• R/O
  • SSH
  • HTTPS

splnch: Commit


Commit MetaInfo

Revisión96 (tree)
Tiempo2007-08-06 12:54:54
Autorsawasige

Log Message

ダウンロードサイトに更新情報をパラメータで渡すように修正。

Cambiar Resumen

Diferencia incremental

--- SpLnch/trunk/Pad.pas (revision 95)
+++ SpLnch/trunk/Pad.pas (revision 96)
@@ -2752,8 +2752,12 @@
27522752 HideTitle;
27532753
27542754 pbDragBar.Refresh;
2755- pbWallPaper1.Refresh;
2756- pbWallPaper2.Refresh;
2755+ if (SkinPlugin <> nil) and (@SkinPlugin.SLXDrawWorkspace <> nil) then
2756+ begin
2757+ // スキン対応の場合のみ壁紙リフレッシュ
2758+ pbWallPaper1.Refresh;
2759+ pbWallPaper2.Refresh;
2760+ end;
27572761
27582762 tmHideScreen.Enabled := False;
27592763 if FForeground then
--- SpLnch/trunk/Help/topic/hint-usb.html (nonexistent)
+++ SpLnch/trunk/Help/topic/hint-usb.html (revision 96)
@@ -0,0 +1,74 @@
1+<HTML>
2+<HEAD>
3+ <META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
4+ <META http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
5+ <META http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
6+ <LINK rel="stylesheet" type="text/css" href="main.css">
7+ <TITLE>USB メモリー等のリムーバブルディスクで使う場合の便利な機能</TITLE>
8+</HEAD>
9+
10+
11+<BODY>
12+<H2>USB メモリー等のリムーバブルディスクで使う場合の便利な機能</H2>
13+<P>
14+ 普段使い慣れたテキストエディタやメーラー等のプログラムを USB メモリーに入れて、他の PC で使うために持ち歩きたい場合がありますが、 Special Launch も一緒に USB メモリーに入れて、USB メモリー上のエディタやメーラーの起動を簡単にすることができます。
15+</P>
16+
17+
18+
19+<H3>USB メモリーにインストールする</H3>
20+<OL>
21+ <LI><B>sl???.exe</B> を実行してセットアッププログラムを起動します。 </LI>
22+ <LI>[インストール先フォルダ]ボックスを USB メモリードライブのルートに変更します。</LI>
23+ <LI>[インストールオプション]のチェックボックスをすべて外します。</LI>
24+ <LI>[データフォルダ]の設定で[すべてのユーザーで同じ設定を使う]にチェックを付けます。</LI>
25+ <LI>USB メモリーを PC に挿した際に Special Launch を簡単に起動できるように、autorun.inf を作成します。</LI>
26+</OL>
27+<DIV class="hint">
28+ 実際に使用する PC のユーザーがわからないので[すべてのユーザーで同じ設定を使う]の設定でインストールします。
29+</DIV>
30+<DIV class="hint">
31+ Windows XP SP2 以降では USB メモリーの自動起動に対応していないため、動作を選択するダイアログボックスを表示することで代用します。このメニューでは、USB メモリーのルートにあるプログラムしか起動できないため、Special Launch のインストール先フォルダをルートにします。<BR>
32+ USB メモリーのルートフォルダに以下のようなファイルを作成してください。<BR>
33+ <P>
34+ <B>autorun.inf</B>
35+ <PRE>
36+[autorun]
37+action=Special Launch 起動
38+open=SpLnch.exe
39+ </PRE>
40+ </P>
41+</DIV>
42+
43+
44+
45+
46+
47+<H3>USB メモリー上のプログラムを登録する</H3>
48+<OL>
49+ <LI>USB メモリー上の Special Launch を起動して、USB メモリー上の各プログラムの実行ファイルをパッド上にドラッグ&ドロップしてボタンを登録します。</LI>
50+ <LI>ボタン上で右クリックし、[ボタン]メニューの[変更]をクリックします。</LI>
51+ <LI>[ボタンの変更]ダイアログボックスの[相対パスに変換]をクリックします。</LI>
52+</OL>
53+<DIV class="hint">
54+ USB メモリーは、挿した PC によってドライブ番号が変わってしまうため、ボタンのリンク先をフルパスで指定することができません。このため、Special Launch には相対パスで指定する必要があります。
55+</DIV>
56+
57+
58+
59+
