• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

textbook: Commit

Ring 同人誌 (Ring Super Charger) の草稿版を連載予定。ライセンスは 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 (CC BY-NC-ND 4.0) です。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja


Commit MetaInfo

Revisiónb775c4e762bbcc390399e968a11d3d83d86d6274 (tree)
Tiempo2020-05-15 15:45:32
Autormegumi_engines <megumi_engines@user...>
Commitermegumi_engines

Log Message

メモの追加

Cambiar Resumen

Diferencia incremental

Binary files a/C01_Introduction/rsc_intro.hnd and b/C01_Introduction/rsc_intro.hnd differ
--- /dev/null
+++ b/memorandom/ring-sc-introduction.txt
@@ -0,0 +1,100 @@
1+
2+Ring 連載計画書
3+
4+
5+
6+Daily Tips, Exercise, and Tricks の連載 (毎日)
7+
8+
9+
10+
11+一ヶ月目
12+ ・対象読者
13+ ・動作要件
14+ ・インストールガイド
15+ ・問答集
16+ ・練習問題
17+
18+
19+・徹底解説 : 対象となる読者
20+ ・コマンドプロンプトを使用できること。
21+ ・基本操作ができること
22+ ・基本的作法を身につけていること。
23+ ・日本語で質問ができること。
24+
25+・徹底解説 : インストールガイド
26+ ・動作要件
27+
28+・徹底解説 : インストールガイド(初級〜上級編)
29+ ・Ring のインストール
30+ ・Sphinx のインストール方法
31+ ・OmegaT のインストール
32+ ・Totorise Git のインストール
33+ ・Visual Studio のインストール
34+ ・Android SDK/NDK のインストール
35+ ・Qt のインストール
36+ ・テキストエディタのインストール
37+ ・OSDNアカウントの開設
38+ ・Quitaアカウントの開設
39+
40+
41+
42+
43+二ヶ月目 : 基本構文
44+ ・基本データ構造
45+ ・制御構造
46+ ・関数
47+ ・記法
48+ ・練習問題
49+ ・問答集
50+
51+
52+普及を図るものである。
53+
54+
55+一ヶ月目・初級プログラミング
56+
57+
58+
59+
60+ただのプログラミング言語教本ではなく、有能な人々をそだてることを目的としている。
61+
62+
63+
64+田舎で腐っている人々に活躍の機会を与えること。
65+
66+このような話をよく聞きます。
67+
68+
69+
70+----
71+
72+今後、段階的に総ルビを導入していきます。
73+作業工数はかなり多めです。
74+
75+技術面の制約により、オンライン版に限りますが。
76+実際は逆です。ルビを使うことで推敲の機会が増え、結果として文書の質を高めることになります。
77+また、対象読者を増やすことにもなります。
78+
79+
80+
81+
82+発音できない人がいます。
83+
84+障害のせいでプログラマとしての
85+
86+
87+毎回思うんですけど、
88+
89+
90+
91+そんなスゴイならなんで日本に持ってこなかったの?
92+全く普及していません。化けることも無いだろうなあと諦めています。
93+
94+オリジナルのリファレンスマニュアルは、読了のたびに5時間以上もかかるため、毎日読むにはキツすぎます。
95+使いづらいリファレンスマニュアルの改訂版として書きました。
96+
97+執筆環境
98+スマートフォンと口述筆記で行い
99+・
100+執筆中に聴いていたアルバムなど
--- /dev/null
+++ b/memorandom/rsc-intro-chaos.txt
@@ -0,0 +1,335 @@
1+
2+学術界そして産業界の多くの人々により共有され長年支持され続けた「衆人に訴える論証 (Appeal to Popularity)」に関する誤謬 (ごびゅう) によるものだと思います。
3+
4+ゲダルヤ
5+
6+
7+プログラミング言語です。挫折しづらく習得も容易です。
8+
9+
10+
11+
12+
13+有名だから良いものではない。そして、ありきたりだから悪いものと決めつけることはダメてす。
14+
15+
16+
17+
18+
19+たまたま、ある少人数の意思決定により先導されたに過ぎません。
20+
21+
22+
23+もう裏切られたり、我慢したり、騙されなくていい。
24+
25+
26+初心者さんに言いたいことは、いじる前にもとに戻せるようにすること。
27+
28+本業にならなくても、
29+プログラミングができる時代です。
30+
31+
32+プログラマになってどうするのですか?
