• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

coreutils: Commit


Commit MetaInfo

Revisión432b1c0ea488b6d0c1c98a1648482fc06350e22b (tree)
Tiempo2016-02-19 10:05:07
AutorAkihiro Motoki <amotoki@gmai...>
CommiterAkihiro Motoki

Log Message

Improve ja.po for coreutils 8.25

Cambiar Resumen

Diferencia incremental

--- a/ja.po/ja.po.8.25
+++ b/ja.po/ja.po.8.25
@@ -13,7 +13,7 @@ msgstr ""
1313 "Project-Id-Version: GNU coreutils 8.25\n"
1414 "Report-Msgid-Bugs-To: bug-coreutils@gnu.org\n"
1515 "POT-Creation-Date: 2016-01-13 12:48+0000\n"
16-"PO-Revision-Date: 2016-02-19 08:05+0900\n"
16+"PO-Revision-Date: 2016-02-19 10:04+0900\n"
1717 "Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
1818 "Language-Team: Japanese <translation-team-ja@lists.sourceforge.net>\n"
1919 "Language: ja\n"
@@ -989,7 +989,7 @@ msgid ""
989989 "Print NAME with any leading directory components removed.\n"
990990 "If specified, also remove a trailing SUFFIX.\n"
991991 msgstr ""
992-"パス名からディレクトリ部分を取りのぞいた名前を表示します。\n"
992+"パス名からディレクトリ部分を取り除いた名前を表示します。\n"
993993 "指定があれば、末尾の接尾辞も取り除きます。\n"
994994
995995 #: src/basename.c:60
@@ -998,9 +998,9 @@ msgid ""
998998 " -s, --suffix=SUFFIX remove a trailing SUFFIX; implies -a\n"
999999 " -z, --zero end each output line with NUL, not newline\n"
10001000 msgstr ""
1001-" -a, --multiple 引き数を複数をとり、各引き数を NAME として扱う\n"
1002-" -s, --suffix=SUFFIX 末尾にある SUFFIX を削除する; -a が暗黙のうち有効になる\n"
1003-" -z, --zero 各出力行の末尾を改行ではなく NUL にする\n"
1001+" -a, --multiple 引数を複数をとり、各引数を NAME として扱う\n"
1002+" -s, --suffix=SUFFIX 末尾にある SUFFIX を削除する\n"
1003+" -z, --zero 出力の区切り文字を改行でなく NUL にする\n"
10041004
10051005 #: src/basename.c:67
10061006 #, c-format
@@ -1197,7 +1197,7 @@ msgid ""
11971197 "Change the SELinux security context of each FILE to CONTEXT.\n"
11981198 "With --reference, change the security context of each FILE to that of RFILE.\n"
11991199 msgstr ""
1200-"各 FILE のセキュリティコンテキストを CONTEXT に変更します。\n"
1200+"各 FILE の SELinux セキュリティコンテキストを CONTEXT に変更します。\n"
12011201 "--reference がある場合、各 FILE のセキュリティコンテキストを RFILE のものに\n"
12021202 "変更します。\n"
12031203
@@ -1571,7 +1571,7 @@ msgid ""
15711571 " specifying OWNER:GROUP values\n"
15721572 msgstr ""
15731573 " --reference=RFILE OWNER:GROUP の値を指定する代わりに\n"
1574-" RFILE の所有者とグループを使用します。\n"
1574+" RFILE の所有者とグループを使用します\n"
15751575
15761576 #: src/chown.c:136
15771577 msgid ""
@@ -1952,7 +1952,7 @@ msgstr "%s のタイムスタンプを保存中"
19521952 #: src/touch.c:172 src/truncate.c:391
19531953 #, c-format
19541954 msgid "failed to close %s"
1955-msgstr "%s を閉じられませんでした"
1955+msgstr "%s をクローズできませんでした"
19561956
19571957 #: src/copy.c:1674
19581958 #, fuzzy, c-format
@@ -2195,8 +2195,8 @@ msgid ""
21952195 " -H follow command-line symbolic links in SOURCE\n"
21962196 msgstr ""
21972197 " -f, --force コピー先にファイルが存在し、開くことができない場合、\n"
2198-" 削除してから再度試みる (-n オプションを使用した\n"
2199-" 場合は冗長となる)\n"
2198+" 削除してから再度試みる (-n オプションも指定した\n"
2199+" 場合はこのオプションは無視される)\n"
22002200 " -i, --interactive 上書きする前に確認する (前に指定した -n オプション\n"
22012201 " を上書きする)\n"
22022202 " -H SOURCE にあるコマンド行のシンボリックリンクをたどる\n"
@@ -2349,7 +2349,8 @@ msgid ""
23492349 msgstr ""
23502350 " none, off バックアップを作成しない (--backup を付けた時でも)\n"
23512351 " numbered, t 番号付きバックアップを作成する\n"
2352-" existing, nil 番号付きバックアップがあれば番号付き、なければ simple で作成する\n"
2352+" existing, nil 番号付きバックアップがあれば番号付き、\n"
2353+" そうでなければ、simple で作成する\n"
23532354 " simple, never 常に簡易バックアップを作成\n"
23542355
23552356 #: src/cp.c:265
@@ -2385,9 +2386,9 @@ msgstr "%s は存在しますがディレクトリではありません"
23852386
23862387 #: src/cp.c:577 src/cp.c:1079 src/install.c:404 src/install.c:934 src/ln.c:132
23872388 #: src/ln.c:197 src/ln.c:218 src/ln.c:533 src/mv.c:155 src/mv.c:404
2388-#, fuzzy, c-format
2389+#, c-format
23892390 msgid "failed to access %s"
2390-msgstr "%s を開けませんでした"
2391+msgstr "%s にアクセスできませんでした"
23912392
23922393 #: src/cp.c:597 src/install.c:964 src/ln.c:564 src/mv.c:447 src/shred.c:1298
23932394 #: src/touch.c:429 src/truncate.c:328
@@ -2423,9 +2424,9 @@ msgid "multiple target directories specified"
24232424 msgstr "複数の宛先ディレクトリが指定されています"
24242425
24252426 #: src/cp.c:1116 src/install.c:910
2426-#, fuzzy, c-format
2427+#, c-format
24272428 msgid "warning: ignoring --context; it requires an SELinux-enabled kernel"
2428-msgstr "警告: --context (-Z) は無視されました。カーネルで SELinux が有効ではありません"
2429+msgstr "警告: --context は無視されました。 SELinux が有効になったカーネルが必要です"
24292430
24302431 #: src/cp.c:1137
24312432 #, c-format
@@ -2447,11 +2448,9 @@ msgid "backup type"
24472448 msgstr "バックアップタイプ"
24482449
24492450 #: src/cp.c:1186 src/install.c:951
2450-#, fuzzy, c-format
2451+#, c-format
24512452 msgid "cannot set target context and preserve it"
2452-msgstr ""
2453-"ターゲットのコンテキストを %s に強制的に設定できません。そのまま維持\n"
2454-"されます"
2453+msgstr "ターゲットのコンテキストを設定できません。そのまま維持されます"
24552454
24562455 #: src/cp.c:1190
24572456 #, c-format
@@ -2996,7 +2995,7 @@ msgid ""
29962995 "O to use the locale's alternate numeric symbols if available.\n"
29972996 msgstr ""
29982997 "\n"
2999-"フラグの後にオプションでフィールド幅を十進数で指定できます。その後にオプションで\n"
2998+"フラグの後にオプションでフィールド幅を10 進数で指定できます。その後にオプションで\n"
30002999 "以下のいずれかの修飾辞を指定できます。\n"
30013000 "E はロケールで代替の表記が利用可能な時には代替表記を利用します。\n"
30023001 "O はロケールで代替の数字が利用可能なときには代替数字を利用します。\n"
@@ -3447,9 +3446,9 @@ msgid "%s: cannot skip to specified offset"
34473446 msgstr "%s: 指定されたオフセットまでスキップできません"
34483447
34493448 #: src/dd.c:2304
3450-#, fuzzy, c-format
3449+#, c-format
34513450 msgid "failed to truncate to %<PRIdMAX> bytes in output file %s"
3452-msgstr "%<PRIuMAX> バイトに出力ファイル %s を切り詰めることに失敗しました"
3451+msgstr "%<PRIdMAX> バイトに出力ファイル %s を切り詰めることに失敗しました"
34533452
34543453 #: src/dd.c:2317
34553454 #, c-format
@@ -3533,17 +3532,17 @@ msgstr "マウント位置"
35333532
35343533 #: src/df.c:207
35353534 msgid "File"
3536-msgstr ""
3535+msgstr "ファイル"
35373536
35383537 #: src/df.c:387
3539-#, fuzzy, c-format
3538+#, c-format