60+<H3>CD-R にインストールする</H3>
61+<P>
62+ CD-R には直接インストールはできませんので、まずは空フォルダを作成して CD-R のイメージを作りますが、基本的には CD-R のイメージを作る手順と USB メモリーにインストールする手順は同じになります。
63+</P>
64+
65+
66+
67+
68+<DIV class="related">
69+ <A href="setup.html"><IMG src="arrow.gif">セットアップ方法</A><BR>
70+ <A href="use-addbuttons.html"><IMG src="arrow.gif">プログラムを登録する</A><BR>
71+</DIV>
72+
73+</BODY>
74+</HTML>
--- SpLnch/trunk/Help/topic/contents.html (revision 95)
+++ SpLnch/trunk/Help/topic/contents.html (revision 96)
@@ -144,6 +144,8 @@
144144
145145 <IMG src="expspace.gif" width="16" height="16"><IMG src="expspace.gif" width="16" height="16"><A name="topiclink" href="hint-admin.html"><IMG src="hint.gif" width="16" height="16" border="0">社内標準のランチャーに指定する場合の便利な機能</A><BR>
146146
147+ <IMG src="expspace.gif" width="16" height="16"><IMG src="expspace.gif" width="16" height="16"><A name="topiclink" href="hint-usb.html"><IMG src="hint.gif" width="16" height="16" border="0">USB 等のリムーバブルディスクで使う場合の便利な機能</A><BR>
148+
147149 </DIV>
148150
149151
--- SpLnch/trunk/SpLnch.txt (revision 95)
+++ SpLnch/trunk/SpLnch.txt (revision 96)
@@ -1,6 +1,6 @@
11
22 【ソフト名 】 Special Launch
3-【バージョン 】 4.1.4 Build 267
3+【バージョン 】 4.1.4 Build 268
44 【対応システム】 Windows 95 / 98 / Me / NT 4.0 / 2000 / XP
55 【種別 】 フリーソフト
66 【開発言語 】 Borland Turbo Delphi 2006
@@ -25,18 +25,10 @@
2525
2626 【セットアップ方法】
2727
28-[自動インストール形式の書庫ファイルでのインストール]
29-1. ダウンロードした sl??????.exe を実行してください。
30-2. インストーラが起動しますので、指示に従ってインストールを
31- 行ってください。
28+1. ダウンロードした sl???.exe を実行してください。
29+2. セットアッププログラムが起動しますので、指示に従ってイン
30+ ストールを行ってください。
3231
33-[LZH 形式の書庫ファイルでのインストール]
34-1. ダウンロードした sl??????.lzh を任意のフォルダに展開して
35- ください。
36-2. Setup.exe を実行してください。
37-3. インストーラが起動しますので、指示に従ってインストールを
38- 行ってください。
39-
4032 [アンインストール方法]
4133 ・ コントロールパネルの[アプリケーションの追加と削除]
4234 (Windows XP では[プログラムの追加と削除])から
@@ -83,18 +75,27 @@
8375 目的に適合することを保証しません。
8476
8577
86-【4.1.3 Build 266 → 4.1.4 Build 267】
87-・ すべてのユーザーで同じデータフォルダにできるようにしまし
88- た。インストール時にすべてのユーザーで同じ設定を使うかを
89- 指定することができます。
90-・ 設定ファイルが読み取り専用になっていてもエラーにならない
91- ようにしました。
92-・ データフォルダがインストール先フォルダの下にある場合、相
93- 対パスで保存するようにしました。この結果、インストール後
94- にフォルダを移動しても正常に動作します。
95-・ ボタンのリンク先ファイル名を相対パスでも動作するようにし
96- ました。
97-
78+【4.1.3 Build 266 → 4.1.4 Build 268】
79+・ USB 等のリムーバブルディスクで使う為の機能を追加しました。
80+ ・ すべてのユーザーで同じデータフォルダを使う設定にできる
81+ ようにしました。インストール時にすべてのユーザーで同じ
82+ 設定を使うかを指定できます。
83+ ・ 設定ファイルが読み取り専用になっていてもエラーにならな
84+ いようにしました。
85+ ・ データフォルダがインストール先フォルダの下にある場合、
86+ データフォルダの位置を相対パスで保存するようにしました。
87+ この結果、インストール後にフォルダを移動しても正常に動
88+ 作します。
89+ ・ ボタンのリンク先ファイル名を相対パスでも動作するように
90+ しました。
91+ ・ [ボタンの追加]ダイアログボックスと[ボタンの変更]ダ
92+ イアログボックスに[相対パスに変換]ボタンを追加しまし
