• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

jm: Commit

翻訳ドキュメント管理用


Commit MetaInfo

Revisión90ee940044b500e209872d3f5196456b8bfe0da4 (tree)
Tiempo2022-12-05 10:05:17
Autorcyoichi <cyoichi@user...>
Commitercyoichi

Log Message

modutils: add notices telling that this package is obsolete.

modified: manual/modutils/release/man1/kernelversion.1
modified: manual/modutils/release/man2/create_module.2
modified: manual/modutils/release/man2/delete_module.2
modified: manual/modutils/release/man2/get_kernel_syms.2
modified: manual/modutils/release/man2/init_module.2
modified: manual/modutils/release/man2/query_module.2
modified: manual/modutils/release/man5/modules.conf.5
modified: manual/modutils/release/man8/depmod.8
modified: manual/modutils/release/man8/genksyms.8
modified: manual/modutils/release/man8/insmod.8
modified: manual/modutils/release/man8/kallsyms.8
modified: manual/modutils/release/man8/kdstat.8
modified: manual/modutils/release/man8/ksyms.8
modified: manual/modutils/release/man8/lsmod.8
modified: manual/modutils/release/man8/modinfo.8
modified: manual/modutils/release/man8/modprobe.8
modified: manual/modutils/release/man8/rmmod.8