33+
34+たしかに法人は個人ではできないことができます。個人では買うこともできない商品を買ったりすることもできるでしょう。
35+
36+
37+しかし、この日本という国は、有能な人や専門家いじめの横行する素人集団の国です。
38+
39+素人がゆるされるのはおとうさんがかくれてみるいけない円盤だけでいいです。
40+
41+アップルがそうだから、というのは関係があるのですか?
42+
43+
44+
45+
46+執筆方針
47+心構え
48+
49+
50+あれから、だいぶ経ちます。
51+
52+開発環境1000本ノックを書こうとしたのですが、時間がかりすぎるのでやめました。
53+
54+プログラミングで環境構築ができない人へ。Ring なら今すぐできます。
55+
56+
57+ガチガチの実用品を作るよりもプログラミングを楽しむことを重視しています。
58+ 
59+できない人にはとことん冷たいのがプログラミングの世界です。
60+
61+で、真女神転生から着想を得てロウ・ニュートラル・カオスルートを用意しました。ゲームブック方式ではありませんけど
62+
63+
64+Ring を勧めるために書いているわけではなく、単に使いづらいものをなんとかしたいからです。だいたい、ここまでが限界で使い倒せばいい基準もあります。
65+
66+普及していないものを無理に普及させる気はありません。
67+
68+使いづらいものを使いやすくするには技能の鍛錬がいる。
69+
70+
71+VBAマクロやバッチファイルも組ない様な人が
72+
73+
74+プログラミングを
75+だめですね。
76+
77+C/C++
78+
79+Java
80+
81+
82+
83+Haskell
84+
85+
86+HSP
87+
88+あとで苦労しますよ?
89+
90+思い入れや憧れ、思い残りなどで勝手なことを言う人が多すぎます。それに素直に従おうとする初心者もダメですが。いいですか、初心者がいきなり実務家と同じ機材を使いこなせるわけがありません。教える方も自分が使い慣れているものを他人平気で勧めようとするのは思慮の浅さを否めないわけです。
91+
92+
93+上達のコツ
94+
95+
96+
97+初心者さんは背伸びをしたいのはわかります。
98+
99+けど、身体ができていないのでは大怪我をします。プログラミングは心身ともに過酷です。数の暴力に耐え抜けますか?