93+ た。[リンク先]を Special Launch 本体の実行ファイル
94+ からの相対パスに変換することができます。
95+・ パッドがアクティブ、非アクティブになるときにちらついてい
96+ たので修正しました。
97+・ ソフトウェアの更新確認後、ダウンロードサイトを開くと更新
98+ されたソフトウェアを強調表示するようにしました。
9899 __________________________________________________________
99100 Copyright(C)1996-2007
100101 SAWADA Shigeru all rights reserved.
--- SpLnch/trunk/VerCheck.pas (revision 95)
+++ SpLnch/trunk/VerCheck.pas (revision 96)
@@ -25,6 +25,8 @@
2525 const pDisp: IDispatch; var URL: OleVariant);
2626 private
2727 RequestError: Boolean;
28+ SpVerup: Boolean;
29+ VerupList: TStringList;
2830 public
2931 procedure CreateParams(var Params: TCreateParams); override;
3032 end;
@@ -51,14 +53,44 @@
5153 Close;
5254 end;
5355
56+function URLEncode(src: String): String;
57+var
58+ i: Integer;
59+begin
60+ Result:='';
61+ for i:=1 to Length(src) do begin
62+ Result:=Result+'%'+IntToHex(Ord(src[i]),2);
63+ end;
64+end;
65+
5466 // OK ボタン
5567 procedure TdlgVerCheck.btnOkClick(Sender: TObject);
5668 var
5769 NormalButton: TNormalButton;
70+ I: Integer;
71+ Param: string;
5872 begin
73+ Param := '';
74+ if SpVerup then
75+ Param := 'splnch=1';
76+
77+
78+ for I := 0 to VerupList.Count - 1 do
79+ begin
80+ if Length(Param) > 0 then
81+ Param := Param + '&';
82+ Param := Param + 'plugin' + IntToStr(I) + '=' + URLEncode(verupList[i]);
83+ end;
84+
85+
5986 NormalButton := TNormalButton.Create;
6087 try
61- NormalButton.FileName := 'http://splnch.sourceforge.jp/download.php';
88+ if Length(Param) > 0 then
89+ NormalButton.FileName := 'http://splnch.sourceforge.jp/download.php?' + Param
90+ else
91+ NormalButton.FileName := 'http://splnch.sourceforge.jp/download.php';
92+
93+
6294 OpenNormalButton(GetDesktopWindow, NormalButton);
6395 finally
6496 NormalButton.Free;
@@ -89,6 +121,8 @@
89121 begin
90122 SetClassLong(Handle, GCL_HICON, Application.Icon.Handle);
91123
124+ VerupList := TStringList.Create;
125+
92126 RequestError := False;
93127 wbVersion.Navigate('http://splnch.sourceforge.jp/download.php');
94128 end;
@@ -97,6 +131,7 @@
97131 procedure TdlgVerCheck.FormDestroy(Sender: TObject);
98132 begin
99133 dlgVerCheck := nil;
134+ VerupList.Free;
100135 end;
101136
102137 // 読み込み終了
@@ -170,8 +205,10 @@
170205 if NewPluginVersion <> nil then
171206 NewPluginVersionList.Add(NewPluginVersion);
172207
208+ SpVerup := False;
173209 if NewVersion <> '' then
174210 begin
211+ SpVerup := True;
175212 Update := True;
176213 memInfo.Lines.Add('Special Launch 本体がバージョンアップしています。');
177214 if Length(NewDate) > 0 then
@@ -192,11 +229,13 @@
192229 Break;
193230 end;
194231 end;
232+ VerupList.Clear;
195233 for I := 0 to NewPluginVersionList.Count - 1 do
