Download List

Sponsored link

Descripción del Proyecto

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

System Requirements

System requirement is not defined

Publicado: 2019-06-15 00:26
Tera Term 4.103 (2 files Ocultar)

Release Notes

No Release Notes

Changelog

TeraTerm

2019.06.15 (Ver 4.103)

  • Changes
    • added support for High DPI experimentally.
      • The default setting is disabled. When DPIAware=on is set in [Tera Term] of teraterm.ini file, this feature is enabled.
      • However, this is only available for Windows 10 Version 1703 or later.
    • The font submenu is newly added, and added support for configure the dialog font.
      • The default font is same as before.
    • the pop-up menu of TEK Window is not displayed correctly.
    • When the font file(TSPECIAL1.TTF) displaying ruled line is not installed, the file is loaded from same directory as ttermpro.exe.
    • When the file sending by kermit protocol, notifies the file modification time instead of creation time.
    • MACRO: Store exec command result to result variable.
  • Bug fixes
    • Display position of IME's conversion candidate window can not follow cursor position. This bug was introduced in 4.102.
    • Can't display character such as U+2014 EM DASH, U+2212 MINUS SIGN, U+301C WAVE DASH etc. This bug was introduced in 4.102.
    • MACRO: Fix handle leak when exec command is executed.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.89.
    • upgraded Oniguruma to 6.9.2.

TTSSH

2019.06.15 (Ver 2.89)

  • Changes
    • Windows logon user name can be configured as the default user name.
      • added the DefaultUserType entry in the teraterm.ini file. The default is 1(Using a specified default user name).
    • added a selector whether to use control characters in the Inputing Password and Passphrase of the authentication dialog.
  • Bug fixes
    • garbage data is added to the CipherOrder and MacOrder settings when saving settings.
    • when echo flag is 1 in the server's authentication informatin message, password string is masked on the keyboard-interactive authentication dialog.
  • Misc
    • upgraded OpenSSL to 1.0.2s.

TeraTerm

2019.06.15 (Ver 4.103)

  • 変更
    • 試験的に高DPI対応した。
      • デフォルトはdisable。teraterm.iniの[Tera Term]セクションにDPIAware=onとすると有効となる。
      • Windows 10 Version 1703以降のみ有効。
    • フォントサブメニューを追加し、ダイアログのフォントも設定できるようにした。
      • ダイアログフォントのデフォルトは従来と同じフォントとなる。
    • TEK ウィンドウのポップアップメニューが正しく表示されない問題を修正した。
    • 罫線を表示するためのフォントファイル(TSPECIAL1.TTF)がインストールされていない場合、ttermpro.exeと同一フォルダから読み込むようにした。
    • Kermit プロトコルでのファイル送信時、ファイル作成日時ではなく更新日時を通知するようにした。
    • MACRO: exec マクロコマンドの実行結果を result システム変数に代入するようにした。
  • バグ修正
    • IMEの変換候補ウィンドウの表示位置がカーソル位置に追従しない問題を修正した。4.102でのエンバグ。
    • U+2014 EM DASH, U+2212 MINUS SIGN, U+301C WAVE DASH 等の文字が表示できない問題を修正した。4.102でのエンバグ。
    • MACRO: exec マクロコマンドを実行するとハンドルリークが発生する問題を修正した。
  • その他
    • TTSSH(2.89)へ差し替えた。
    • Oniguruma 6.9.2へ差し替えた。

TTSSH

2019.06.15 (Ver 2.89)

  • 変更
    • デフォルトのユーザ名に Windows のログオンユーザ名を設定できるようにした。
      • teraterm.ini に DefaultUserType エントリを追加した。デフォルトは 1。(指定したデフォルトユーザ名を使う)
    • 認証ダイアログのパスフレーズ入力欄で制御文字を使用するかどうか選択できるようにした。
  • バグ修正
    • 設定の保存時、CipherOrder, MacOrder 設定にゴミが付加される問題を修正した。
    • サーバの認証情報メッセージで echo フラグが 1 の時にもキーボードインタラクティブ認証ダイアログでパスワードがマスクされる問題を修正した。
  • その他
    • OpenSSL 1.0.2sへ差し替えた。