35403539 msgid "option --output: field %s unknown"
3541-msgstr "出力ファイル %s を閉じています"
3540+msgstr "--output オプション: 不明なフィールド %s です"
35423541
35433542 #: src/df.c:394
3544-#, fuzzy, c-format
3543+#, c-format
35453544 msgid "option --output: field %s used more than once"
3546-msgstr "警告: コピー元ファイル %s が複数指定されました"
3545+msgstr "--output オプション: フィールド %s が複数回使用されています"
35473546
35483547 #: src/df.c:415 src/df.c:454
35493548 msgid "Size"
@@ -3562,7 +3561,7 @@ msgstr "容量"
35623561 #: src/df.c:550 src/df.c:559
35633562 #, c-format
35643563 msgid "%s-%s"
3565-msgstr ""
3564+msgstr "%s-%s"
35663565
35673566 #: src/df.c:1242
35683567 #, c-format
@@ -3653,9 +3652,9 @@ msgstr ""
36533652 "'size', 'used', 'avail', 'pcent', 'file' and 'target' です (info ページ参照)。\n"
36543653
36553654 #: src/df.c:1492
3656-#, fuzzy, c-format
3655+#, c-format
36573656 msgid "options %s and %s are mutually exclusive"
3658-msgstr "オプション --compare (-C) および --strip は排他的です"
3657+msgstr "オプション %s と %s は同時に使用できません"
36593658
36603659 #: src/df.c:1642
36613660 #, c-format
@@ -3758,7 +3757,7 @@ msgid ""
37583757 "removed; if NAME contains no /'s, output '.' (meaning the current directory).\n"
37593758 "\n"
37603759 msgstr ""
3761-"NAME の最後の / (スラッシュ) 以降の要素 ( / を含む) を削除して表示します。\n"
3760+"NAME の最後の / (スラッシュ) 以降の要素 (/ を含む) を削除して表示します。\n"
37623761 "NAME に / が含まれない場合は、(カレントディレクトリを意味する) '.' を表示します。\n"
37633762 "\n"
37643763
@@ -3830,8 +3829,8 @@ msgstr ""
38303829 " -c, --total 総合計量を表示する\n"
38313830 " -D, --dereference-args コマンドラインで指定されたシンボリック\n"
38323831 " のみをたどる\n"
3833-" -d, --max-depth=N コマンドライン引数で指定された場所から N 階層までの\n"
3834-" ディレクトリ (--all の場合はファイルも) の使用量を表示する。\n"
3832+" -d, --max-depth=N コマンド実行場所から N 階層以内のディレクトリの\n"
3833+" (--all 指定時はファイルも) 合計を表示する。\n"
38353834 " --max-depth=0 は --summarize と同じ\n"
38363835
38373836 #: src/du.c:312
@@ -3843,12 +3842,12 @@ msgid ""
38433842 " -h, --human-readable print sizes in human readable format (e.g., 1K 234M 2G)\n"
38443843 " --inodes list inode usage information instead of block usage\n"
38453844 msgstr ""
3846-" --files0-from=F F の中で指定された NUL で区切られた名前のファイルから\n"
3847-" ディスク使用量を読み取る\n"
3845+" --files0-from=F ファイル F で指定された NUL で区切られた名前の\n"
3846+" ファイルからディスク使用量を読み取る\n"
38483847 " F に - が指定された場合標準入力から読み込む\n"
38493848 " -H --dereference-args (-D) と同様\n"
38503849 " -h, --human-readable 人間が読みやすい形式でサイズを表示する (例: 1K 234M 2G)\n"
3851-" --inodes ブロック使用量の代わりに i ノード使用情報を表示する\n"
3850+" --inodes ブロック使用量ではなく inode 使用量を表示する\n"
38523851
38533852 #: src/du.c:321
38543853 msgid ""
@@ -3871,7 +3870,7 @@ msgid ""
38713870 msgstr ""
38723871 " -P, --no-dereference シンボリックリンクをたどらない (デフォルト)\n"
38733872 " -S, --separate-dirs 子ディレクトリのサイズを含めない\n"
3874-" --si -h と同様だが、1024 倍ではなく 1000 倍の値を使用する\n"
3873+" --si -h と同様だが、1024 ではなく 1000 の累乗を表示する\n"
38753874 " -s, --summarize 各引数の合計容量のみ表示する\n"
38763875
38773876 #: src/du.c:333
@@ -3904,9 +3903,8 @@ msgid ""
39043903 msgstr ""
39053904
39063905 #: src/du.c:397
3907-#, fuzzy
39083906 msgid "Infinity"
3909-msgstr "無限 B"
3907+msgstr "無限"
39103908
39113909 #: src/du.c:693
39123910 #, c-format
@@ -3919,9 +3917,9 @@ msgid "invalid maximum depth %s"
39193917 msgstr "無効な最大の深さ %s です"
39203918
39213919 #: src/du.c:846
3922-#, fuzzy, c-format
3920+#, c-format
39233921 msgid "invalid --threshold argument '-0'"
3924-msgstr "--%s の引数 %s が無効です"
3922+msgstr "不正な --threshold の引数 '-0' です"
39253923
39263924 #: src/du.c:928
39273925 #, c-format
@@ -3941,7 +3939,7 @@ msgstr "警告: 統計(-s)と --max-depth=%lu の指定が競合しています"
39413939 #: src/du.c:952
39423940 #, c-format
39433941 msgid "warning: options --apparent-size and -b are ineffective with --inodes"
3944-msgstr ""
3942+msgstr "警告: オプション --apparent-size と -b は --inodes の場合には効果がありません"
39453943
39463944 #: src/du.c:1017 src/sort.c:4575 src/wc.c:700
39473945 msgid "file operands cannot be combined with --files0-from"
@@ -4044,8 +4042,8 @@ msgid ""
40444042 " \\0NNN byte with octal value NNN (1 to 3 digits)\n"
40454043 " \\xHH byte with hexadecimal value HH (1 to 2 digits)\n"
40464044 msgstr ""
4047-" \\0NNN 八進数の数値 NNN (1 から 3 個の数字)\n"
4048-" \\xHH 十六進数の数値 HH (1 または 2 個の数字)\n"
4045+" \\0NNN 8 進数の数値 NNN (1 から 3 個の数字)\n"
4046+" \\xHH 16 進数の数値 HH (1 または 2 個の数字)\n"
40494047
40504048 #. This is a proper name. See the gettext manual, section Names.
40514049 #: src/env.c:32 src/printenv.c:45 src/whoami.c:35
@@ -4109,7 +4107,7 @@ msgstr ""
41094107
41104108 #: src/expand.c:118
41114109 msgid " -t, --tabs=LIST use comma separated list of explicit tab positions\n"
4112-msgstr " -t, --tabs=LIST コンマ(,)で区切られた LIST にタブ位置を設定する\n"
4110+msgstr " -t, --tabs=LIST コンマ (,) で区切られた LIST にタブ位置を設定する\n"
41134111
41144112 #: src/expand.c:171 src/unexpand.c:190
41154113 #, c-format
@@ -4169,9 +4167,9 @@ msgstr ""
41694167 "EXPRESSION の値を標準出力に出力します。下記は優先順位グループ毎に空白行\n"
41704168 "で区切って昇順に並べています。 EXPRESSION は以下の通りです。\n"
41714169 "\n"
4172-" ARG1 | ARG2 ARG1 が null, 0 で無い場合は ARG1。そうでなければ ARG2\n"
4170+" ARG1 | ARG2 ARG1 が null でも 0 でもない場合は ARG1。そうでなければ ARG2\n"
41734171 "\n"
4174-" ARG1 & ARG2 両方の引数が null, 0 で無い場合は ARG1 そうでなければ 0\n"
4172+" ARG1 & ARG2 両方の引数が null でも 0 でもない場合は ARG1。そうでなければ 0\n"
41754173
41764174 #: src/expr.c:218
41774175 msgid ""
@@ -4228,8 +4226,8 @@ msgstr ""
42284226 " STRING : REGEXP STRING における正規表現 REGEXP によるパターン照合\n"
42294227 "\n"
42304228 " match STRING REGEXP STRING : REGEXP と同じ\n"
4231-" substr STRING POS LENGTH STRING の部分文字列を返す, POS は 1から始まる\n"
4232-" index STRING CHARS STRING から CHARS が見つかった場所を返す.\n"
4229+" substr STRING POS LENGTH STRING の部分文字列を返す。 POS は 1 から始まる\n"
4230+" index STRING CHARS STRING から CHARS が見つかった場所を返す。\n"
42334231 " 見つからなければ 0\n"
42344232 " length STRING STRING の長さ\n"
42354233
@@ -4254,10 +4252,10 @@ msgid ""
42544252 "\\( and \\) are not used, they return the number of characters matched or 0.\n"
42554253 msgstr ""
42564254 "\n"
4257-"多くの演算子はシェルに渡すためにエスケープするか引用符で囲む必要があります.\n"