196234 begin
197235 NewPluginVersion := NewPluginVersionList[i];
198236 if NewPluginVersion.Version > NewPluginVersion.CurrentVersion then
199237 begin
238+ VerupList.Add(NewPluginVersion.Name);
200239 memInfo.Lines.Add('【' + NewPluginVersion.Name + '】');
201240 if Length(NewPluginVersion.Date) > 0 then
202241 memInfo.Lines.Add(NewPluginVersion.CurrentVersion + '→' + NewPluginVersion.Version + '(' + NewPluginVersion.Date + ')')
@@ -205,40 +244,40 @@
205244 end;
206245 end;
207246
208- if memInfo.Lines.Count > 0 then
209- memInfo.Lines.Add('');
247+// if memInfo.Lines.Count > 0 then
248+// memInfo.Lines.Add('');
249+//
250+// if NewVersion = '' then
251+// begin
252+// if memInfo.Lines.Count > 0 then
253+// memInfo.Lines.Add('');
254+// memInfo.Lines.Add('Special Launch 本体は最新です。');
255+// memInfo.Lines.Add(SLCurrentVersion);
256+// end;
257+//
258+// for I := 0 to NewPluginVersionList.Count - 1 do
259+// begin
260+// NewPluginVersion := NewPluginVersionList[i];
261+// if NewPluginVersion.Version <= NewPluginVersion.CurrentVersion then
262+// begin
263+// if memInfo.Lines.Count > 0 then
264+// memInfo.Lines.Add('');
265+// memInfo.Lines.Add('次のプラグインは最新です。');
266+// Break;
267+// end;
268+// end;
269+// for I := 0 to NewPluginVersionList.Count - 1 do
270+// begin
271+// NewPluginVersion := NewPluginVersionList[i];
272+// if NewPluginVersion.Version <= NewPluginVersion.CurrentVersion then
273+// begin
274+// memInfo.Lines.Add('【' + NewPluginVersion.Name + '】');
275+// memInfo.Lines.Add(NewPluginVersion.CurrentVersion);
276+// end;
277+// end;
210278
211- if NewVersion = '' then
212- begin
213- if memInfo.Lines.Count > 0 then
214- memInfo.Lines.Add('');
215- memInfo.Lines.Add('Special Launch 本体は最新です。');
216- memInfo.Lines.Add(SLCurrentVersion);
217- end;
218279
219- for I := 0 to NewPluginVersionList.Count - 1 do
220- begin
221- NewPluginVersion := NewPluginVersionList[i];
222- if NewPluginVersion.Version <= NewPluginVersion.CurrentVersion then
223- begin
224- if memInfo.Lines.Count > 0 then
225- memInfo.Lines.Add('');
226- memInfo.Lines.Add('次のプラグインは最新です。');
227- Break;
228- end;
229- end;
230- for I := 0 to NewPluginVersionList.Count - 1 do
231- begin
232- NewPluginVersion := NewPluginVersionList[i];
233- if NewPluginVersion.Version <= NewPluginVersion.CurrentVersion then
234- begin
235- memInfo.Lines.Add('【' + NewPluginVersion.Name + '】');
236- memInfo.Lines.Add(NewPluginVersion.CurrentVersion);
237- end;
238- end;
239280
240-
241-
242281 memInfo.SelStart := 0;
243282 memInfo.SelLength := 0;
244283
Show on old repository browser