100+
101+
102+
103+動作要件
104+
105+(Windows XPでも動かせますけど、アホです)
106+
107+「とりあえず動く」と「快適に気持ちよく動かせる」では違います。プログラミングの実力がついてくるにつれて、イライラします。技能のある人は、ある程度そのままでもなんとかしますけど、それも限界があります。
108+
109+ゲーミングPCと呼ばれるものを、なるべく良いものを選んでください。プログラミングに向いてなければゲームでもすればいいんです。
110+
111+入門編のあとがき
112+
113+
114+
115+かつて日本語化されていないプログラミング言語は使い物にならないとされてきました。
116+
117+つかいたい機能が用意されていない、なにかしようとすると言語機能の範囲外となってしまう。
118+
119+なるべくわかりやすく用例、用語集、コラムなどこれでもかっていうくらい詰め込みました。消化不良を
120+
121+Ringは一風変わったプログラミング言語です。
122+
123+このくらいの内容で書いて欲しい。そういった考えて書いてるんですが。
124+ 
125+なるべく挫折しないようには注意深く書いてますがそれでも挫折する人がいることでしょう。
126+日本人がプログラミングができないのは英語のせいだとひどい言われようです。
127+
128+レトロゲームはプレミア価格がつくほどの人気を博し、日本人だけ日本のことを全く知らない。
129+
130+メモなので、不愉快な表現があります。ご了承ください。
131+
132+
133+
134+80人中20人は必ず挫折するでしょう。なにをしたらいいか自分で考えられないか、考えて答えを出せるほど能力がたりていない。
135+
136+心構えなども書いたほうがいいのかもしれません。
137+
138+
139+
140+執筆方針としては、ほかのプログラミング言語の付属ドキュメントや書籍など良質のものを積極的にふんだんに取り入れています。
141+
142+また、OmegaTをプロジェクトへ取り入れることで、短期間で翻訳書を仕上げられるような体制を構築しています。
143+
144+Ringはマハムード・ファイドにより2010年代に開発された汎用プログラミング言語です。
145+
146+こまかいことは、公式説明書を読んでくださいません。あまりにも長いんで割愛させていただきます。
147+
148+内容が結構被っているので、要約するのが非常に手間だからなのもあります。
149+
150+説明書の出来がよくありません。良かったのは、初版のみです。テキスト書くのがどうも苦手のようでして、書いたら書きっぱなしなのは直せないようです。
151+使いづらい取り扱い説明書の改定作業も兼ねています。誤訳の修正や改訳作業。
152+
153+取り扱い説明書の問題点
154+
155+扱いづらい。これに尽きます。じゃあなんでかっていうと、章の構成がおかしいんです。
156+
157+帯に短し襷に長し。入門書とも言えず、完全解説書としてはあまりに説明不足。
158+
159+正直、どうにかできないほどゴチャゴチャしています。
160+
161+ブログラミングスクールなんて行くより、ここでRingを出しましょう。
162+
163+これがちゃんと分冊になっていれば問題は少なかったんです。
164+
165+日本国内どころかアラビア語圏以外では全く普及していないドマイナー言語でもあります。
166+分冊化してあります。最初から全部一気に読まないでください。死にますよ?
167+
168+逆引き辞典の機能もあります。
169+
170+2000ページなんて普通の人は校閲できません。
171+
172+まだまだ整備の至らないところがありますので、そういったところを直す方法もできれば掲載して行く予定です。
173+
174+ちゃんと手を入れていけば、使うべき言語に育っていくでしょう。
175+
176+ドキュメントがだめですし、改良するにあたって翻訳活動はやめています。
177+
178+ほかの言語にはみられない機能があります。
179+
180+言語仕様は洗練されており、習得がしやすく、学習曲線やコストが低く、生産性が高いです。つまり、初心者から中上級者まで幅広く対応できます。
181+
182+本書では、ウェブサイトの使いかた、インストール方法から解説を始め、こと細かく書いていきます。
183+
184+
185+なぜ教えてくんではダメなのか?