4258-"比較は ARG がいずれも数値であれば大きさにより, それ以外の場合には辞書順に\n"
4259-"より行われます. パターン照合は, \\( と \\) の間, もしくはヌル文字に一致した\n"
4260-"文字列を返します. \\( と \\) を使わない場合は一致する文字数か 0 を返します.\n"
4255+"多くの演算子はシェルに渡すためにエスケープするか引用符で囲む必要があります。\n"
4256+"比較は ARG がいずれも数値であれば大きさにより、それ以外の場合には辞書順に\n"
4257+"より行われます。パターン照合は、 \\( と \\) の間、 もしくはヌル文字に一致した\n"
4258+"文字列を返します。 \\( と \\) を使わない場合は一致する文字数か 0 を返します。\n"
42614259
42624260 #: src/expr.c:262
42634261 msgid ""
@@ -4266,8 +4264,10 @@ msgid ""
42664264 "or 0, 2 if EXPRESSION is syntactically invalid, and 3 if an error occurred.\n"
42674265 msgstr ""
42684266 "\n"
4269-"終了ステータスは EXPRESSION が null, 0 以外の場合は 0。EXPRESSION が null, 0 の場合は1。\n"
4270-"EXPRESSION が構文エラーの場合は 2。その他のエラーが発生した場合は 3。\n"
4267+"終了ステータスは EXPRESSION が null, 0 以外の場合は 0、\n"
4268+"EXPRESSION が null, 0 の場合は 1、\n"
4269+"EXPRESSION が構文エラーの場合は 2、\n"
4270+"その他のエラーが発生した場合は 3 です。\n"
42714271
42724272 #: src/expr.c:276
42734273 #, c-format
@@ -4292,7 +4292,7 @@ msgstr "ゼロでの割り算"
42924292 #: src/expr.c:878 src/sort.c:2076
42934293 #, c-format
42944294 msgid "set LC_ALL='C' to work around the problem"
4295-msgstr "問題を回避するために LC_ALL='C' を指定してください。"
4295+msgstr "問題を回避するために LC_ALL='C' を指定してください"
42964296
42974297 #: src/expr.c:880
42984298 #, c-format
@@ -4307,12 +4307,12 @@ msgstr "Niels Moller"
43074307 #: src/factor.c:1269 src/factor.c:1369 src/factor.c:1445
43084308 #, c-format
43094309 msgid "Lucas prime test failure. This should not happen"
4310-msgstr ""
4310+msgstr "Lucas (リュカ) 素数テスト失敗。 発生すべきではありません"
43114311
43124312 #: src/factor.c:2082
43134313 #, c-format
43144314 msgid "squfof queue overflow"
4315-msgstr ""
4315+msgstr "squfof キューのオーバーフロー"
43164316
43174317 #: src/factor.c:2498
43184318 #, c-format
@@ -4374,8 +4374,8 @@ msgid ""
43744374 "Reformat each paragraph in the FILE(s), writing to standard output.\n"
43754375 "The option -WIDTH is an abbreviated form of --width=DIGITS.\n"
43764376 msgstr ""
4377-"FILE 内の各段落を再整形して標準出力に出力します。\n"
4378-"オプション -WIDTH は --width=DIGITS の省略形です。\n"
4377+"FILE 内の各段落を再整形して標準出力に出力します。オプション -WIDTH は\n"
4378+"--width=DIGITS の省略形です。\n"
43794379
43804380 #: src/fmt.c:278
43814381 msgid ""
@@ -4591,7 +4591,7 @@ msgid ""
45914591 "\n"
45924592 msgstr ""
45934593 "使用法: %s [OPTION]\n"
4594-"現在のホストの識別用数値 (十六進数) を表示します。\n"
4594+"現在のホストの識別用数値 (16 進数) を表示します。\n"
45954595 "\n"
45964596
45974597 #: src/hostname.c:56
@@ -4628,9 +4628,9 @@ msgid "Arnold Robbins"
46284628 msgstr "Arnold Robbins"
46294629
46304630 #: src/id.c:84
4631-#, fuzzy, c-format
4631+#, c-format
46324632 msgid "Usage: %s [OPTION]... [USER]\n"
4633-msgstr "使用法: %s [OPTION]... [USER]...\n"
4633+msgstr "使用法: %s [OPTION]... [USER]\n"
46344634
46354635 #: src/id.c:85
46364636 msgid ""
@@ -4638,8 +4638,8 @@ msgid ""
46384638 "or (when USER omitted) for the current user.\n"
46394639 "\n"
46404640 msgstr ""
4641-"USER で指定されたユーザーの、ユーザーとグループ情報を表示します。\n"
4642-"USER が省略された場合は、現在のユーザー情報を表示します。\n"
4641+"USER で指定されたユーザーとグループの情報を表示します。\n"
4642+"USER が指定されない場合は現在のユーザー情報を表示します。\n"
46434643 "\n"
46444644
46454645 #: src/id.c:90
@@ -4659,10 +4659,10 @@ msgstr ""
46594659 " -g, --group 実効グループ ID のみ表示する\n"
46604660 " -G, --groups 全てのグループ ID を表示する\n"
46614661 " -n, --name -ugG で名前の代わりに数値を表示する\n"
4662-" -r, --real -ugG で実効 ID の代わりに実 IDを表示する\n"
4662+" -r, --real -ugG で実効 ID の代わりに実 ID を表示する\n"
46634663 " -u, --user 実効ユーザー ID のみ表示する\n"
4664-" -z, --zero エントリを空白文字ではなく NUL で区切る。\n"
4665-" デフォルトのフォーマットでは使用できない\n"
4664+" -z, --zero エントリーをホワイトスペースではなく NUL 文字で区切る。\n"
4665+" 標準の形式では使用できない\n"
46664666
46674667 #: src/id.c:103
46684668 msgid ""
@@ -4670,12 +4670,12 @@ msgid ""
46704670 "Without any OPTION, print some useful set of identified information.\n"
46714671 msgstr ""
46724672 "\n"
4673-"OPTION が指定されない場合、識別情報のうち有用な物を表示します。\n"
4673+"OPTION が指定されない場合、識別情報のうち有用なものを表示します。\n"
46744674
46754675 #: src/id.c:151
4676-#, fuzzy, c-format
4676+#, c-format
46774677 msgid "--context (-Z) works only on an SELinux/SMACK-enabled kernel"
4678-msgstr "--context (-Z) は SELinux が有効なカーネルのみ動作します"
4678+msgstr "--context (-Z) は SELinux/SMACK が有効なカーネルでのみ動作します"
46794679
46804680 #: src/id.c:156
46814681 #, c-format
@@ -4698,9 +4698,9 @@ msgid "cannot print only names or real IDs in default format"
46984698 msgstr "標準の形式では, 名前または ID だけを表示することはできません"
46994699
47004700 #: src/id.c:209
4701-#, fuzzy, c-format
4701+#, c-format
47024702 msgid "option --zero not permitted in default format"
4703-msgstr "標準の形式では, 名前または ID だけを表示することはできません"
4703+msgstr "標準の形式ではオプション --zero は指定できません"
47044704
47054705 #: src/id.c:225
47064706 #, c-format
@@ -4713,9 +4713,9 @@ msgid "cannot get effective UID"
47134713 msgstr "実効 UID を取得できません"
47144714
47154715 #: src/id.c:354
4716-#, fuzzy, c-format
4716+#, c-format
47174717 msgid "cannot find name for user ID %s"
4718-msgstr "ユーザー ID %lu に対するユーザー名が見つかりません"
4718+msgstr "ユーザー ID %s に対するユーザー名が見つかりません"
47194719
47204720 #: src/id.c:372
47214721 #, c-format
@@ -4994,13 +4994,13 @@ msgid ""
49944994 " --header treat the first line in each file as field headers,\n"
49954995 " print them without trying to pair them\n"
49964996 msgstr ""
4997-" -v FILENUM -a FILENUM と同様だた結合した行を出力しない\n"
4997+" -v FILENUM -a FILENUM と同様だが、結合した行を出力しない\n"
49984998 " -1 FIELD FILE1 の FIELD 番目のフィールドを使用して結合する\n"
49994999 " -2 FIELD FILE2 の FIELD 番目のフィールドを使用して結合する\n"
50005000 " --check-order 入力行の組み合わせが全て存在していたとしても、入力\n"
50015001 " が正しく並べ替えられているかを確認する\n"
50025002 " --nocheck-order 入力が正しく並べられているかを確認しない\n"
5003-" --header 各ファイルの1行目をヘッダとして扱い、結合せずに\n"
5003+" --header 各ファイルの 1 行目をヘッダとして扱い、結合せずに\n"
50045004 " 表示を行う\n"
50055005
50065006 #: src/join.c:226 src/shuf.c:82 src/sort.c:507 src/uniq.c:205
@@ -5044,9 +5044,9 @@ msgstr ""
50445044 "警告メッセージが表示されます。\n"
50455045
50465046 #: src/join.c:416
5047-#, fuzzy, c-format
5047+#, c-format
50485048 msgid "%s:%<PRIuMAX>: is not sorted: %.*s"