Cambiar Resumen

Diferencia incremental

--- a/manual/modutils/release/man1/kernelversion.1
+++ b/manual/modutils/release/man1/kernelversion.1
@@ -7,6 +7,9 @@
77 kernelversion \- カーネルのメジャーバージョンを報告するプログラム
88 .SH 書式
99 .B kernelversion
10+.SH このマニュアルについて
11+これは、Linux Kernel 2.4 時代に使われていた modutils
12+パッケージ所収の古いマニュアルです。(2022/12/02, Linux JM Project)
1013 .SH 説明
1114 .B kernelversion
1215 は Debian GNU/Linux 向けの、
--- a/manual/modutils/release/man2/create_module.2
+++ b/manual/modutils/release/man2/create_module.2
@@ -20,6 +20,9 @@ create_module \- ローダブルモジュールのエントリを生成する
2020 .sp
2121 .BI "caddr_t create_module(const char *" name ", size_t " size );
2222 .fi
23+.SH このマニュアルについて
24+これは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
25+パッケージ所収の古いマニュアルです。(2022/12/02, Linux JM Project)
2326 .SH 説明
2427 .B create_module
2528 はローダブルモジュール(loadable module)のエントリを作成し、そのモジュール
--- a/manual/modutils/release/man2/delete_module.2
+++ b/manual/modutils/release/man2/delete_module.2
@@ -20,6 +20,9 @@ delete_module \- ローダブルモジュールのエントリを削除する
2020 .sp
2121 .BI "int delete_module(const char *" name );
2222 .fi
23+.SH このマニュアルについて
24+これは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
25+パッケージ所収の古いマニュアルです。(2022/12/02, Linux JM Project)
2326 .SH 説明
2427 .B delete_module
2528 は未使用のローダブルモジュールのエントリを削除しようと試みる。
--- a/manual/modutils/release/man2/get_kernel_syms.2
+++ b/manual/modutils/release/man2/get_kernel_syms.2
@@ -20,6 +20,9 @@ get_kernel_syms \- エクスポートされているカーネルとモジュー
2020 .sp
2121 .BI "int get_kernel_syms(struct kernel_sym *" table );
2222 .fi
23+.SH このマニュアルについて
24+これは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
25+パッケージ所収の古いマニュアルです。(2022/12/02, Linux JM Project)
2326 .SH 説明
2427 \fItable\fP が \fBNULL\fP ならば、\fBget_kernel_syms\fP は問い合わせで
2528 きるシンボルの数を返す。\fBNULL\fP でなければ、以下の構造体に値を入れ
--- a/manual/modutils/release/man2/init_module.2
+++ b/manual/modutils/release/man2/init_module.2
@@ -20,6 +20,9 @@ init_module \- ローダブルモジュールのエントリを初期化する
2020 .sp
2121 .BI "int init_module(const char *" name ", struct module *" image );
2222 .fi
23+.SH このマニュアルについて
24+これは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
25+パッケージ所収の古いマニュアルです。(2022/12/02, Linux JM Project)
2326 .SH 説明
2427 .B init_module
2528 は再配置されたモジュールイメージをカーネル空間にロードし、その
--- a/manual/modutils/release/man2/query_module.2
+++ b/manual/modutils/release/man2/query_module.2
@@ -21,6 +21,9 @@ query_module \- モジュールに関連する各種の情報をカーネルに
2121 \fBint query_module(const char *\fIname\fB, int \fIwhich\fB,
2222 void *\fIbuf\fB, size_t \fIbufsize\fB, size_t *\fIret\fB);
2323 .fi
24+.SH このモジュールについて
25+これは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
26+パッケージ所収の古いマニュアルです。(2022/12/02, Linux JM Project)
2427 .SH 説明
2528 .B query_module
2629 は、ローダブルモジュールに関連する情報をカーネルに問い合わせる。情報の
--- a/manual/modutils/release/man5/modules.conf.5
+++ b/manual/modutils/release/man5/modules.conf.5
@@ -12,6 +12,13 @@
1212 .SH 名前
1313 modules.conf \- カーネルモジュールのロードに対する設定ファイル
1414 .hy 0
15+.SH このマニュアルについて
16+このマニュアルは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
17+パッケージの設定ファイル \fBmodules.conf\fP
18+の説明で、古いものです。現在ではたいていの場合、kmod
19+パッケージのユーティリティがモジュールの管理に使われており、
20+設定ファイルのマニュアルも \fBmodprobe.d\fP と \fBdepmod.d\fP
21+の二つに別れています。(2022/12/02, Linux JM Project)
1522 .SH 説明
1623 .BR modprobe (8)
1724 (および
--- a/manual/modutils/release/man8/depmod.8
+++ b/manual/modutils/release/man8/depmod.8
@@ -20,6 +20,10 @@ depmod \- ローダブルカーネルモジュールの依存関係の記述を
2020 .RI [ forced_version ]
2121 .br
2222 .B depmod \fR[\-enqrsuv] [\-F \fIkernelsyms\fR] module1.o module2.o ...
23+.SH このマニュアルについて
24+このマニュアルは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
25+パッケージの \fBdepmod\fP の説明で、古いものです。現在ではたいていの場合、kmod
26+パッケージの \fBdepmod\fP が使われています。(2022/12/02, Linux JM Project)
2327 .SH 説明
2428 .B depmod
2529 および
--- a/manual/modutils/release/man8/genksyms.8
+++ b/manual/modutils/release/man8/genksyms.8