186+
187+
188+聞きたいなら、きちんとした意見をしてください。
189+  
190+筆者としては、最終的に本書はRing だけにとどまらずプログラミング技術書を書く上でお手本になるようにしたいので。
191+
192+で、商用利用は禁止なんですが、筆者は例外なんで有償としています。
193+
194+ざんねんですが、翻訳者を大事にしない文化があります。
195+
196+
197+
198+https://creativecommons.jp/faq/#i5
199+あまり聞き慣れないプログラミング方法です。原著でもあっさり解説しすぎてわかりづらいので
200+
201+なんかわかっていない人が書いている感じがするんですよね。わかっていたら、きちんとした説明や補足を書き加えるでしょう。
202+
203+
204+「本章を読む前にこの章を読んでいおいてください」くらいは欲しい。
205+
206+本書はプログラミング言語 Ring の解説書です。
207+
208+マイナー言語の悩み事を失くすために
209+
210+自分が使いたい、読みたいもの、
211+
212+------
213+○インストール手順
214+本書ではおもに、下記の項目を取り扱います。
215+
216+Windows版のみの解説となっております。
217+
218+入門段階では、本書を読む必要はありません。指示に従っていただければ、使えるようになっています。
219+
220+とにかくよくわかっていないなら、余計なことはするなってことです。初心者ほど、そういうのをしがちです。わからないなら聞いてください。こっちも、人に教える技能を鍛えたいので、わざわざ面倒ごとを引き受けているのですから。
221+
222+当たり前ですが、余計なことをしないでください。
223+
224+あなたがた初心者は平気で余計なことをしていないとウソをつきたがります。
225+
226+削除してはいけないファイルを削除したり、正規の手順以外で編集してはいけないファイルを編集したり。そんなことを平気でしてしまいます。こういうのは、あなたが壊したのだから、質問されてもわかりません。
227+
228+書いていないからといってしてはいけません。
229+
230+しません。いやしたことがありません。凄いのではなく、きちんとした書籍を買い、してはいけないことを叩き込んでいたからです。
231+
232+
233+初心者さんに言いたいことは、これからなにかをする前に、これからすることを記録してください。
234+
235+レトロゲームはパスワード方式だったり、セーブ機能がないなんてあたりまえでした(別売りのセーブ専用ハードが必要だったり)
236+
237+いまは違います。セーブし放題です。つまり、セーブ機能を使ってください。
238+
239+
240+手を動かすことがどれほど大事なのか。
241+
242+ここに書いてあることがすべてのように錯覚しますけど、紙面や予算などの都合で書けないことは百冊分あります。ぜんぶ、そんなわけがないことくらいわかってください。
243+
244+
245+動画なり、テキストや音声なり、ユーチューブなり、ニコ動なり残す方法はたくさんあります。攻略方法もたくさんある時代です。
246+
247+かならず記録しましょうね。そうしないと、なにが原因なのか全くわかりません。
248+
249+
250+プログラムをしていくうえ失敗したりうまく行かないことよくあることで、はあたりまえです。いちいち恥ずかしい、バカにされているなどと思わないことです。それでウソをつかないでください。
251+
252+
253+Ringでプログラミングするのに、余計な問題が発生しないようすにするために、アカウントを作ります。
254+
255+執筆方針として、いろいろと導入していただきます。これは、実際の開発に使うばかりか、今後、コケないための能力を身につけるための実習と考えてください(ついでに覚えるなんてアホなことを考えている連中にそれが間違いであることを叩き込むため)。
256+
257+・基本開発環境のインストール(Install)
258+ Git, ConEmu, OmegaT, Python,
259+ Sphinx, Windows Help Workshop
260+
261+・Ring のインストール(ソースコード、バイナリ)
262+
263+・日本語化キットのインストー
264+
265+・サードパーティ製統合開発環境、ソースコードエディタのインストール
266+
267+・Android SDKのインストール
268+
269+・Visual Studioのインストール
270+
271+・Qtのインストール
272+
273+・RingPMによるパッケージのオンラインインストール
274+
275+・Ring のバージョンアップ
276+・Ring のバージョン共存、切り替え方法
277+
278+きちんとやれば、こういった環境が出来上がります。