5049-msgstr "%s:%ju: ソートされていません: %.*s"
5049+msgstr "%s:%<PRIuMAX>: ソートされていません: %.*s"
50505050
50515051 #: src/join.c:853 src/join.c:1051
50525052 #, c-format
@@ -5548,8 +5548,8 @@ msgid ""
55485548 msgstr ""
55495549 " --group-directories-first\n"
55505550 " ファイルの前にディレクトリをグループ化して表示する。\n"
5551-" --sort オプションの一つと併せて使用するが、\n"
5552-" --sort=none (-U) と併せたときはグループ化しない\n"
5551+" --sort オプションと組み合わせて使用できる。\n"
5552+" --sort=none (-U) と併せたときはグループ化を行わない\n"
55535553
55545554 #: src/ls.c:4865
55555555 msgid ""
@@ -5595,7 +5595,7 @@ msgstr ""
55955595 " file-type (--file-type)、 classify (-F)\n"
55965596 " -i, --inode 各ファイルの i ノード番号を表示する\n"
55975597 " -I, --ignore=PATTERN シェル形式の PATTERN に一致する要素は表示しない\n"
5598-" -k ブロックサイズとして 1024 バイトを使用する\n"
5598+" -k ディスク使用量のブロックサイズとして 1024 バイトを使う\n"
55995599
56005600 #: src/ls.c:4891
56015601 msgid ""
@@ -5824,7 +5824,7 @@ msgstr ""
58245824 " --ignore-missing ファイルが存在しない場合に失敗もせずステータスも表示しない\n"
58255825 " --quiet ファイルのチェックサムの照合が成功したときに OK を表示しない\n"
58265826 " --status 何も出力しない。終了コードで結果を判別する\n"
5827-" --strict 不正な書式のチェックサム行があった場合 0 以外で終了する\n"
5827+" --strict 不正な形式のチェックサム行の場合に 0 以外のコードで終了する\n"
58285828 " -w, --warn チェックサム行の書式が不正な場合に警告を行う\n"
58295829 "\n"
58305830
@@ -5898,12 +5898,12 @@ msgstr "%s: ファイルが負の大きさになっています"
58985898 #: src/md5sum.c:810
58995899 #, c-format
59005900 msgid "--tag does not support --text mode"
5901-msgstr ""
5901+msgstr "--tag は --text モードをサポートしていません"
59025902
59035903 #: src/md5sum.c:816
5904-#, fuzzy, c-format
5904+#, c-format
59055905 msgid "the --tag option is meaningless when verifying checksums"
5906-msgstr "--status オプションはチェックサムの照合時のみ意味を持ちます"
5906+msgstr "--tag オプションはチェックサムの照合時には意味を持ちません"
59075907
59085908 #: src/md5sum.c:823
59095909 #, c-format
@@ -5942,9 +5942,7 @@ msgstr "使用法: %s [OPTION]... DIRECTORY...\n"
59425942
59435943 #: src/mkdir.c:59
59445944 msgid "Create the DIRECTORY(ies), if they do not already exist.\n"
5945-msgstr ""
5946-"ディレクトリが存在しない場合に、ディレクトリを作成します。\n"
5947-"\n"
5945+msgstr "ディレクトリが存在しない場合に、ディレクトリを作成します。\n"
59485946
59495947 #: src/mkdir.c:65
59505948 msgid ""
@@ -5971,14 +5969,14 @@ msgstr ""
59715969 " SELinux や SMACK のセキュリティコンテキストを CTX に設定する\n"
59725970
59735971 #: src/mkdir.c:127 src/mkdir.c:160
5974-#, fuzzy, c-format
5972+#, c-format
59755973 msgid "failed to set default creation context for %s"
5976-msgstr "デフォルトのファイル作成コンテキストを %s に設定できませんでした"
5974+msgstr "%s のデフォルトの作成コンテキストを設定できませんでした"
59775975
59785976 #: src/mkdir.c:180
5979-#, fuzzy, c-format
5977+#, c-format
59805978 msgid "failed to restore context for %s"
5981-msgstr "%s のセキュリティコンテキストを取得できませんでした"
5979+msgstr "%s のコンテキストの復元に失敗しました"
59825980
59835981 #: src/mkdir.c:220
59845982 #, c-format
@@ -5986,9 +5984,9 @@ msgid "created directory %s"
59865984 msgstr "ディレクトリ %s を作成しました"
59875985
59885986 #: src/mkdir.c:238 src/mkfifo.c:116 src/mknod.c:133
5989-#, fuzzy, c-format
5987+#, c-format
59905988 msgid "warning: ignoring --context; it requires an SELinux/SMACK-enabled kernel"
5991-msgstr "警告: --context (-Z) は無視されました。カーネルで SELinux が有効ではありません"
5989+msgstr "警告: --context は無視されました。 SELinux/SMACK が有効になったカーネルが必要です"
59925990
59935991 #: src/mkfifo.c:53 src/pathchk.c:88
59945992 #, c-format
@@ -6024,9 +6022,9 @@ msgid "mode must specify only file permission bits"
60246022 msgstr "モードにはファイルパーミッションのビットのみ指定できます"
60256023
60266024 #: src/mkfifo.c:174 src/mknod.c:270
6027-#, fuzzy, c-format
6025+#, c-format
60286026 msgid "cannot set permissions of %s"
6029-msgstr "%s のパーミッションを変更できません"
6027+msgstr "%s のパーミッションを設定できません"
60306028
60316029 #: src/mknod.c:54
60326030 #, c-format
@@ -6035,8 +6033,7 @@ msgstr "使用法: %s [OPTION]... NAME TYPE [MAJOR MINOR]\n"
60356033
60366034 #: src/mknod.c:56
60376035 msgid "Create the special file NAME of the given TYPE.\n"
6038-msgstr ""
6039-"スペシャルファイル NAME をタイプ TYPE で作成します。\n"
6036+msgstr "スペシャルファイル NAME をタイプ TYPE で作成します。\n"
60406037
60416038 #: src/mknod.c:72
60426039 msgid ""
@@ -6049,7 +6046,7 @@ msgstr ""
60496046 "\n"
60506047 "TYPE が b, c, u の場合は MAJOR と MINOR の両方を指定しなければいけません。TYPE が\n"
60516048 "p の場合は省略しなければなりません。MAJOR と MINOR が 0x または 0X で始まる場合に\n"
6052-"は十六進数として解釈されます。0 で始まる場合には八進数で、それ以外は十進数で解釈\n"
6049+"は16 進数として解釈されます。0 で始まる場合には8 進数で、それ以外は10 進数で解釈\n"
60536050 "されます。 TYPE は次の通りです:\n"
60546051
60556052 #: src/mknod.c:79
@@ -6277,9 +6274,10 @@ msgid ""
62776274 "With no COMMAND, print the current niceness. Niceness values range from\n"
62786275 "%d (most favorable to the process) to %d (least favorable to the process).\n"
62796276 msgstr ""
6280-"優先度を指定して COMMAND を実行します。これはプロセススケジュールに\n"
6281-"影響をあたえます。COMMAND を指定しない場合、現在の優先度を表示します。\n"
6282-"優先度の範囲は %d (最高) から %d (最低) です。\n"
6277+"優先度を指定して COMMAND を実行します。優先度はプロセススケジュールに\n"
6278+"影響を与えます。COMMAND を指定しない場合、現在の優先度を表示します。\n"
6279+"優先度値の範囲は %d (このプロセスが最高優先) から %d (このプロセスが\n"
6280+"最低優先) です。\n"
62836281
62846282 #: src/nice.c:82
62856283 msgid " -n, --adjustment=N add integer N to the niceness (default 10)\n"
@@ -6358,8 +6356,8 @@ msgstr ""
63586356 "\n"
63596357 "オプションの指定が無ければ、プログラムは -v1 -i1 -l1 -sTAB -w6 -nrn -hn \n"
63606358 "-bt -fn として動作します。 CC 値は 論理ページの区切り記号を指定するための\n"
6361-"2 つの文字です。2 つめの文字が指定されない場合には暗黙に : が指定されます。\n"
6362-"'\\' を 指定したければ, '\\\\' を使うようにしてください。\n"
6359+"2 つの文字です。 2 つめの文字が指定されない場合には暗黙に : が指定されます。\n"
6360+"'\\' を 指定したければ、 '\\\\' を使うようにしてください。\n"
63636361 "STYLE は以下のうちの 1 つを指定します。\n"
63646362
63656363 #: src/nl.c:211
@@ -6384,7 +6382,7 @@ msgstr ""
63846382 " n 空行の行番号\n"
63856383 " pBRE 基本正規表現 BRE に一致する行のみを数えたときの行番号\n"
63866384 "\n"
6387-"FORMAT には次のうちの一つを指定します:\n"
6385+"FORMAT には次のうちの一つを指定します。\n"
63886386 "\n"
63896387 " ln 左揃え、0で埋めない\n"
63906388 " rn 右揃え、0で埋めない\n"
@@ -6544,39 +6542,39 @@ msgid "Assaf Gordon"
65446542 msgstr "Assaf Gordon"
65456543
65466544 #: src/numfmt.c:693
6547-#, fuzzy, c-format
6545+#, c-format
65486546 msgid "value too large to be converted: %s"