@@ -14,6 +14,10 @@ genksyms \- シンボルのバージョン情報を生成する
1414 .B genksyms
1515 [\-wq] [\-dD] [\-V] [\-k\ \fIversion\fR] [\-p string]
1616 [\fIoutput\ directory\fR]
17+.SH このマニュアルについて、
18+これは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
19+パッケージ所収の古いユーティリティのマニュアルです。(2022/12/02,
20+Linux JM Project)
1721 .SH 説明
1822 .B genksyms
1923 は (標準入力から) "\fBgcc -E source.c\fR" の出力を読み込み、
--- a/manual/modutils/release/man8/insmod.8
+++ b/manual/modutils/release/man8/insmod.8
@@ -19,6 +19,10 @@ insmod \- ローダブルカーネルモジュールをインストールする
1919 .B insmod
2020 [\-fhkLmnpqrsSvVxXyY] [\-e\ persist_name] [\-o\ module_name]
2121 [\-O\ blob_name] [\-P\ prefix] module [\ symbol=value\ ...\ ]
22+.SH このマニュアルについて
23+このマニュアルは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
24+パッケージの \fBinsmod\fP の説明で、古いものです。現在ではたいていの場合、kmod
25+パッケージの \fBinsmod\fP が使われています。(2022/12/02, Linux JM Project)
2226 .SH 説明
2327 .B insmod
2428 は実行中のカーネルにローダブルモジュールをインストールする。
--- a/manual/modutils/release/man8/kallsyms.8
+++ b/manual/modutils/release/man8/kallsyms.8
@@ -12,6 +12,10 @@ kallsyms \- デバッグ用に全てのカーネルシンボルを抽出する
1212 .SH 書式
1313 .B kallsyms
1414 [\-Vh] kernel_filename
15+.SH このマニュアルについて
16+これは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
17+パッケージ所収の古いユーティリティのマニュアルです。(2022/12/02,
18+Linux JM Project)
1519 .SH 説明
1620 .hy 0
1721 .B kallsyms
--- a/manual/modutils/release/man8/kdstat.8
+++ b/manual/modutils/release/man8/kdstat.8
@@ -19,6 +19,10 @@ kdstat \- kerneld の内部状態の表示・変更を行うプログラム
1919 .br
2020 .B kdstat
2121 .I delay=<time>
22+.SH このマニュアルについて、
23+これは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
24+パッケージ所収の古いユーティリティのマニュアルです。(2022/12/02,
25+Linux JM Project)
2226 .SH 説明
2327 このマニュアルページは
2428 .B kdstat
--- a/manual/modutils/release/man8/ksyms.8
+++ b/manual/modutils/release/man8/ksyms.8
@@ -12,6 +12,10 @@ ksyms \- エクスポートされているカーネルシンボルを表示す
1212 .SH 書式
1313 .B ksyms
1414 [\-ahm]
15+.SH このマニュアルについて、
16+これは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
17+パッケージ所収の古いユーティリティのマニュアルです。(2022/12/02,
18+Linux JM Project)
1519 .SH 説明
1620 .B ksyms
1721 は、エクスポートされているカーネルシンボルに関する情報を表示する。表示
--- a/manual/modutils/release/man8/lsmod.8
+++ b/manual/modutils/release/man8/lsmod.8
@@ -13,6 +13,10 @@ lsmod \- ロードされているモジュールの一覧を表示する
1313 .SH 書式
1414 .B lsmod
1515 [-hV]
16+.SH このマニュアルについて
17+このマニュアルは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
18+パッケージの \fBlsmod\fP の説明で、古いものです。現在ではたいていの場合、kmod
19+パッケージの \fBlsmod\fP が使われています。(2022/12/02, Linux JM Project)
1620 .SH 説明
1721 .B lsmod
1822 は、全てのロードされているモジュールに関する情報を表示する。
--- a/manual/modutils/release/man8/modinfo.8
+++ b/manual/modutils/release/man8/modinfo.8
@@ -15,6 +15,10 @@ modinfo \- カーネルモジュールに関する情報を表示する
1515 .SH 書式
1616 .B modinfo
1717 [ options ] <module_file>
18+.SH このマニュアルについて
19+このマニュアルは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
20+パッケージの \fBmodinfo\fP の説明で、古いものです。現在ではたいていの場合、kmod
21+パッケージの \fBmodinfo\fP が使われています。(2022/12/02, Linux JM Project)
1822 .SH 説明
1923 .B modinfo
2024 ユーティリティはカーネルモジュールに対応するオブジェクトファイル
--- a/manual/modutils/release/man8/modprobe.8
+++ b/manual/modutils/release/man8/modprobe.8
@@ -33,6 +33,11 @@ modprobe \- ローダブルモジュールの高レベル管理
3333 .br
3434 .B modprobe
3535 -Vh
36+.SH このマニュアルについて
37+このマニュアルは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
38+パッケージの \fBmodprobe\fP の説明で、古いものです。現在ではたいていの場合、
39+kmod パッケージの \fBmodprobe\fP が使われています。(2022/12/02,
40+Linux JM Project)
3641 .SH オプション
3742 .TP
3843 .BR \-a ", " \-\-all
--- a/manual/modutils/release/man8/rmmod.8
+++ b/manual/modutils/release/man8/rmmod.8
@@ -19,6 +19,10 @@ rmmod \- ローダブルモジュールをアンロードする
1919 .hy 0
2020 .B rmmod
2121 [ \-aehrsvV ] module ...
22+.SH このマニュアルについて
23+このマニュアルは、Linux Kernel 2.4 の時代に使われていた modutils
24+パッケージの \fBrmmod\fP の説明で、古いものです。現在ではたいていの場合、kmod
25+パッケージの \fBrmmod\fP が使われています。(2022/12/02, Linux JM Project)
2226 .SH 説明
2327 .B rmmod
2428 は、実行中のカーネルからローダブルモジュールをアンロードする。
Show on old repository browser