279+
280+ちゃんと組むと、こういうふうに日本語化されます。
281+
282+いとも簡単に開発環境壊しやがるのでringpmに対応させる予定はありません(ringnotepad のバージョン上げたら起動不能になった)。
283+
284+挫折の原因やら時間の無駄になりますので、特に指示がない限り rinpm コマンドは使わないでください (故障の原因となります)
285+
286+
287+
288+そんなに難しいものでもなく、わからなければ聞いてください。言っている意味がわからないのでしたら、質問していただくなり。
289+
290+
291+
292+
293+これまでほとんど使われてこなかった技法を解説に使っています。
294+
295+復旧については有償です。
296+
297+
298+開発環境、資料の多寡、あるい翻訳物の有無とは全く歓迎がないです。
299+
300+
301+プログラミングの都市伝説
302+
303+見た目をGUI にしても、使いこなせない人は使いこなせません。統合開発環境の有無ではなく、処理系を使いやすくするための方針がなく、そのための労力に投資や注力をしていないからです。
304+
305+あなたのプログラミングが使われないのは、人間を軽視しているからです。
306+
307+
308+インストール方法
309+
310+Linuxをお使いのかたは、それなりの技能をお持ちでしょうから、なんとかしてください。
311+
312+
313+v.11.3より日本語版インストーラを用意してあります。通常はこちらをお使いください。
314+
315+
316+面倒なので飛ばします。
317+
318+
319+日本語版インストーラは
320+
321+
322+実行するたびに自己崩壊するHello, World
323+
324+
325+一回目は普通。
326+
327+3回目までまあ。
328+後はランダムに。
329+
330+
331+前半はwalkthroughといった感じにしています。
332+
333+
334+
335+
--- /dev/null
+++ b/memorandom/untitledintroronf.txt
@@ -0,0 +1,486 @@
1+
2+Ringはマハムード・ファイドにより2010年代に開発された汎用プログラミング言語です。
3+
4+
5+こまかいことは、公式説明書を読んでくださいませ。あまりにも長いんで割愛させていただきます。
6+
7+
8+日本国内どころかアラビア語圏以外では全く普及していないドマイナー言語でもあります。
9+
10+
11+
12+
13+説明書の出来がよくありません。良かったのは、初版のみです。
14+
15+テキスト書くのが
16+
17+
18+教授職のはずなのですが。
19+
20+
21+
22+
23+ほかの言語にはみられない機能があります。
24+
25+言語仕様は洗練されており、習得がしやすく、学習曲線やコストが低く、生産性が高いです。つまり、初心者から中上級者まで幅広く対応できます。
26+
27+
28+
29+
30+
31+
32+
33+
34+ただし、柔軟すぎるがゆえにご法度の作法もあります。
35+
36+
37+開発終了してしまった
38+ほかのマイナー言語、たとえばLuaからの移行先としても十分戦えることでしょう。
39+
40+
41+
42+本書では、ウェブサイトの使いかた、インストール方法から解説を始め、こと細かく
43+
44+
45+
46+なぜ無料なの?
47+
48+筆者の経験や技能の再確認。
49+
50+使いづらい取り扱い説明書の改定作業も兼ねています。誤訳の修正や改訳作業。
51+
52+
53+悪質プログラミングスクールの根絶もありますが、これは黙っていても勝手に滅んでいくでしょう。
54+
55+
56+多様性といいながら、ごく少数の意思決定によって動かされているわけでして。それがどれほど優れた技術であっても数の暴力には勝てないわけです。
57+
58+
59+
60+
61+なるべくわかりやすく用例、用語集、コラムなどこれでもかっていうくらい詰め込みました。
62+
63+このくらいの内容で書いて欲しい。そういった考えて書いてるんですが。
64+ 
65+なるべく挫折しないようには注意深く書いてますがそれでも挫折する人がいることでしょう。
66+
67+
68+
69+
70+使う人が少なく、なかなか出ないので、書くことにしました。
71+
72+
73+
74+本書で扱う範囲(※企画案)は下記のとおりです。
75+有償対応となります。質問一つにつき三千円を予定しております。
76+
77+・インストールガイド
78+
79+・コントリビューターズガイド
80+
81+
82+・シンタックスガイド
83+・標準ライブラリガイド
84+・データベースプログラミングガイド
85+・RayLibゲームプログラミングガイド
86+・RingQtで作る最強テキストパンチング環境