6549-msgstr "%s: 値は完全には変換されていません"
6547+msgstr "値が変換するには大きすぎます: %s"
65506548
65516549 #: src/numfmt.c:697
6552-#, fuzzy, c-format
6550+#, c-format
65536551 msgid "invalid number: %s"
6554-msgstr "%s : 無効な数字です"
6552+msgstr "無効な数字です: %s"
65556553
65566554 #: src/numfmt.c:701
65576555 #, c-format
65586556 msgid "rejecting suffix in input: %s (consider using --from)"
6559-msgstr ""
6557+msgstr "入力に許可されていない接尾辞が含まれています: %s (--from の使用を考えてください)"
65606558
65616559 #: src/numfmt.c:705
6562-#, fuzzy, c-format
6560+#, c-format
65636561 msgid "invalid suffix in input: %s"
6564-msgstr "引数 `%3$s' に対して無効な接尾辞 %1$s%2$s です"
6562+msgstr "入力に無効な接尾辞が含まれています: %s"
65656563
65666564 #: src/numfmt.c:709
65676565 #, c-format
65686566 msgid "missing 'i' suffix in input: %s (e.g Ki/Mi/Gi)"
6569-msgstr ""
6567+msgstr "入力に接尾辞 'i' がありません: %s (例えば Ki/Mi/Gi)"
65706568
65716569 #: src/numfmt.c:756 src/numfmt.c:808
6572-#, fuzzy, c-format
6570+#, c-format
65736571 msgid "failed to prepare value '%Lf' for printing"
6574-msgstr "%s: 書き込み用に開くことに失敗しました"
6572+msgstr "表示用に値 '%Lf' を準備できませんでした"
65756573
65766574 #: src/numfmt.c:857
6577-#, fuzzy, c-format
6575+#, c-format
65786576 msgid "invalid unit size: %s"
6579-msgstr "無効なタブ幅です: %s"
6577+msgstr "単位のサイズが無効です: %s"
65806578
65816579 #: src/numfmt.c:883
65826580 #, c-format
@@ -6851,9 +6849,9 @@ msgid "format %s has no %% directive"
68516849 msgstr "FORMAT %s に %% 指定がありません"
68526850
68536851 #: src/numfmt.c:1085
6854-#, fuzzy, c-format
6852+#, c-format
68556853 msgid "invalid format %s (width overflow)"
6856-msgstr "無効な書式幅です"
6854+msgstr "無効なフォーマット %s (幅のオーバーフロー)"
68576855
68586856 #: src/numfmt.c:1090
68596857 #, c-format
@@ -6873,7 +6871,7 @@ msgstr "無効な精度です: %s"
68736871 #: src/numfmt.c:1131
68746872 #, c-format
68756873 msgid "invalid format %s, directive must be %%[0]['][-][N][.][N]f"
6876-msgstr ""
6874+msgstr "無効なフォーマット %s です。ディレクティブは %%[0]['][-][N][.][N]f でなければいけません"
68776875
68786876 #: src/numfmt.c:1139 src/seq.c:252
68796877 #, c-format
@@ -6881,9 +6879,9 @@ msgid "format %s has too many %% directives"
68816879 msgstr "FORMAT %s に %% 指定が多すぎます"
68826880
68836881 #: src/numfmt.c:1182
6884-#, fuzzy, c-format
6882+#, c-format
68856883 msgid "invalid suffix in input %s: %s"
6886-msgstr "引数 `%3$s' に対して無効な接尾辞 %1$s%2$s です"
6884+msgstr "入力 %s に無効な接尾辞があります: %s"
68876885
68886886 #: src/numfmt.c:1211
68896887 #, c-format
@@ -6893,22 +6891,22 @@ msgstr ""
68936891 #: src/numfmt.c:1215
68946892 #, c-format
68956893 msgid "value too large to be printed: '%Lg' (consider using --to)"
6896-msgstr ""
6894+msgstr "値が大きすぎて表示できません: '%Lg' (--to の使用を考えてください)"
68976895
68986896 #: src/numfmt.c:1224
68996897 #, c-format
69006898 msgid "value too large to be printed: '%Lg' (cannot handle values > 999Y)"
6901-msgstr ""
6899+msgstr "値が大きすぎて表示できません: '%Lg' (999Y より大きい値は扱えません)"
69026900
69036901 #: src/numfmt.c:1310
69046902 #, c-format
69056903 msgid "large input value %s: possible precision loss"
6906-msgstr ""
6904+msgstr "大きな入力値 %s: 精度が失われる可能性があります"
69076905
69086906 #: src/numfmt.c:1499
6909-#, fuzzy, c-format
6907+#, c-format
69106908 msgid "invalid padding value %s"
6911-msgstr "無効なページ範囲です %s"
6909+msgstr "無効なパディング値 %s"
69126910
69136911 #: src/numfmt.c:1512
69146912 #, fuzzy, c-format
@@ -6916,14 +6914,14 @@ msgid "multiple field specifications"
69166914 msgstr "%s: 無効なフィールド指定です: %s"
69176915
69186916 #: src/numfmt.c:1546
6919-#, fuzzy, c-format
6917+#, c-format
69206918 msgid "invalid header value %s"
6921-msgstr "%s は無効な日付です"
6919+msgstr "無効なヘッダ値 %s"
69226920
69236921 #: src/numfmt.c:1573
6924-#, fuzzy, c-format
6922+#, c-format
69256923 msgid "--grouping cannot be combined with --format"
6926-msgstr "ファイルオペランドと --files0-from を同時に使用できません"
6924+msgstr "--grouping は --format と一緒に使用できません"
69276925
69286926 #: src/numfmt.c:1576
69296927 #, fuzzy, c-format
@@ -6931,34 +6929,34 @@ msgid "failed to set locale"
69316929 msgstr "新しいロール %s に設定できませんでした"
69326930
69336931 #: src/numfmt.c:1581
6934-#, fuzzy, c-format
6932+#, c-format
69356933 msgid "no conversion option specified"
6936-msgstr "複数の -i オプションが指定されています"
6934+msgstr "変換オプションが指定されていません"
69376935
69386936 #: src/numfmt.c:1589
6939-#, fuzzy, c-format
6937+#, c-format
69406938 msgid "grouping cannot be combined with --to"
6941-msgstr "ファイルオペランドと --files0-from を同時に使用できません"
6939+msgstr "グルーピングは --to と一緒に使用できません"
69426940
69436941 #: src/numfmt.c:1591
69446942 #, c-format
69456943 msgid "grouping has no effect in this locale"
6946-msgstr ""
6944+msgstr "グルーピングはこのロケールでは効果がありません"
69476945
69486946 #: src/numfmt.c:1604
69496947 #, c-format
69506948 msgid "--header ignored with command-line input"
6951-msgstr ""
6949+msgstr "--header はコマンドライン引数からの入力では無視されます"
69526950
69536951 #: src/numfmt.c:1631
6954-#, fuzzy, c-format
6952+#, c-format
69556953 msgid "error reading input"
6956-msgstr "%s の読み込みエラー"
6954+msgstr "入力読み込み中にエラーが発生しました"
69576955
69586956 #: src/numfmt.c:1642
6959-#, fuzzy, c-format
6957+#, c-format
69606958 msgid "failed to convert some of the input numbers"
6961-msgstr "標準入力が使用できないため取り込むことに失敗しました"
6959+msgstr "入力された数字のいくつかが変換できませんでした"
69626960
69636961 #: src/od.c:321
69646962 #, c-format
@@ -7009,6 +7007,8 @@ msgid ""
70097007 " -j, --skip-bytes=BYTES skip BYTES input bytes first\n"
70107008 msgstr ""
70117009 " -A, --address-radix=RADIX ファイルオフセットの表示形式を指定する\n"
7010+" RADIX は [doxn] のいずれかで、\n"
7011+" それぞれ 10進、8進、16進、なし、である\n"
70127012 " --endian={big|little} 入力バイトを指定された順序で入れ替えます\n"
70137013 " -j, --skip-bytes=BYTES ファイルの先頭より BYTES 分スキップする\n"
70147014
@@ -7030,7 +7030,7 @@ msgstr ""
70307030 " -v, --output-duplicates * マークによる出力行の省略をやめる\n"
70317031 " -w[BYTES], --width[=BYTES] 一行あたりの出力バイト数を BYTES バイトにする\n"
70327032 " BYTES が指定されなかった場合は 32 が使用される\n"
7033-" --traditional 古くからの形式の引数を受け付ける\n"
7033+" --traditional 上記の 3 番目の形式の引数を受け付ける\n"
70347034
