイスのブロックスペシャル"
13389-#~ "ファイルである。 そのデバイスはマウントされていなくてはならない。"
13390-
13391-#~ msgid ""
13392-#~ "The third argument I<id> is the user or group ID these quota apply to "
13393-#~ "(when relevant)."
13394-#~ msgstr ""
13395-#~ "三番目の引き数 I<id> には、(必要な場合に) quota を適用するユーザーもしくは"
13396-#~ "グループの ID を指定する。"
13397-
13398-#~ msgid ""
13399-#~ "The fourth argument I<addr> is the address of a data structure, depending "
13400-#~ "on the command."
13401-#~ msgstr ""
13402-#~ "四番目の引き数 I<addr> には、コマンドごとに異ったデータ構造体のアドレスを"
13403-#~ "指定する。"
13404-
13405-#~ msgid ""
13406-#~ "Enable quota. The I<addr> argument is the pathname of the file "
13407-#~ "containing the quota for the file system."
13408-#~ msgstr ""
13409-#~ "quota を有効にする。 I<addr> 引き数には、そのファイルシステムの quota が記"
13410-#~ "録されているファイルの パス名を指定する。"
13411-
13412-#~ msgid "Disable quota."
13413-#~ msgstr "quota を無効にする。"
13414-
13415-#~ msgid "Set limits and current usage; I<addr> is as before."
13416-#~ msgstr "制限値と現在の使用量を設定する: I<addr> は同上。"
13417-
13418-#~ msgid "Set limits; I<addr> is as before."
13419-#~ msgstr "制限値を設定する; I<addr> は同上。"
13420-
13421-#~ msgid "Set usage."
13422-#~ msgstr "使用量を設定する。"
13423-
13424-#~ msgid "Sync disk copy of a file system's quota."
13425-#~ msgstr "ファイルシステムの quota ファイルをディスクと同期させる。"
13426-
13427-#~ msgid "Get collected stats."
13428-#~ msgstr "収集された統計を取得する。"
13429-
13430-#~ msgid ""
13431-#~ "On success, B<quotactl>() returns 0. On error, -1 is returned, and "
13432-#~ "I<errno> is set appropriately."
13433-#~ msgstr ""
13434-#~ "B<quotactl>() は、成功時には 0 を返す。エラー時は、-1 を返すとともに、 "
13435-#~ "I<errno> が適切な値に設定される。"
13436-
13437-#~ msgid "B<Q_QUOTAON> was asked, but quotas were enabled already."
13438-#~ msgstr "B<Q_QUOTAON> の要求がなされたが、quota(s) は既に有効になっている。"
13439-
13440-#~ msgid "Bad I<addr> value."
13441-#~ msgstr "I<addr> の値に誤りがある。"
13442-
13443-#~ msgid ""
13444-#~ "I<type> is not a known quota type. Or, I<special> could not be found."
13445-#~ msgstr ""
13446-#~ "I<type> が既知の quota の形式ではない。もしくは、 I<special> デバイスが見"
13447-#~ "付からなかった。"
13448-
13449-#~ msgid "Too many open files: cannot open quota file."
13450-#~ msgstr "ファイルをオープンしすぎている: quota ファイルをオープン出来ない。"
13451-
13452-#~ msgid "I<special> cannot be found in the mount table."
13453-#~ msgstr "I<special> がマウントテーブル内に見当たらない。"
13454-
13455-#~ msgid "The kernel was compiled without quota support."
13456-#~ msgstr "quota を使用可にしてカーネルをコンパイルしていない。"
13457-
13458-#~ msgid ""
13459-#~ "The process was not root (for the file system), and B<Q_GETQUOTA> was "
13460-#~ "asked for another I<id> than that of the process itself, or anything "
13461-#~ "other than B<Q_GETSTATS> or B<Q_SYNC> was asked."
13462-#~ msgstr ""
13463-#~ "プロセスが (そのファイルシステムの) root のものではなく、 かつプロセス自身"
13464-#~ "のものとは異なる I<id> に対して B<Q_GETQUOTA> 要求を行なった。 もしくは、 "
13465-#~ "B<Q_GETSTATS>, B<Q_SYNC> 以外の要求がなされた。"
13466-
13467-#~ msgid ""
13468-#~ "B<Q_GETQUOTA> or B<Q_SETQUOTA> or B<Q_SETUSE> or B<Q_SETQLIM> was asked "
13469-#~ "for a file system that didn't have quota enabled."
13470-#~ msgstr ""
13471-#~ "quota が有効になっていないファイルシステムに対して B<Q_GETQUOTA>, "
13472-#~ "B<Q_SETQUOTA>, B<Q_SETUSE>, B<Q_SETQLIM> のいずれかの要求がなされた。"
--- a/stats/man2
+++ b/stats/man2
@@ -4,5 +4,5 @@ getunwind.2,19,13,32
44 perf_event_open.2,329,456,785
55 perfmonctl.2,42,23,65
66 process_vm_readv.2,47,17,64
7-ptrace.2,95,201,296
7+ptrace.2,130,166,296
88 quotactl.2,55,47,102
--- a/untrans.html
+++ b/untrans.html
@@ -36,7 +36,7 @@
3636 <TR><TD>perf_event_open.2</TD><TD>456/785</TD><TD>41.91</TD></TR>
3737 <TR><TD>perfmonctl.2</TD><TD>23/65</TD><TD>64.62</TD></TR>
3838 <TR class="over70"><TD>process_vm_readv.2</TD><TD>17/64</TD><TD>73.44</TD></TR>
39-<TR><TD>ptrace.2</TD><TD>201/296</TD><TD>32.09</TD></TR>
39+<TR><TD>ptrace.2</TD><TD>166/296</TD><TD>43.92</TD></TR>
4040 <TR><TD>quotactl.2</TD><TD>47/102</TD><TD>53.92</TD></TR>
4141 <TR><TD ALIGN="center" COLSPAN=3 BGCOLOR="Yellow"><B>memory</B></TD></TR>
4242 <TR class="over70"><TD>mallinfo.3</TD><TD>17/65</TD><TD>73.85</TD></TR>
Show on old repository browser