87+・Ring言語入門
88+・love2dゲームフレームワーク 試験移植 (Lua → Ringへの移行手引書)
89+・Ring API プログラミングガイド
90+
91+・実習
92+
93+
94+正直、翻訳者からすると流行らせる気はないので、こっそりお使いください。
95+
96+リンクは
97+
98+
99+
100+プログラミング言語 Ring
101+
102+特徴なんかは、取り扱い説明書を読んでください。
103+
104+
105+いちいち書いたところで、かったるいし、読むほうも苦痛でしょう。
106+
107+
108+無名関数が意味不明算数ドリルに見えたり、
109+
110+
111+メタプログラミングがメラメラプログラミングに見えたり
112+
113+パラパラチャーハンじゃなかったパラダイムとかオムライス志向、
114+いやオブジェクト志向なんて言ってもわかるわけがないでしょう。┐(´д`)┌
115+
116+
117+
118+
119+
120+
121+
122+あなたがしたいことはだいたいなんでもできるプログラミング言語です。そのかわりすぐにはつかいこなせるわけではありません。
123+
124+
125+お前のことだよ。
126+
127+それだけで十分でしょう。
128+
129+
130+本書
131+
132+
133+毒舌、キレ芸で書いてます。
134+
135+
136+みんなと同じでなければ嫌だって人は使わないでください。不親切すぎるし、
137+
138+
139+いちいち紙に印刷しようとする人も溜めです。印刷代や製本代だけで死にますよ?
140+
141+
142+確実に死にますよ? お父上のPython でも吸ってろってこった。
143+
144+
145+とにかく短気な人も面倒くさいのでプログラミングすくーるとかいう情弱をカモにするようなところでぼったくられてくるがいい。
146+
147+
148+なんでもタダで教えてもらおうなんて甘いことを考えている人もお呼びでありません。ものすごく時間と手間をかけて、薬師丸えつこです。
149+
150+
151+日本語でないからプログラミングできないんだと本気で誤解している人も帰ってください。そんな人は、MSX-DOSからやりなおしてください。
152+
153+5bit億回挫折しないと大事なことに気づけないですか。
154+
155+行っちゃうような人にも読んで欲しくありません。
156+
157+
158+
159+
160+本来、コロナウイルスとかいう人為的災害のせいで、
161+
162+
163+
164+
165+
166+あと、本体が外出しちゃうようなクソ虫愚民さんたちを家に縛り付けておくのに超絶つまらないもので
167+
168+
169+パチンコなんてやっている暇があるなら、ゲーマーのプログラミングでも
170+
171+
172+
173+なるべく
174+
175+
176+
177+はじめにすること
178+
179+
180+
181+パンツを被りましょう。う、嘘です。
182+
183+
184+
185+
186+
187+
188+動作要件の確認
189+
190+インストール
191+インストール
192+パンツカブットール
193+
194+
195+ってもう、いやですよね。ええ。いやです。
196+
197+「パスを通す」
198+「ダウンロード」
199+「実行ファイル」
200+「クリック」
201+「ウェブサイト」
202+「プログラム」
203+「コマンドプロンプト」
204+「Powershell」
205+「バッチファイル」 「Sphinx」
206+「html」
207+
208+
209+
210+
211+はい。そこの人。あたまがやられそうです。
212+
213+わからなくて当然です。昨日までのあなたは、そんなものがあることすらしらなかったわけです。
214+
215+
216+
217+
218+これが商用出版なら、付録で書きますけど、勉強し直してきてください。
219+
220+そういうのが足りないからコケるんです。
221+
222+外国かぶれのクソ技術者め。とかキレない。
223+
224+
225+日本語に意訳できない英単語や概念ってあります。
226+
227+
228+なんで
229+
230+
231+・結果をすぐ求める。
232+
233+・文書から用語を抽出して調べる能力がない。
234+
235+・黒魔術を行使する。
236+
237+・話を聞かない。
238+
239+
240+
241+
242+インストール
243+
244+
245+
246+
247+
248+普通の
249+
250+プログラミング入門以前
251+
252+
253+一部を除き、Ringの言語仕様は、はるかに優しいものです。ただし、そこから先は、
254+ライブラリの使いかたが中心となるため、一気に難易度があがります。
255+
256+