70357035 #: src/od.c:366
70367036 msgid ""
@@ -7046,9 +7046,9 @@ msgstr ""
70467046 "\n"
70477047 "古い書式指定を混合させてもかまいません。両方が使用されます。\n"
70487048 " -a -t a と同様。文字名を表示する。最上位ビットは無視される\n"
7049-" -b -t o1と同様。 8 進数で表示する\n"
7050-" -c -t c と同様。 ASCII 文字または \\ エスケープ文字で表示する\n"
7051-" -d -t u2と同様。符号なし 10 進数 2 バイトで表示する\n"
7049+" -b -t o1 と同様。 8 進数で表示する\n"
7050+" -c -t c と同様。表示可能文字または \\ エスケープ文字で表示する\n"
7051+" -d -t u2 と同様。符号なし 10 進数 2 バイトで表示する\n"
70527052
70537053 #: src/od.c:375
70547054 msgid ""
@@ -7059,12 +7059,12 @@ msgid ""
70597059 " -s same as -t d2, select decimal 2-byte units\n"
70607060 " -x same as -t x2, select hexadecimal 2-byte units\n"
70617061 msgstr ""
7062-" -f -t fFと同様。浮動小数点で表示する\n"
7063-" -i -t dIと同様。十進整数で表示する\n"
7064-" -l -t dLと同様。十進長整数で表示する\n"
7065-" -o -t o2と同様。八進数2バイトで表示する\n"
7066-" -s -t d2と同様。十進数2バイトで表示する\n"
7067-" -x -t x2と同様。十六進数2バイトで表示する\n"
7062+" -f -t fF と同様。浮動小数点で表示する\n"
7063+" -i -t dI と同様。 10 進整数で表示する\n"
7064+" -l -t dL と同様。 10 進長整数で表示する\n"
7065+" -o -t o2 と同様。 8 進数 2 バイトで表示する\n"
7066+" -s -t d2 と同様。 10 進数 2 バイトで表示する\n"
7067+" -x -t x2 と同様。 16 進数 2 バイトで表示する\n"
70687068
70697069 #: src/od.c:383
70707070 msgid ""
@@ -7078,7 +7078,7 @@ msgstr ""
70787078 "\n"
70797079 "TYPE は次のいずれか一つ以上を指定します:\n"
70807080 " a 文字名。最上位ビットは無視される\n"
7081-" c ASCII 文字または \\ エスケープ文字\n"
7081+" c 表示可能文字または \\ エスケープ文字\n"
70827082
70837083 #: src/od.c:390
70847084 msgid ""
@@ -7088,11 +7088,11 @@ msgid ""
70887088 " u[SIZE] unsigned decimal, SIZE bytes per integer\n"
70897089 " x[SIZE] hexadecimal, SIZE bytes per integer\n"
70907090 msgstr ""
7091-" d[サイズ] 符号付き10進数 1 整数(integer)のサイズ指定\n"
7092-" f[サイズ] 浮動小数点 1 整数(integer)のサイズ指定\n"
7093-" o[サイズ] 8進数 1 整数(integer)のサイズ指定\n"
7094-" u[サイズ] 符号なし10進数 1 整数(integer)のサイズ指定\n"
7095-" x[サイズ] 16進数 1 整数(integer)のサイズ指定\n"
7091+" d[サイズ] 符号付き 10 進数 1 整数 (integer) のサイズ指定\n"
7092+" f[サイズ] 浮動小数点 1 整数 (integer) のサイズ指定\n"
7093+" o[サイズ] 8 進数 1 整数 (integer) のサイズ指定\n"
7094+" u[サイズ] 符号なし 10 進数 1 整数 (integer) のサイズ指定\n"
7095+" x[サイズ] 16 進数 1 整数 (integer) のサイズ指定\n"
70967096
70977097 #: src/od.c:397
70987098 msgid ""
@@ -7118,8 +7118,8 @@ msgid ""
71187118 "each output line.\n"
71197119 msgstr ""
71207120 "\n"
7121-"どのタイプであって、末尾に z を付けると、\n"
7122-"各出力行の末尾に表示可能文字が表示されます。\n"
7121+"どのタイプの場合も z を接尾辞として付けると、各行の後ろに表示可能文字が\n"
7122+"出力されます。\n"
71237123
71247124 #: src/od.c:409
71257125 msgid ""
@@ -7135,14 +7135,14 @@ msgid ""
71357135 msgstr ""
71367136 "\n"
71377137 "\n"
7138-"BYTES は 0x か 0X を接頭辞としてつけると 16 進数となり、\n"
7139-"以下の倍数接尾子を続けることができます。\n"
7138+"BYTES が 0x か 0X で始まっている場合は 16 進数と解釈されます。\n"
7139+"BYTES には以下の倍数接尾辞を後ろに付けることができます。\n"
71407140 " b 512\n"
71417141 " KB 1000\n"
71427142 " K 1024\n"
71437143 " MB 1000*1000\n"
71447144 " M 1024*1024\n"
7145-"などで、 G, T, P, E, Z, Y についても同様です。\n"
7145+"G, T, P, E, Z, Y についても同様です。\n"
71467146
71477147 #: src/od.c:683 src/od.c:803
71487148 #, c-format
@@ -7175,7 +7175,7 @@ msgstr "型指定文字列 %2$s に無効な文字 '%1$c' が含まれていま
71757175 #: src/od.c:1105
71767176 #, c-format
71777177 msgid "cannot skip past end of combined input"
7178-msgstr "入力の終端を越えて読みとばす事はできません"
7178+msgstr "入力の終端を越えて読みとばすことはできません"
71797179
71807180 #: src/od.c:1658
71817181 #, c-format
@@ -7224,13 +7224,13 @@ msgid ""
72247224 " -d, --delimiters=LIST reuse characters from LIST instead of TABs\n"
72257225 " -s, --serial paste one file at a time instead of in parallel\n"
72267226 msgstr ""
7227-" -d, --delimiters=LIST タブ文字の代わりに, LIST の文字を区切りとして使用\n"
7228-" -s, --serial 一行毎ではなく, 一度に 1 つのファイルを貼付ける\n"
7227+" -d, --delimiters=LIST タブ文字の代わりに LIST の文字を区切りとして使用\n"
7228+" -s, --serial 一行毎ではなく、一度に 1 つのファイルを貼り付ける\n"
72297229
72307230 #: src/paste.c:516
72317231 #, c-format
72327232 msgid "delimiter list ends with an unescaped backslash: %s"
7233-msgstr "区切り LIST がエスケープされていないバックスラッシュで終了しています: %s"
7233+msgstr "区切り文字 LIST がエスケープされていないバックスラッシュで終了しています: %s"
72347234
72357235 #: src/pathchk.c:89
72367236 msgid ""
@@ -7240,7 +7240,7 @@ msgid ""
72407240 " -P check for empty names and leading \"-\"\n"
72417241 " --portability check for all POSIX systems (equivalent to -p -P)\n"
72427242 msgstr ""
7243-"無効または可搬性の無いファイル名であるかどうか診断します。\n"
7243+"無効または可搬性のないファイル名であるかどうか診断します。\n"
72447244 "\n"
72457245 " -p ほとんどの POSIX システムに合うかどうか確認する\n"
72467246 " -P 名前が空であるか、先頭に \"-\" があるかを確認する\n"
@@ -7417,7 +7417,7 @@ msgid "Roland Huebner"
74177417 msgstr "Roland Huebner"
74187418
74197419 #: src/pr.c:904
7420-#, fuzzy, c-format
7420+#, c-format
74217421 msgid "'--pages=FIRST_PAGE[:LAST_PAGE]' missing argument"
74227422 msgstr "'--pages=FIRST_PAGE[:LAST_PAGE]' 引数がありません"
74237423
@@ -7518,7 +7518,7 @@ msgstr ""
75187518 " -a, --across 各行を段組の横方向へ順に出力する。-COLUMN オプションと共に\n"
75197519 " 使用する\n"
75207520 " -c, --show-control-chars\n"
7521-" 制御文字にハットをつけ (例: ^G), その他の印字不能な文字\n"
7521+" 制御文字にハットをつけ (例: ^G)、その他の印字不能な文字\n"
75227522 " にはバックスラッシュと 8 進数で表示する\n"
75237523 " -d, --double-space\n"
75247524 " 行間に空行を挿入する\n"
@@ -7541,8 +7541,8 @@ msgstr ""
75417541 " CHAR, WIDTH の指定がなければ CHAR は TAB, \n"
75427542 " WIDTH は 8 に変更\n"
75437543 " -F, -f, --form-feed\n"
7544-" 改ページの際に改行ではなく, 改ページコードを使用\n"
7545-" (-f と共に 3行分, -f を指定しない場合 5行分のヘッダを出力)\n"
7544+" 改ページの際に改行ではなく、改ページコードを使用\n"
7545+" (-f と共に 3 行分、 -f を指定しない場合 5 行分のヘッダを出力)\n"
75467546
75477547 #: src/pr.c:2760
75487548 msgid ""
@@ -7593,10 +7593,10 @@ msgid ""
75937593 msgstr ""
75947594 " -n[SEP[DIGITS]], --number-lines[=SEP[DIGITS]]\n"
75957595 " 行番号を付ける。その際には DIGITS (5) 桁とし、その後\n"
7596-" に SEP (TAB)を使用する。デフォルトでは入力ファイルの\n"
7596+" に SEP (TAB) を使用する。デフォルトでは入力ファイルの\n"
75977597 " 1 行目から数え始める\n"
75987598 " -N, --first-line-number=NUMBER\n"
7599-" 表示した最初のページの1行目を NUMBER として数え始め\n"
7599+" 表示した最初のページの 1 行目を NUMBER として数え始め\n"
76007600 " る (+FIRST_PAGE を参照)\n"
76017601
76027602 #: src/pr.c:2787
@@ -7665,7 +7665,7 @@ msgstr ""
76657665 " ヘッダや本文の余白を省略し、入力ファイル中の改ページを\n"
76667666 " 無視する\n"