257+日本語なんてクソだとかいって英語ばかりやっていると、本当に別の意味であたまがわるくなって説明できなくなりますよ。
258+
259+
260+
261+まず、用語集を買いましょう。あまり売れないから、最近は刊行されていませんけど。
262+
263+Wikipediaは間違いが多かったり、説明不足なので。
264+
265+
266+CP/MやらMSX-DOSからやりなおせっていいたい。
267+
268+
269+
270+なんてつまらないし、なんの役に立つのかわからない。って人いますね。
271+
272+これ、結構プログラムを修正するときに使うんですよ。難しい用語を避けていいますと、不具合を見つけ出すときや、動作のわからないプログラムの解析などで使います。そのほか、プログラムの起動方法を記した画面を作るときや、プログラムの走査画面をつくるときにもつかいます。、
273+
274+
275+
276+プログラミング
277+
278+
279+
280+
281+面倒なので、
282+リンクを貼っておきます。
283+
284+あと、ミラーも用意してあります。
285+
286+
287+https://github.com/ring-lang/ring/releases/download/v1.12/Fayed_Ring_1.12_Windows.exe
288+
289+
290+https://sourceforge.net/projects/ring-lang/files/
291+
292+Fayed_Ring_1.12_Windows.exe
293+
294+Github
295+
296+導入代行について
297+
298+提供はできません。
299+
300+
301+
302+物理媒体での配布
303+
304+高品質のダウンロード環境がないかた向けに物理媒体での配布を行う予定です。
305+
306+
307+※受注生産となります。
308+
309+
310+
311+
312+
313+
314+当面は 1.12版で行きます。
315+
316+
317+本来は、Lite Release版を使い、段階的に拡張機能を導入していく方針でいきたいのですが、
318+
319+
320+プログラムを実行するには、ファイルにコードを保存します。例えば : hello.ring です。
321+コマンドラインまたはターミナルから、 Ring でプログラムを実行します (事前に Ring/bin フォルダのパスへ追加してください)。
322+ring hello.ring
323+
324+
325+作成したソースコードファイル(例えば hello.ring) を
326+
327+作成します。
328+
329+
330+
331+
332+
333+1. ソースファイルの作成
334+
335+
336+
337+2. コマンドプロンプト(ターミナル)を起動します。
338+
339+3.
340+
341+ソースコードのファイルを作成します。
342+
343+
344+
345+(本章の)まとめ(conclusion)
346+
347+
348+
349+
350+
351+スコープ
352+
353+通用範囲とも言います。
354+
355+
356+関数
357+
358+再利用
359+
360+
361+
362+<def|func> <関数名> [仮引数] [{]
363+ ステートメント・ブロック
364+[end|}]
365+
366+
367+まず、def か func で、このブロックは関数であることを宣言します。
368+
369+次に、関数名(識別子)を指定します。
370+
371+そして、関数内で使う仮引数(関数内でのみ使える定数)を宣言します。
372+
373+あとは
374+
375+
376+
377+def または func です。このほかにプログラマ側で意味のあるもの変更可能です。
378+
379+
380+
381+併用はできますが、混乱を避けるために、どちらか一方で統一してください。
382+
383+
384+
385+
386+
387+本書では一部の例外を除き Python 記法を使います。
388+
389+
390+
391+
392+
393+弓括弧を打ち間違え
394+
395+
396+もちろん、好みの問題がありますから、弓括弧に慣れていれば、そちらに読み替えて下さい。
397+
398+
399+
400+
401+Pascal記法を使いたいときは、
402+
403+
404+
405+
406+
407+
408+この機能に関して批判をするかたもいますが、
409+
410+
411+厳密に言うと、ブロックの扱いについては、かなり柔軟です。詳しく説明します、Ring はインデントブロックではありません。これについては後ほど詳しく検証しましょう。
412+
413+
414+
415+
416+
417+
418+バカなことをしなくて済む
419+
420+
421+
422+
423+
424+
425+
426+Ring 1.13 以降でも問題ありません。
427+
428+
429+
430+ringノートパッド
431+
432+
433+
434+初心者さんでも
435+
436+あまりにも使いづらいので
437+
438+英語
439+
440+かつて、日本語版を用意してたことがあります。
441+
442+使いづらいので、やめました。そのうち作ります。
443+
444+言語の習得しやすさは統合開発環境、資料の多寡、あるい翻訳物の有無とは全く歓迎がないです。
445+
446+
447+文字列の表示
448+
449+<see|put|print|?|> [(]<">文字列<">[)]
450+
451+
452+
453+
454+プログラミング言語 Ring の公式解説書です。処理系にpdf版が収録されていますので、無理に買わなくてもいいでしょう。また、日本語版は有志により翻訳・公開されています。
455+
456+Ringは一風変わったプログラミング言語です。
457+
458+
459+ご祝儀で購入(関係者なので)。
460+買ってあげるかな。
461+
462+あら、マンスールさんのRing本
463+
464+
465+
466+
467+いくつか試し
468+
469+
470+
471+Ringでプログラミングするのに、余計な問題が発生しないようすにするために、アカウントを作ります。
472+
473+
474+
475+ほかに導入する
476+
477+Cコンパイラの
478+
479+
480+実行可能形式での配布については公式説明書に書いていないライセンスなどの問題もありますので、ときがきたら説明します。
481+
482+
483+
484+Ring の
485+ノートパッドの使いかた(英語版)
486+
--- a/readme.txt
+++ b/readme.txt
@@ -1,6 +1,6 @@
11 プログラミング言語 Ring 徹底解説書
22 ==================================
3-(Ring Super Charger)
3+(Ring Super Charger by. isVowel)
44
55 利用規約
66 ========
@@ -10,7 +10,7 @@
1010 このライセンスを選択した理由は本稿が同人誌出版用の草稿だからです。それを一般公開して需要や反応を見たりするなどの
1111 理由があるためでもあります (Nim 入門書を書く機会があったときのたたき台として使うのもありますけど)。
1212
13-執筆、各種形式の出力には HelpNDOC 6.8.0.521 Personal Edition を使用しているため上記の利用条件加えて制約があります、
13+執筆、各種形式の出力には HelpNDOC 6.8.0.521 Personal Edition を使用しているため上記の利用条件に加えて制約があります、
1414 このライセンスにより生成された中間ファイルまたはヘルプファイルの団体・法人・商用利用はできません。
1515 また、ヘルプファイルにあるバナーを削除することはライセンス違反行為となります。ご注意願います。
1616
@@ -31,19 +31,22 @@ FOR HELPNDOC FREE VERSION ONLY
3131 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3232
3333
34-解説範囲
34+使用方法
3535 ========
36-当面は Ring 1.12 (Light Release) の機能範囲内です。
37-当面、RingQtなどは解説しません。
36+* hnd 形式 - HelpNDOC をインストールしてください。
37+
3838
3939
40-試験期間: 三ヶ月 (累計日数 90日 )
41-※
40+解説範囲
41+========
42+当面は Ring 1.12 (Light Release) の機能範囲内です。
43+当面、RingQt, RingRayLib などは解説しません。
4244
45+※試験期間: 三ヶ月 (累計日数 90日)
4346
4447
4548
46-初級編
49+初級編 (C01_Introduction/rsc_intro.hnd)
4750 ・インストール方法
4851
4952
@@ -73,14 +76,12 @@ FOR HELPNDOC FREE VERSION ONLY
7376
7477 ・実践編
7578 ・世界編
79+・付録: 翻訳者ガイド
7680
7781
78-刊行予定
7982
8083
8184 寄付について
82-
83-
84-
85-
85+============
86+意見、ご要望、疑問がありましたら
8687
Show on old repository browser