76677667 " -v, --show-nonprinting\n"
7668-" バックスラッシュ(\\) エスケープの八進数表記を使用する\n"
7668+" バックスラッシュ(\\) エスケープの 8 進数表記を使用する\n"
76697669 " -w PAGE_WIDTH, --width=PAGE_WIDTH\n"
76707670 " 複数列の出力時のみページ幅を PAGE_WIDTH (72)\n"
76717671 " 文字に設定する。 -s[char] は無効になる\n"
@@ -7741,10 +7741,10 @@ msgid ""
77417741 " \\uHHHH Unicode (ISO/IEC 10646) character with hex value HHHH (4 digits)\n"
77427742 " \\UHHHHHHHH Unicode character with hex value HHHHHHHH (8 digits)\n"
77437743 msgstr ""
7744-" \\NNN 八進数で表現したバイト NNN (数字 1 から 3 文字)\n"
7745-" \\xHH 十六進数で表現したバイト HH (英数字 1, 2 文字)\n"
7746-" \\uHHHH 十六進数で表現した Unicode (ISO/IEC 10646) スカラー値 HHHH (4文字)\n"
7747-" \\UHHHHHHHH 十六進数で表現した Unicode スカラー値 HHHHHHHH (8 文字)\n"
7744+" \\NNN 8 進数で表現したバイト NNN (数字 1 から 3 文字)\n"
7745+" \\xHH 16 進数で表現したバイト HH (英数字 1, 2 文字)\n"
7746+" \\uHHHH 16 進数で表現した Unicode (ISO/IEC 10646) スカラー値 HHHH (4文字)\n"
7747+" \\UHHHHHHHH 16 進数で表現した Unicode スカラー値 HHHHHHHH (8 文字)\n"
77487748
77497749 #: src/printf.c:127
77507750 msgid ""
@@ -7779,7 +7779,7 @@ msgstr "%s: 値は完全には変換されていません"
77797779 #: src/printf.c:253 src/printf.c:280
77807780 #, c-format
77817781 msgid "missing hexadecimal number in escape"
7782-msgstr "エスケープ中に16進数の数値がありません"
7782+msgstr "エスケープ中に 16 進数の数値がありません"
77837783
77847784 #: src/printf.c:292
77857785 #, c-format
@@ -7830,9 +7830,7 @@ msgstr ""
78307830
78317831 #: src/ptx.c:1823
78327832 msgid "Output a permuted index, including context, of the words in the input files.\n"
7833-msgstr ""
7834-"入力ファイルに含まれる単語の索引を並べ替え、前後を含めて出力します。\n"
7835-"\n"
7833+msgstr "入力ファイルに含まれる単語の索引を並べ替え、前後を含めて出力します。\n"
78367834
78377835 #: src/ptx.c:1830
78387836 msgid ""
@@ -7991,16 +7989,16 @@ msgid ""
79917989 msgstr ""
79927990 " -m, --canonicalize-missing 与えられた名前の要素中に存在するシンボリックリンクを\n"
79937991 " 再帰的に全て辿る。要素が存在しなくてもよい\n"
7994-" -n, --no-newline 最後に改行文字を出力しない\n"
7992+" -n, --no-newline 末尾に区切り文字を出力しない\n"
79957993 " -q, --quiet,\n"
79967994 " -s, --silent ほとんどのエラーメッセージ出力を抑止する\n"
79977995 " -v, --verbose エラーメッセージを報告する\n"
79987996 " -z, --zero 行の区切りとして改行文字ではなく NUL を使用する\n"
79997997
80007998 #: src/readlink.c:152
8001-#, fuzzy, c-format
7999+#, c-format
80028000 msgid "ignoring --no-newline with multiple arguments"
8003-msgstr "非オプション引数を無視します"
8001+msgstr "複数の引数の場合には --no-newline を無視します"
80048002
80058003 #: src/realpath.c:71
80068004 msgid ""
@@ -8071,9 +8069,9 @@ msgid "removed directory %s\n"
80718069 msgstr "ディレクトリを削除しました: %s\n"
80728070
80738071 #: src/remove.c:446
8074-#, fuzzy, c-format
8072+#, c-format
80758073 msgid "refusing to remove %s or %s directory: skipping %s"
8076-msgstr "ディレクトリ %s の削除に失敗しました"
8074+msgstr "%s かディレクトリ %s の削除を拒否されました。 %s をスキップします"
80778075
80788076 #: src/remove.c:504
80798077 #, c-format
@@ -8348,9 +8346,9 @@ msgid "unable to set security context %s"
83488346 msgstr "セキュリティコンテキスト %s を設定できません"
83498347
83508348 #: src/selinux.c:126 src/selinux.c:299
8351-#, fuzzy, c-format
8349+#, c-format
83528350 msgid "error canonicalizing %s"
8353-msgstr "%s の正規化に失敗しました"
8351+msgstr "%s の正規化でエラーが発生しました"
83548352
83558353 #: src/seq.c:68
83568354 #, c-format
@@ -8466,9 +8464,9 @@ msgid "invalid byte/character position %s"
84668464 msgstr "%s は無効な文字クラスです"
84678465
84688466 #: src/set-fields.c:274
8469-#, fuzzy, c-format
8467+#, c-format
84708468 msgid "invalid field value %s"
8471-msgstr "無効なフィールド番号です: %s"
8469+msgstr "無効なフィールド値 %s"
84728470
84738471 #: src/set-fields.c:282
84748472 #, fuzzy
@@ -8490,7 +8488,7 @@ msgid ""
84908488 "for even very expensive hardware probing to recover the data.\n"
84918489 msgstr ""
84928490 "指定されたファイルに対して上書きを繰り返し、非常に高価な機械でさえも\n"
8493-"データ復元の為の調査を行う事が非常に困難となるようにします。\n"
8491+"データ復元の為の調査を行うことが非常に困難となるようにします。\n"
84948492
84958493 #: src/shred.c:173
84968494 msgid ""
@@ -8766,9 +8764,7 @@ msgstr ""
87668764
87678765 #: src/shuf.c:67
87688766 msgid "Write a random permutation of the input lines to standard output.\n"
8769-msgstr ""
8770-"入力行をランダムに並べ替えて標準出力に書き込みます。\n"
8771-"\n"
8767+msgstr "入力行をランダムに並べ替えて標準出力に書き込みます。\n"
87728768
87738769 #: src/shuf.c:74
87748770 msgid ""
@@ -8787,9 +8783,9 @@ msgstr ""
87878783 " -z, --zero-terminated 行の区切りとして改行文字ではなく NUL を使用する\n"
87888784
87898785 #: src/shuf.c:225
8790-#, fuzzy, c-format
8786+#, c-format
87918787 msgid "too many input lines"
8792-msgstr "重複した行が多すぎます"
8788+msgstr "入力行が多すぎます"
87938789
87948790 #: src/shuf.c:427
87958791 #, c-format
@@ -9171,9 +9167,8 @@ msgid "standard error"
91719167 msgstr "標準エラー"
91729168
91739169 #: src/sort.c:3738
9174-#, fuzzy
91759170 msgid "cannot read"
9176-msgstr "%s: 巻き戻しできません"
9171+msgstr "読み込みできません"
91779172
91789173 #: src/sort.c:4017
91799174 #, c-format
@@ -9352,7 +9347,7 @@ msgstr "ファイル %s を作成しています\n"
93529347 #: src/split.c:429
93539348 #, c-format
93549349 msgid "%s would overwrite input; aborting"
9355-msgstr ""
9350+msgstr "%s が入力を上書きしてしまいます。中止します"
93569351
93579352 #: src/split.c:445
93589353 #, c-format
@@ -9670,8 +9665,8 @@ msgstr ""
96709665 " %N クォートされたファイル名。シンボリックリンクの場合は参照先ファイル名も表示される\n"
96719666 " %o 最適な I/O 転送サイズサイズのヒント情報\n"
96729667 " %s 合計サイズ (バイト単位)\n"
9673-" %t メジャーデバイス番号 (16 進数表記); キャラクター/ブロックデバイスのスペシャルファイルの場合\n"
9674-" %T マイナーデバイス番号 (16 進数表記); キャラクター/ブロックデバイスのスペシャルファイルの場合\n"
9668+" %t メジャーデバイス番号 (16 進数表記)。キャラクター/ブロックデバイススペシャルファイルの場合\n"
9669+" %T マイナーデバイス番号 (16 進数表記)。キャラクター/ブロックデバイススペシャルファイルの場合\n"
96759670
96769671 #: src/stat.c:1481
96779672 msgid ""
@@ -9742,8 +9737,7 @@ msgstr "使用法: %s OPTION... COMMAND\n"
97429737
97439738 #: src/stdbuf.c:91
97449739 msgid "Run COMMAND, with modified buffering operations for its standard streams.\n"
9745-msgstr ""
9746-"標準入出力ストリームのバッファ動作を変更して COMMAND を実行します。\n"
9740+msgstr "標準入出力ストリームのバッファ動作を変更して COMMAND を実行します。\n"
97479741
97489742 #: src/stdbuf.c:97
97499743 msgid ""
@@ -9815,9 +9809,9 @@ msgid "line buffering stdin is meaningless"
98159809 msgstr "標準入力に対する行モードのバッファ設定は意味がありません"
98169810
98179811 #: src/stdbuf.c:376
9818-#, fuzzy, c-format
9812+#, c-format
98199813 msgid "you must specify a buffering mode option"
9820-msgstr "%2$s と併せて相対的な %1$s を指定しなければいけません"
9814+msgstr "バッファリングモードオプションを指定しなければいけません"
98219815
98229816 #: src/stty.c:530
98239817 #, c-format
@@ -10702,7 +10696,7 @@ msgid ""
1070210696 msgstr ""
1070310697 " -f, --follow[={name|descriptor}]\n"
1070410698 " ファイルが大きくなるのに合わせて追加されたデータを出力する。\n"
10705-" オプションの引数が指定されなかった場合は 'descriptor' になります\n"
10699+" オプションの引数が指定されなかった場合は 'descriptor' になる\n"
1070610700 " -F --follow=name --retry と等価\n"
1070710701
1070810702 #: src/tail.c:279
@@ -10801,9 +10795,9 @@ msgid "cannot determine location of %s. reverting to polling"
1080110795 msgstr "%s の位置が決定できません。ポーリングに戻ります"
1080210796
1080310797 #: src/tail.c:959
10804-#, fuzzy, c-format
10798+#, c-format
1080510799 msgid "%s has been replaced with a symbolic link. giving up on this name"
10806-msgstr "%s はリモートファイルに置き換えられました。このファイル名については処理を終了します"
10800+msgstr "%s はシンボリックリンクに置き換えられました。このファイル名については処理を終了します"
1080710801
1080810802 #: src/tail.c:974
1080910803 #, c-format
@@ -10907,14 +10901,14 @@ msgid "option used in invalid context -- %c"
1090710901 msgstr "無効なコンテキストでオプションが使用されました -- %c"
1090810902
1090910903 #: src/tail.c:2171
10910-#, fuzzy, c-format
10904+#, c-format
1091110905 msgid "warning: --retry ignored; --retry is useful only when following"
10912-msgstr "警告: PID は無視されました。--pid=PID は追跡をしているときのみ有効です"
10906+msgstr "警告: --retry は無視されました。 --retry は追跡をしているときのみ有効です"
1091310907
1091410908 #: src/tail.c:2175
1091510909 #, c-format
1091610910 msgid "warning: --retry only effective for the initial open"
10917-msgstr ""
10911+msgstr "警告: --retry は最初のファイルオープン時にしか指定できません"
1091810912
1091910913 #: src/tail.c:2180
1092010914 #, c-format
@@ -11332,7 +11326,7 @@ msgstr "コマンド待機中にエラーが発生しました"
1133211326 #: src/timeout.c:485
1133311327 #, c-format
1133411328 msgid "the monitored command dumped core"
11335-msgstr ""
11329+msgstr "監視しているコマンドがコアダンプしました"
1133611330
1133711331 #: src/timeout.c:497
1133811332 #, fuzzy, c-format
@@ -11483,7 +11477,7 @@ msgstr ""
1148311477 "SET は文字列によって指定します。多くの場合その文字自身を表現します。\n"
1148411478 "解釈のされ方は以下の通りです:\n"
1148511479 "\n"
11486-" \\NNN 文字の八進数表現(1 から 3 個の 八進数)\n"
11480+" \\NNN 文字の 8 進数表現(1 から 3 個の 8 進数)\n"
1148711481 " \\\\ バックスラッシュ\n"
1148811482 " \\a ベル\n"
1148911483 " \\b バックスペース\n"
@@ -11509,7 +11503,7 @@ msgstr ""
1150911503 " [CHAR1-CHAR2] SET1 と SET2 の両方で指定した場合には CHAR1-CHAR2 と同じ\n"
1151011504 " [CHAR*] SET2 として, CHAR を SET1 の長さ分展開した文字列\n"
1151111505 " [CHAR*REPEAT] CHAR を REPEAT 個展開した文字列, REPEAT の値を 0 から\n"
11512-" 始めた場合には八進数として解釈する\n"
11506+" 始めた場合には 8 進数として解釈する\n"
1151311507 " [:alnum:] 全てのアルファベットと数字\n"
1151411508 " [:alpha:] 全てのアルファベット\n"
1151511509 " [:blank:] 全ての水平方向空白類文字\n"
@@ -11533,7 +11527,7 @@ msgstr ""
1153311527 " [:punct:] 全ての句読点\n"
1153411528 " [:space:] 全ての水平及び垂直タブ文字\n"
1153511529 " [:upper:] 全ての大文字アルファベット\n"
11536-" [:xdigit:] 全ての十六進数数値\n"
11530+" [:xdigit:] 全ての 16 進数数値\n"
1153711531 " [=CHAR=] 全ての CHAR と等価な文字\n"
1153811532
1153911533 #: src/tr.c:338
@@ -11566,7 +11560,7 @@ msgid ""
1156611560 "warning: the ambiguous octal escape \\%c%c%c is being\n"
1156711561 "\tinterpreted as the 2-byte sequence \\0%c%c, %c"
1156811562 msgstr ""
11569-"警告: 曖昧な八進数のエスケープ \\%c%c%c は\n"
11563+"警告: 曖昧な 8 進数のエスケープ \\%c%c%c は\n"
1157011564 "\t2バイトのシーケンス \\0%c%c, %c として解釈されます"
1157111565
1157211566 #: src/tr.c:517
@@ -11730,7 +11724,7 @@ msgid ""
1173011724 " -s, --size=SIZE set or adjust the file size by SIZE bytes\n"
1173111725 msgstr ""
1173211726 " -r, --reference=RFILE サイズとして RFILE のサイズを使用する\n"
11733-" -s, --size=SIZE ファイルサイズを SIZE に設定・調整する\n"
11727+" -s, --size=SIZE ファイルサイズを SIZE バイトに設定、調整する\n"
1173411728
1173511729 #: src/truncate.c:94
1173611730 msgid ""
@@ -11862,7 +11856,7 @@ msgstr ""
1186211856 "システム情報を表示します。 OPTION が指定されていない場合は -s と同じです。\n"
1186311857 "\n"
1186411858 " -a, --all 以下の順番でシステム情報を全て表示する (ただし -p\n"
11865-" と -i が unknown の場合は省略される):\n"
11859+" と -i が unknown の場合は省略される)\n"
1186611860 " -s, --kernel-name カーネル名を表示する\n"
1186711861 " -n, --nodename ネットワークノードとしてのホスト名を表示する\n"
1186811862 " -r, --kernel-release カーネルリリース番号を表示する\n"
@@ -11907,7 +11901,7 @@ msgid ""
1190711901 msgstr ""
1190811902 " -a, --all 先頭の空白だけでなく、全ての空白を変換する\n"
1190911903 " --first-only 空白のうち最初の一連の空白のみ変換する (-a より優先される)\n"
11910-" -t, --tabs=N タブ幅を 8文字ではなく N 文字にする (-a が有効になる)\n"
11904+" -t, --tabs=N タブ幅を 8 文字ではなく N 文字にする (-a が有効になる)\n"
1191111905 " -t, --tabs=LIST タブ位置をコンマで区切られた LIST に設定する (-a が有効になる)\n"
1191211906
1191311907 #: src/unexpand.c:152
@@ -12027,12 +12021,12 @@ msgstr "比較するバイト数の指定が無効です"
1202712021 #: src/uniq.c:646
1202812022 #, c-format
1202912023 msgid "--group is mutually exclusive with -c/-d/-D/-u"
12030-msgstr ""
12024+msgstr "--group は -c/-d/-D/-u と一緒に使うことはできません"
1203112025
1203212026 #: src/uniq.c:653
12033-#, fuzzy, c-format
12027+#, c-format
1203412028 msgid "grouping and printing repeat counts is meaningless"
12035-msgstr "全ての重複行と繰り返し回数を表示することに意味がありません"
12029+msgstr "グルーピングと繰り返し回数の表示を同時に指定しても意味がありません"
1203612030
1203712031 #: src/uniq.c:660
1203812032 #, c-format
@@ -12083,9 +12077,9 @@ msgid_plural "up %ld days %2d:%02d, "
1208312077 msgstr[0] "稼働時間 %ld 日 %2d:%02d "
1208412078
1208512079 #: src/uptime.c:149
12086-#, fuzzy, c-format
12080+#, c-format
1208712081 msgid "up %2d:%02d, "
12088-msgstr "稼働時間 %ld 日 %2d:%02d "
12082+msgstr "稼働時間 %2d:%02d, "
1208912083
1209012084 #: src/uptime.c:151
1209112085 #, c-format
@@ -12106,7 +12100,7 @@ msgid ""
1210612100 "in the run queue over the last 1, 5 and 15 minutes."
1210712101 msgstr ""
1210812102 "現在時刻、システム起動からの時間、システム上にいるユーザ数、および\n"
12109-"直近1、5、15分間の実行キューに存在するジョブの平均数を表示します。"
12103+"直近 1、5、15 分間の実行キューに存在するジョブの平均数を表示します。"
1211012104
1211112105 #: src/uptime.c:208
1211212106 #, c-format
Show on old repository browser